*

厳選!ゾンビ・コメディ映画のおすすめベスト5を紹介

公開日: : おすすめ情報, 映画情報

 

昨今こんな状況でなかなか旅行や外出することも出来ないず、巣籠もりで暇を持て余している方も多くいると思います。私は元々出不精なのでそれほど苦痛ではないですが、映画好きの私は休日にはよく映画館に行っていたのですが、緊急事態宣言の影響で映画館も休館となり、今はネットフリックスやAmazonプライムビデオをフルに活用して日々休日を過ごしています。時にはレンタルビデオ店にも行きますが、今はサブスクの勢いに負けて利用者が激減していますよね。

そんな状況下で今回は映画の紹介をしたいと思います。映画の紹介と言いましてもゾンビ映画限定でなおかつコメディ系5作品をランキング形式でお届けします。ゾンビ映画が苦手な方も結構楽に観れる作品ばかりなので、時間を持て余している方に是非観ていただきたいです。ちなみに、あくまでも私的におすすめするゾンビ映画になります。面白いと感じるかは個人差によって変わりますので、ご了承のほどお願い致します。

スポンサードリンク

おすすめ「ゾンビ・コメディ映画」ベスト5の紹介

1位:ゾンビランド


2009年に公開されたコメディ系ゾンビ映画です。主演にウッディ・ハレルソンやジェシー・アイゼンバーグを起用し、ヒロインにはエマ・ストーンを迎えていることからもキャスティングには申し分ない映画で、ゾンビ映画初心者にも十分に楽しめる作品となっています。

ストーリー

新型ウィルスの感染拡大によって人類の大半がゾンビになってしまった世界で、主人公で童貞こじらせ系の引き籠り青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)が、「生きるための32のルール」を作って生き延びていた中、クレイジーな最強ゾンビハンターのタラハシー(ウッディ・ハレルソン)や、美人詐欺師姉妹ウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロックに出会い、ゾンビのいないと噂されている夢の遊園地を目指す物語。

感想としては

簡単に言うとB級ゾンビ映画の豪華版で、各々のキャラがしっかりと立っていた点や、ゾンビのクオリティも良く、ホラーコメディとしてもよく出来た脚本で全然怖さが無く小学生の娘が観ても楽しめていました。目的地に向かうまでのハチャメチャな珍道中が他には無いこの映画の魅力ですかね。続編もあるので、併せて楽しめる映画です。

2位:ゾンビーワールドへようこそ


2015年に公開された青春ラブコメ系ゾンビ映画です。主演はタイ・シェリダンで、「X-MENシリーズ」のサイクロップス役や、「レディ・プレイヤー1」の主人公ウェイド・ワッツ役も演じた青年です。ヒロイン役も美人揃いで全く知らないキャスティングでも十分に楽しめる映画です。こちらもゾンビ映画初心者でも十分に楽しめる作品となっています。余談ですが、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの息子であるパトリック・シュワルツェネッガーも出演しています。なかなかな二枚目俳優です。

ストーリー

とある夜の研究所で清掃員の不手際から遺体を蘇生してしまいそこからゾンビが広がる物語。童貞こじらせの冴えない高校生でボーイスカウト3人組がゾンビ達との死闘を繰り広げるサバイバル。思いを寄せる女性を救いだすため、ボーイスカウトで身につけた技術を駆使して凶暴なゾンビたちに立ち向かう物語。

感想としては

非常に分かり易くギャグ満載で、冴えない童貞3人組の奮闘する珍道中が楽しめます。ほどほどな恐怖もあり笑いとのバランスも申し分なし。3人組がキャンプをしているところから研究所が近い点も映画あるあるのストーリーですが、一番の笑いポイントはオープニングの研究所で清掃員の奮闘具合で出落ち感は否めないですが、全体的に良い作品でした。

スポンサードリンク

3位:ウォーム・ボディーズ


2013年に公開されたラブコメ系ゾンビ映画です。主演はニコラス・ホルトで、「X-MENシリーズ」のハンク/ビースト役など話題作に多く出演。ヒロイン役のテリーサ・パーマーはキュートでこの作品に華を添えています。ゾンビ映画が嫌いな方でも十分に楽しめるラブコメ作品となっています。

ストーリー

謎のウィルスによって人類の半分が人間を食らうゾンビとその成れの果てであるガイコツが蔓延る世界。主人公ゾンビのR(ニコラス・ホルト)が食べるつもりで襲った人間の女性ジュリー(テリーサ・パーマー)に一目惚れして自分の住まいである廃航空機へ連れ帰ることに。最初は戸惑っていたジュリーも次第にRの優しさに惹かれていくゾンビ青年との異色なラブコメ物語。

感想としては

ゾンビ映画であるものの今までに無いゾンビを主人公に据えて人間とのラブロマンスを描く物語は斬新でした。全体的に静かな映画で落ち着いて観れますし、ゾンビ映画としてもハラハラドキドキなシーンはしっかりとあります。ツッコミ所は満載ですが、レコードを聴いたりゾンビ同士で会話をするなど斬新な設定も面白いですね。どこにでもあるようなゾンビ映画では無く少しひねりを加えた恋愛映画で、家族やカップルで楽しんで観れる映画です。

4位:ゾンビスクール!


2014年に公開されたコメディ系ゾンビ映画です。主演はイライジャ・ウッドで、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ主人公役で時の人となった俳優です。この作品はホラー映画好きなイライジャ・ウッドが製作総指揮と主演を務めたゾンビ映画になります。

ストーリー

冒頭で小学校の給食に出されるチキンナゲットの製造途中で食材にウィルスが混入するところからスタートします。小説家を目指していた主人公クリント(イライジャ・ウッド)は、花開かずに夢半ばで実家に帰郷し母校である小学校の臨時教員として務め始めます。小学校では生徒たちに舐められ、変わり者の教員が多く馴染め無い中、その日の給食でチキンナゲットを食べた1人の女子生徒がゾンビ化しクラスメイトを襲い始めます。次第に子供たちは凶暴なゾンビへと変わり果て、大人たちに襲い掛かる。教員たちは小学校に籠城し凶暴なキッズゾンビたちに立ち向かう物語。

感想としては

冒頭のチキンナゲットの製造シーンはシリアスな展開になる雰囲気を出していてどうなるのかと思いましたが、本編のコメディタッチはまさにB級コメディゾンビ映画を字で行くような作品になっていました。ですが、設定の子供だけがゾンビに変貌するところは面白い発想の脚本でした。R15指定でグロいシーンも結構ありますが、割と正統なゾンビホラーの要素もあり、特殊メイクもしっかりとしていましたし、教員の個性豊かなキャラクターも面白かったです。一つ残念だったのが、終わり方がこんな簡単に終わるの??的な感じだったところですね。

5位:ショーン・オブ・ザ・デッド


2004年にイギリスで公開されたコメディ系ゾンビ映画で、日本では15年後の2019年に初上映された作品。主演はサイモン・ペッグで、「ミッション:インポッシブル」シリーズのベンジー・ダン役で出演していた俳優です。映画の作風はハリウッド作品とは違いヨーロッパ独特のシニカルな感じのコメディゾンビ映画となっています。

ストーリー

ロンドンの家電量販店に勤める冴えない主人公ショーン(サイモン・ペッグ)は、ルームメイトで親友のエドの悪影響で堕落した生活を送っていた。そんなショーンに恋人のリズも愛想を尽かし別れることに。そんな中、突然街中にゾンビ化した人たちが溢れていることに気づき、母親とリズを救い出すため奮闘する物語。

感想として

冒頭の数分は他愛もない日常を描くこれがイギリス映画かと思わせる感じでしたが、ゾンビが出始めてからはシニカルな笑いを入れつつ主人公ショーンと親友エドの駄目さ加減がB級映画として面白かったです。結構グロいシーンもありますが、ホラー要素やパニック要素は期待しないで下さい。映画の中でクイーンの名曲が使われますが、そこは一番の見せ場です。

 

まとめ

今回のベスト5はコメディ系ゾンビ映画に限定してお届けしました。ゾンビ映画で有名な作品では「ワールド・ウォーZ」や「バイオハザード」シリーズ、「新感染ファイナル・エクスプレス」など沢山の名作があります。バイオレンスでホラー要素が濃い作品も多く、意外とゾンビ系はハマると面白いですよね。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

【2020年7月】私が『カルディ』で見つけたおすすめ商品の紹介

  この4連休に久しぶりに「カルディ」で買い物をしてきました。最近の買い物は

記事を読む

掃除が楽しくなる高機能でお洒落な掃除道具を紹介

  家事の中で一番苦手なものと言えば「掃除」を揚げられる方も多いと思います。

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2018年5月】

  5月に入り、気候も良くなり、お出かけにはぴったりの季節となりました。この

記事を読む

【2017年】夏の必需家電『扇風機』の最新おすすめ5商品を紹介

  6月に入り、徐々に夏本番に近づいて来た今日この頃ですが、夏の必需家電とい

記事を読む

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』は親子揃って楽しめる作品

  子供から大人まで世界中の人々を虜にしているレゴブロック。私も子供の頃から

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2020年3月】

  先日の日曜日に姉夫婦とコストコに行って来ました。今回は現在市場を騒がせて

記事を読む

西宮市で人気のグルメバーガー『エスケール』に行ってきました

  今日2月9日は「肉の日」ということで、お肉を食べられた方も多いと思います

記事を読む

【2019年11月】私が『IKEA』で見つけたおすすめ商品の紹介

  この週末、家族でイケアに行って来ました。実は今回は買い物ではなく、11月

記事を読む

アメリカで大人気の「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!

  コーヒー業界の「Apple」とも言われている、アメリカで大人気のコーヒー

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2017年8月】

  ゴールデンウィーク以来、約3ヵ月ぶりにコストコに行ってきました。久しぶり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑