*

【株初心者】2021年6月三週の値動きについて思う事

公開日: : 株式投資

 

今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思います。ちなみに、この記事は株取引について自分なりに調べて勉強したことを備忘録的な感じて殴り書きした内容となっております。知識不十分な点は否めないですが、参考にしていただければ幸いです。

尚、投資についてはあくまでも自己責任でお願いいたします。利益を保証するものではございませんので、無理のない範囲で運用されることをお勧めいたします。

スポンサードリンク

今週の動きについて

14日の東京株式市場は前週末比213円07銭高の2万9161円80銭で取引を終えました。前週末の米株高を好感し、本日の東京市場は買い先行でスタートしました。寄り付き直後には一時2万9208円35銭まで上昇しましたが、その後、一旦上げ幅を縮小する場面もありましたが、前場後半を境に再び買い意欲が高まりました。その後は、前週末の米株市場でS&P500指数が過去最高値をつけたことで値がさグロース(成長)株を中心に買いが入ったことや米長期金利が足もと1.4%台で推移していること、新型コロナのワクチン接種加速による経済活動正常化への期待から、堅調な展開となりました。

15日の東京株式市場は前日比279円50銭高の2万9441円30銭、大幅続伸で取引を終えました。朝方は、14日のナスダック総合株価指数が最高値を更新した流れを受けハイテク株中心に買いが先行。その後も買い意欲は根強く、大引け近くには2万9480円85銭まで上昇しました。今日の取引では半導体関連株や医薬品株等が堅調に推移し、指数を支えました。また、トヨタ自動車が午後に1949年の上場以来初めて1万円の大台を突破、業績の拡大期待や外国為替市場での円安・ドル高が追い風となったと思われます。尚、終値は1万75円となっています。

16日の東京株式市場は前日比150円29銭安の2万9291円01銭で取引を終えました。朝方は、15日の米国株式市場で主要3指数がそろって下落した流れを受け、売り優勢ではじまりました。押し目買いに切り返す場面もありましたが、買いは続かず、再び軟化。中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の軟調推移も重しとなり、後場早々には2万9263円72銭(前日比177円58銭安)まで下落しました。FOMC(米連邦公開市場委員会)を前に様子見ムードとなり、その後の戻りは鈍く、大引けにかけて安値圏でもみ合う展開となりました。

17日の東京株式市場は前日比272円68銭安の2万9018円33銭で取引を終えました。16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2023年中にゼロ金利政策を解除する方針を示したことで市場に警戒が広がり、主要3指数が揃って下落したことをうけ、本日の東京市場は141円安からスタートしました。前引け前には一時2万8875円39銭(前日比415円62銭安)まで下落しましたが、アジア株が総じて底堅かったこともあり、後場には主力株の一角に押し目買いが入り、やや下げ渋る展開に。最終的に2万9000円台をキープしてこの日は取引終了となりました。

18日の東京株式市場は前日比前日比54円25銭安の2万8964円08銭、3日続落で取引を終えました。17日の米国市場でNYダウは4日続落したもののナスダック指数が上げたことで市場には安心感が広がり、本日の東京市場の前場は100円近い値上がりとなりました。ただ、週末ということで景気敏感株を中心に売りが広がり、マイナスに転じてると、その後は前日終値を挟んでもみ合う展開となりました。結局、前日値を少し下回り、今週の取引を終えました。本日は午後3時半から日銀の黒田総裁の会見が新型コロナウイルスの感染拡大に対応した大規模な金融緩和策の維持を決めると発言しましたが、市場への影響は限定的でした。

スポンサードリンク

今後の見解について

日経平均終値は小幅ながらも2週連続の上昇となりました。ただ、市場に大きな影響を与える外国人投資家はまだまだ消極的な態度をとっているようで、来週、解除される緊急事態宣言や新型コロナワクチン接種拡大による経済正常化への期待から、どれだけ参戦するのか気になるところです。また、金曜日に今まで好調だったトヨタ自動車(7203)が約4%も下落しました。外国為替市場での円高・ドル安が影響したと思われますが、上場来高値圏で推移して投資家の関心が高かっただけに今後の動向が気になります。

注目銘柄

トヨタ自動車(7203)

 

まとめ

何といっても今週一番のサプライズは、16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBが利上げ実施時期の見通しを2024年から2023年に前倒しすることと、テーパリング(量的緩和の縮小)議論を開始したことを発表したことだと思います。この発表が今後全世界にどのように影響していくのか注目です。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

【株初心者】我が家も株式投資を始めることにしました

  新型コロナがまだまだ終息しないこの頃ですが、その新型コロナの影響で我が家

記事を読む

【株初心者】2021年2月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】10月第四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】9月第一週の値動きについて思う事

  前回でも紹介しましたが我が家も本格的に株式投資をはじめました。そこで今週

記事を読む

【株初心者】2021年4月第一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年2月第二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年3月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年5月第四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年2月第一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年4月第五週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【株初心者】2021年7月二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年7月一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

日経MJが2021年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

昨日発行の日経MJで「2021年上期ヒット商品番付」が発表され

→もっと見る

PAGE TOP ↑