*

【株初心者】2021年4月第一週の値動きについて思う事

公開日: : 株式投資

 

今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思います。ちなみに、この記事は株取引について自分なりに調べて勉強したことを備忘録的な感じて殴り書きした内容となっております。知識不十分な点は否めないですが、参考にしていただければ幸いです。

尚、投資についてはあくまでも自己責任でお願いいたします。利益を保証するものではございませんので、無理のない範囲で運用されることをお勧めいたします。

スポンサードリンク

今週の動きについて

29日の東京株式市場は前週末比207円82銭高の2万9384円52銭で取引を終えました。今日の東京市場は前週末の米株高を受け、買いが優勢となり、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。米バイデン政権が検討する追加のインフラ投資計画の財政支出が3兆ドル規模になるとの観測から鉄鋼等景気敏感株への買いと、この日が3月末配当の権利を得られる最終売買日ということで配当狙いの買いも多くみられました。しかし、後場に入ると新型コロナウイルス感染の再拡大による景気の先行き不透明感や野村ホールディングスが米国顧客との取引で損失が生じる可能性があると公表したことで、日経平均は上げ幅を縮める上値の重い取引となりました。

30日の東京株式市場は前日比48円18銭高の2万9432円70銭、4営業日続伸で取引を終えました。朝方は、3月期末の配当落ちの影響を受け、軟化して始まりましたが、配当再投資目的の先物買い期待もあり指数寄与度の高い銘柄の上昇を支えに上げに転じました。一時2万9478円20銭高まで上昇しましたが、その後、利益確定売りに再びマイナス圏入りし、2万9283円89銭まで下落しました。しかし、アジア株の堅調な動きや日銀のETF買い観測もあり、後場は再度プラス圏に浮上、途中上値が重くなる場面もありましたが買い気は根強く、大引けにかけて小幅上昇となりました。

31日の東京株式市場は前日比253円90銭安の2万9178円80銭、反落で取引を終えました。前日の米国株式市場でNYダウが反落。バイデン大統領が予定しているインフラ計画の詳細発表を目前に控えるなか、14カ月ぶりの高水準に達した米長期金利に対する警戒感が重しと米国市場は終日軟調な推移となりました。東京市場もこの流れを受け下落スタートすると、米投資会社を巡る混乱への懸念から267円安の2万9165円52銭まで下押しする場面もありました。その後は、200円近く戻す場面もみられましたが再びジリ安基調となり、大引けまで安値圏でのもみ合いとなりました。

1日の東京株式市場は前日比210円07銭高の2万9388円87銭で取引を終えました。3月31日のNYダウは月末・四半期末の利益確定売りや増税・債務拡大への懸念により上値が重い取引となりました。一方、ハイテク株は売られ過ぎとの見方から買いが再燃し、ナスダック総合指数は1.5%の上昇となりました。東京市場も値がさ株を中心に買いが先行し、日経平均は263円高からスタートしました。前場中頃には2万9585円46銭(前日比406円66銭高)まで上昇する場面がありましだ、買いが一巡すると後場の寄り付きで上げ幅を大きく縮めましたが、プラス圏はキープし、取引終了となりました。今日の取引では、米ハイテク株高を受けて東京エレクトロン(8035)、レーザーテック(6920)が4%超、エムスリー(2413)が6%超の上昇。また、米社が半導体のキオクシアホールディングス買収を検討しているとの報道で東芝(6502)が急伸する場面もありました。その他、大規模な自社株買い実施を発表した第一生命HD(8750)も9%を超える上昇となりました。

2日の東京株式市場は前日比465円13銭高の2万9854円00銭の大幅続伸で取引を終えました。1日の米国市場でNYダウが3日ぶりに反発したことやS&P500指数が初の4000台に乗せた流れを受け、東京市場も値がさ株を中心に買いが先行し日経平均は315円高からスタートしました。前場は3月の米雇用統計発表を前に上値の重さも見られましだ、後場になると再び買いが先行し、引けにかけて前日比500円高近くまで上昇しました。

スポンサードリンク

今後の見解について

週末にかけて、日米ともハイテク株の上昇が目立ちました。特に半導体銘柄は、国が大規模な支援を行うことを発表したことで軒並み上昇しました。一方、金融銘柄は、米ヘッジファンド、アルケゴス・キャピタル・マネジメントの巨額損失の影響で下落した銘柄も多く、今後の動向次第では更なる下落もあるので、こちらも注目していきたいと思います。

注目銘柄

日本株

東京エレクトロン(8035)
レーザーテック(6920)
エムスリー(2413)
三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)
三井住友フィナンシャルグループ(8316)

米国株

マイクロンテクノロジー(MU)
エヌビディア(NVDA)

 

まとめ

今週から4月に入りました。以前から4月は市場が上昇すると言われおり、楽しみにしていたのですが、まさかのヘッジファンド問題で、今後どのような影響が出るのか、気になるところです。ただ、投資は身の丈にあった範囲でするのが一番と改めて思いました。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

【株初心者】10月第二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】11月第四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年3月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】11月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】10月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年2月第一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】11月第二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

【株初心者】2021年1月第二週の値動きについて思う事

  あけましておめでとうございます。今週から株式市場もはじまりました、今年も

記事を読む

【株初心者】9月第一週の値動きについて思う事

  前回でも紹介しましたが我が家も本格的に株式投資をはじめました。そこで今週

記事を読む

【株初心者】2021年2月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の値動きについて紹介したいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【株初心者】2021年4月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年4月第二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

小学5年生になる娘の為に購入した『準備商品』を紹介

  以前にアップしていた【娘の為に購入した『準

【営業マンの基本】利益の出せる営業活動をする方法とは

  利益が出ない営業は無意味で無駄な活動だと思

【株初心者】2021年4月第一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑