*

高機能ランニングシューズが続々登場!快適な走りをサポート!

公開日: : 最終更新日:2021/07/26 おすすめ情報, スポーツ, ライフスタイル

running-shoes_taitle_730

 

気候も過ごしやすくなり、そろそろ何かスポーツをはじめられる方もいると思います。そこで今回、私も続けているランニングに欠かせないランニングシューズを紹介いたします。近年のランニングブームでお洒落なランニング用品が数多く販売されています。シューズとウェアさえあれば簡単に始められるランニング。最新のランニングシューズで気持ちよく、はじめられてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

AIR MAX2015【ナイキ】


1987年に初代が発表されて依頼、斬新なデザインと画期的なクッショニングシステムでランニングシューズ市場をリードしてきた「エアマックス」。最新モデルの「エアマックス 2015」は、ナイキのブランドロゴである“スウッシュ”をアッパー部分ではなく、かかと部分に配置する等、斬新なシューズデザインが特徴。また、軽量性に優れながらも、アッパーには優れたサポート性を発揮するエンジニアードメッシュを搭載し、中央のフライワイヤーを組み合わせることで安定性を確保しています。そして、最も重要なソール部分にはフルレングスのマックスエアを採用することで、最高の履き心地を提供してくれています。
詳しくはこちらへ

 

Nike Free 3.0【ナイキ】


2004年に「人間が本来持っている裸足の力を引き出す」をコンセプトに初代モデルが登場して以来、裸足感覚シューズの代表的存在となっている「ナイキフリー」。今春発売された「ナイキフリー 3.0 フライニット」はナイキフリーの中でも裸足感覚が最も強く、どちらかというと上級アスリート向けの一足となっている。履いた人それぞれの足の動きに的確に対応できるよう刻まれた六角形の切れ込みが入ったアウトソールはそのままに、アッパーのナイキフライニットの編み方を改良。履き口にも独自の切れ込みを入れる事でフィット感を向上させている。

スポンサードリンク

ultra boost【アディダス】


2015年2月25日に発売された、アディダス史上最高のランニングシューズ。このモデルは靴底に衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた独自素材「ブーストフォーム」を100%使用。バネのような新感覚クッション感が体験できます。最新の解析システムを基に新開発した網目状・突起形状のストレッチウェブアウトソール等、アディダステクノロジーを結集した究極のランニングシューズとなっています。

 

M990GRY【ニューバランス】


数多くの人気モデルを出している990シリーズのファーストモデル「M990」から、オリジナルカラーのグレーが復刻登場。「M990」は、「On ascale of 1000, this shoe is a 990(1000点中990点)」というキャッチコピーの基、1982年にデビュー。当時のランニングシューズの相場をはるかに上回る価格設定がニューバランスの「渾身のランニングシューズ」だと話題を集め、現在990シリーズがメイドインUSAの最も重要なシリーズとなっている。復刻版「M990GRY」は、ニューバランスを象徴するカラーの一つ、グレーを基調とし、スエードやメッシュのアッパーを使用。ヒール部分のモーション・コントロールディバイス等は当時のままのデザインになっている。

 

GEL-Kayano21【アシックス】


ミッドソール(ソールの中間部分)には反発性に優れたSpEVAと軽量性に優れたSolyteを組合わせたフルイドライドを搭載し、流れるような走り心地を実現。ヒールクラッチングシステムとハトメと連動したアッパー部のTPUパーツが優れたホールド性と安定性を実現。補強材を足の動きに沿うように配置したフルイドフィットや、抗菌防臭機能を備え、さらに反発性が向上したオーソライト中敷を採用。商品コンセプトの「すべてはフルマラソン完走のために」のように、フルマラソンを目指すランナーにとって最強の武器となるかもしれない注目の一足です。
詳しくはこちらへ

 

ZPump Fusion【リーボック】


リーボックの代名詞でもある、空気を注入しフィット感を調整できる「The Pump テクノロジー」を搭載した、次世代型ランニングシューズ。「ThePump テクノロジー」とは、シューズに搭載されたボールを押す事でアッパー内部の空気室に空気を送り込み、シューズと足のフィット感を高めるもので、1989年にリリースされたバスケットボールシューズ「ザ・ポンプ」に初めて搭載されて以降、リーボックを代表するテクノロジーととなった。今回の商品は、継ぎ目のない一体型のアッパーとアッパーの内蔵にあるエアチャンバーに空気を注入する事で足の中央部からかかとを含む足周り全てを固定することができ、どんな足の形やサイズでも安定感を得られる「カスタムフィット」が最大の特徴となっている。開発担当者は、「老若男女の足の違い、外反母趾、足のむくみ等、足の状態は人によって様々で、1日で変化することもある。ポンプを押すだけで一つのシューズが色々な状況に対応できる「ZPump Fusion」は、今までにはない革新的なものだと思う」と述べている。
詳しくはこちらへ

 

IGNITE【プーマ】


これまでのシューズは反発性を高めればクッション性が落ち、逆にクッション性を高めれば反発性が落ちるとされてきました。しかし、「世界最速のスポーツブランド」という目標を掲げているプーマは、反発性とクッション性という一見、相反する2つの性質を両立させたいと最もポピュラーなミッドソール素材であるEVA(エチレンビニールアセテート)に代わる新素材開発を2006年よりスタートし、苦難の末に誕生したのが「IGNITE foam」と呼ばれる新しいミッドソールだ。これは特殊なポリウレタン素材を使用し、圧倒的な反発性、快適なクッション性、高い耐久性を実現。反発性は従来のシューズよりも30%アップ、反発性のスピードは40%以上もアップさせました。さらに、もう1つ「ForEver foam」と呼ばれる、自動車のサスペンションパーツとして開発された基礎技術を応用した新フォームをかかと部分に内臓。着地時のブレを抑え、ソフトな着地感を導き、安定した走りをサポートしてくれます。
詳しくはこちらへ

 

まとめ

最近のランニングシューズは高機能なのにお洒落なデザインが特徴で、その背景にはスポーツに使用するのは勿論、街履きとしても使用する方の増加が関係しているそうです。なので昨年のスポーツシューズ市場は大変な伸び率で、今年も継続するだろうと言われています。私も多くのシューズを所有しておりますが、ついつい靴屋さんでお洒落なシューズを見つけると衝動買いしてしまいます。ちなみに私はナイキ派です。皆さんは何派ですか?

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

UCCからカプセル式コーヒーメーカー『DRIP POD』が新登場!

  今ではたくさんの家庭で見られるようになったカプセル式コーヒーメーカー。今

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想を紹介

  私は自他共に認めるお菓子大好き人間で、毎日1種類は必ずお菓子を食べていま

記事を読む

【2019年】これで福を呼び込もう!おすすめ『恵方巻き』の紹介

  もうすぐ2月3日の節分を迎えますが、節分と言えばやはり恵方巻きですよね。

記事を読む

ミスタードーナツ!クロワッサンドーナツ&クリスマス商品の紹介

  11月に入り、街やお店の飾りつけがクリスマス色になってきました。たくさん

記事を読む

ムダ毛処理にお悩みの方必見!速くて安全な脱毛方法を紹介

  これから、春から夏に向けてだんだん薄着になり、肌の露出が増えてきます。そ

記事を読む

コンビニの隠れた人気商品『サラダチキン』をご存じですか?

  2013年にセブンイレブンが発売し、一躍注目されるようになった「サラダチ

記事を読む

関西で人気のカレー屋さん!「船場カリー」vs「上等カレー」

  私はカレーが好きで、カレーをよく食べに行きます。関西の数あるカレー屋さん

記事を読む

【2017年】まだ間に合うお花見!兵庫県おすすめスポットを紹介

  今年もお花見シーズン到来となりました。東京ではすでに見頃となり、私が住む

記事を読む

子供用GPS携帯が壊れたので『iPhoneSE』に買い換えました

  我が家では、子供の防犯対策のために「子供を見守るGPS」を持たせています

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2020年1月】

  あけましておめでとうごさいます。WESTマガジンは、今年も話題の時事ネタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【株初心者】2021年7月二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年7月一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

日経MJが2021年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

昨日発行の日経MJで「2021年上期ヒット商品番付」が発表され

→もっと見る

PAGE TOP ↑