*

画期的な新型冷凍食品『おにぎり丸』をご存じですか!

公開日: : おすすめ情報, グルメ

 

最近、めまぐるしく進化していると話題になっているのが「冷凍食品」業界で、アンケートによると消費者の約8割が「最近、おいしくなった」と答えています。去年11月東京・南青山にオープンしたフランスの冷凍食品専門店「ピカール」1号店では想定の3倍の売上を記録し同年12月にオープンした麻布十番店、今年の1月にオープンした中目黒店とも好調に売上を伸ばしています。人気商品に至っては品不足が発生している状況で、もともと12月にオープンを予定していた中目黒店は品不足が原因で1か月遅れでの開店となりました。外資だけではなく国内の冷凍食品も好調な売上で、日本冷凍食品協会によると2015年の家庭向け冷凍食品の市場規模は2944億円に達し、これはこの10年間で約24%の伸び率を表しています。少子化の影響で弁当向けの商品は停滞傾向ですがそのかわりに急成長しているのが食卓向け商品で、関係者によると手軽で本格的な味を求めるシニアの方や共働き家庭が夕食のおかずに利用するるケースが増えたのが要因だそうです。そういった方々のニーズに応えようと各メーカーが工夫を凝らした新商品を続々と発売していますが、その中で特に私が注目しているのが、2月12日(日)に発売されたばかりの、味の素冷凍食品の「おにぎり丸」です。カレーやギョーザなど斬新な具材のおにぎりが簡単に作れ、おにぎりのマンネリ化に悩んでいる私にとってはまさに救世主とも言える商品です。そんな魅力ある「おにぎり丸」について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「おにぎり丸」について

おにぎり市場は現在約7900億円と大きく、コンビニ各社にとっても売上を左右する重要な商品です。そのため、コンビニ各社では毎月、地元の食材を使った限定商品や人気番組や人気商品とのコラボ商品など思考を凝らしたバラエティーに富んだ新メニューを作りだしています。その一方、家庭で作るおにぎりと言えば定番の梅干しやおかかなどバリエーションに乏しく、栄養バランスが偏るといった悩みを抱えている方も多いと思います。そういった消費者のニーズに応えるべき開発されたのがこの「おにぎり丸」です。「おにぎり丸」の特徴は大きく分けて3つあります。

まず1つめは、カレーや麻婆豆腐など幅広い年代の方に人気のメニューがラインナップされていることです。カレーのように汁気の多いモノに関しては、溶けてもしみ出しにくい独自の製法を使い、おにぎりではあまりなかった、とろっとした食感を実現させています。
続いて2つめは、具材にお肉(たんぱく質)と野菜(ビタミンや食物繊維など)を使っているので、体を形成するのにかかせない栄養分が摂取できることです。実は「おにぎり丸」のメインターゲットは「スポーツをする子どもを持つ親御さん」で、衛生的な問題や指導者の諸事情によって部活動ではおにぎり以外の弁当を持たせられないという学校が年々増えています。おにぎりを作る頻度が多くなるにつれ不満も浮き彫りになり、それらを解消してほしいという消費者の声をきっかけに、飽きのこないバリエーションと栄養バランス、食べたあとに満足感が感じられるという目標のもと開発されたのがこの「おにぎり丸」です。
最後3つめは、簡単に調理できることです。凍ったままの「おにぎり丸」をあたたかいご飯と一緒に握ると、ご飯の温度で自然解凍され、しばらくすると食べ頃になるというシステムです。解凍する手間もないので高齢者の方や毎朝忙しくされている共働きの主婦の方にもぴったりな商品です。

上記の事からも「おにぎり丸」は、共働き家庭や高齢者、健康志向の高い方など時代のニーズに応えた商品と言えるでしょう。

公式HPはこちら

スポンサードリンク

「おにぎり丸」の商品紹介

甘口ポークカレー

豚肉、ほうれん草、にんじん、たまねぎのにチーズを加えたコク深い甘口のポークカレーです。

野菜たっぷりビビンパ

挽肉、ほうれん草、にんじん、豆もやしをコチュジャンと風味豊かなごま油で味付けしたビビンバです。

おいしいギョーザ

酢醤油で味付けしたジューシーな中具のギョーザです。

ちいさな豚角煮

食べやすいコロコロサイズの豚肉とほうれん草を甘辛い餡でからめた豚角煮です。

甘くち麻婆豆腐

豆腐と豚挽肉、ネギなどを味噌と隠し味の花椒(ホアジャオ)でコク深い甘口に仕上げた麻婆豆腐です。

 

まとめ

この商品を初めて見た時の正直な感想はもっと早く発売してほしかったです。実は我が家はおにぎりを作る頻度が多く、主人のお弁当や休日に出かける際のお弁当などに加え、娘が通っている保育園では月に1度は「おにぎり弁当」を作ってきてくださいと言われていたので、毎回メニューに四苦八苦していました。味のバリエーションもですが私が一番気になっていたのが栄養のことで、娘のおにぎりには枝豆やとうろもこしを入れて工夫しています。娘も今年の3月で保育園を卒園するので「おにぎり弁当」を作ることはないですが、小学校での遠足や家族でのお出かけの時にでも作ってあげたいと思います。ちなみに私的には、和のメニューが増えてくれたらいいなぁと思います。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

ピーターラビットに会える!六甲山・英国フェア開催中

  兵庫県にある六甲山の六甲ガーデンテラスエリア内で6月6日(土)~8月31

記事を読む

掃除が楽しくなる高機能でお洒落な掃除道具を紹介

  家事の中で一番苦手なものと言えば「掃除」を揚げられる方も多いと思います。

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年6月】

  まだまだジメジメした日が続く今この頃ですが、沖縄ではすでに梅雨明けを宣言

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年3月】

  我が家の近くの公園では、桜の花が咲きはじめ、お花見をされている方もちらほ

記事を読む

【2017年】関西の夏の夜は面白い!おすすめイベントの紹介

  7月に入り、暑い「夏」の季節がはじまります。「夏」は昼間は日差しが強く、

記事を読む

『特別展ガウディ×井上雄彦』3月21日より神戸で開催!

  世界的建築家アントニ・ガウディ氏と日本を代表する漫画家井上雄彦氏のコラボ

記事を読む

ネットで注目されている『第4のチョコレート』をご存知ですか?

  最近、インターネットを中心に話題となっている第4のチョコレートと呼ばれて

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年8月】

  もうすぐ9月に入るにもかかわらず、まだまだ蒸し暑い時期が続いていますが、

記事を読む

あったら便利!オススメな調理グッズを紹介

  最近は便利な調理グッズがたくさん発売され、テレビや雑誌でもよく特集されて

記事を読む

男性の方必見!女性が喜ぶホワイトデー商品を紹介【2019年】

  昨年に続き今年もバレンタインチョコのお返しに悩まれている方におすすめのホ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日経MJが2022年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

  今日発行の日経MJで「2022年上期ヒット

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

→もっと見る

PAGE TOP ↑