*

【NBA】2016プレイオフのカンファレンス・セミファイナル結果発表

公開日: : スポーツ

large_14563007712

 

現在、激しい戦いを繰り広げ、世界中のNBAファンが熱狂している「NBA2016プレイオフ」。セミファイナルまで来ると全ての試合が接戦で、面白いゲームばかり観れるので楽しくて仕方ありません。そんな激闘中のプレイオフは、カンファレンス・セミファイナルが各地で行われ全試合を消化しております。

前回のファーストラウンド同様に、今回もカンファレンス・セミファイナルの結果をご覧下さい。

photo credit: Lego NBA basket cam via photopin All rights reserved by the author

スポンサードリンク

2016プレイオフ、トーナメント表

nba-2016playoffs02

イースタン・カンファレンス

nba-eastern_logo

クリーブランド・キャバリアーズ(CLE:1位) vs アトランタ・ホークス(ATL:4位)

結果:4連勝でキャバリアーズが勝利

  • 第1戦:ATL 93-104 CLE
  • 第2戦:ATL 98-123 CLE
  • 第3戦:CLE121-108 ATL
  • 第4戦:CLE 100-99 ATL

総括

ファーストラウンドに続きキャバリアーズが見事スウィープしました。ホークス相手に2年連続プレイオフでスウィープ勝ちです。圧巻と言ってもいい位の強さで勝ち抜けましたね。何と言ってもキャバリアーズのプレイオフでの戦い方が、長距離シュートの確率がかなり向上していて、ちょっと手に負えない程のチーム完成度に仕上がっています。レギュラーシーズンでは、3Pシュート成功率が36.2%と今季リーグ7位で、それ程良くありませんでした。プレイオフに入ってからの数値は、ピストンズ戦41.3%、ホークス戦50.7%と劇的に数値が上がっています。殆どの選手が、3Pシュートを撃ち決めている状況なので凄いの一言です。去年、怪我に泣いたケビン・ラブと、今季途中加入のチャニング・フライの3Pシュート成功率はチームに大きく貢献していますよね。これでレブロン・ジェームズとカイリー・アービングの個人技が加わるので、抑えるポイントがちょっと無いですね。ホークスも頑張っていましたが、チーム力の違いが大き過ぎました。これで、休養も多く取れるキャバリアーズは健康状態も良好で、盤石な状態でカンファレンス・ファイナルに望めそうです。

トロント・ラプターズ(TOR:2位) vs マイアミ・ヒート(MIA:3位)

結果:4勝3敗でラプターズが勝利

  • 第1戦:MIA 102-96 TOR
  • 第2戦:MIA 92-96 TOR
  • 第3戦:TOR 95-91 MIA
  • 第4戦:TOR 87-94 MIA
  • 第5戦:MIA 91-99 TOR
  • 第6戦:TOR 91-103 MIA
  • 第7戦:MIA 89-116 TOR

総括

セミファイナルの中で一番死闘を繰り広げた2チーム。第3戦で両チームのセンターが負傷し第4,5,6,7戦を離脱。こちらは痛み分けですが、ヒートはその他の選手も負傷し満身創痍の中、スモールラインナップでの戦いを強いられました。ファーストラウンドでも両チーム共に最終第7戦まで戦った上に、戦力的に似たようなチームなので、この激闘は必然でしたね。それにしてもラプターズは、チーム創設21シーズン目で初のカンファレンス・ファイナルに駒を進めることが出来ました。何と言っても、カイル・ラウリーとデマー・デローザンのイースト屈指のバックコートコンビが目覚ましい活躍ぶりでしたね。ただ最終戦での勝敗を左右したのは、やっぱりヒートのセンター、ハッサン・ホワイトサイドが欠場したことで、ラプターズがリバウンドを支配できたことが大きかったですね。敗退したヒートは、今季プレイオフのダークホースとして注目していたので残念でしたが、ドウェイン・ウェイドはやっぱりスーパーエースでしたね。まだまだ一線級のプレーで試合を決めることが出来る選手だと改めて思い知らされました。私としては、もう少しウェイドのプレーを見たかったのが本音ですが・・・。カンファレンス・ファイナルでは、ラプターズは怪我人と選手の消耗激しい中、中1日の休養でどれだけ回復し、万全な状態で待ち受けるキャバリアーズ相手にどこまで食い下がれるかが見ものです。

スポンサードリンク

ウェスタン・カンファレンス

nba-western_logo

ゴールデンステイト・ウォリアーズ(GSW:1位) vs ポートランド・トレイルブレイザーズ(POR:5位)

結果:4勝1敗でウォリアーズが勝利

  • 第1戦:POR 106-118 GSW
  • 第2戦:POR 99-110 GSW
  • 第3戦:GSW 108-120 POR
  • 第4戦:GSW 132-125 POR
  • 第5戦:POR 121-125 GSW

総括

ウォリアーズが優位に試合を進めると思いきや、エースのステファン・カリーの怪我が長引き、第1,2,3戦と欠場したことで思わぬ苦戦を強いられましたね。だが、エース不在中はクレイ・トンプソンが奮闘し大活躍。得点力が素晴らしかったです。そして、ドレイモンド・グリーンも縦横無尽に得点、リバウンド、ディフェンスと全てに活躍しました。そして、怪我で欠場していたステファン・カリーが第4戦から復帰し、早速活躍しました。第4Q終盤からオーバータイムにかけての活躍はさすがの一言。第5戦から通常のスターターに戻り、スプラッシュブラザーズが大暴れ。ブレイザーズも、デイミアン・リラードを筆頭に接戦に持ち込みましたが、昨年の覇者で、今季レギュラーシーズン歴代最多勝利をしたチームに一歩及ばず。ステファン・カリー不在のチームだったとは言え、かなり追い込んだことは間違いないですね。ステファン・カリーが全休していたら、どうなっていたか分かりませんでした。

尚、プレイオフ中の現地5月10日に、2015-16シーズンのシーズンMVPが発表され、ステファン・カリーが予想通りシーズンMVPに選出されました。2季連続のシーズンMVPで、それもNBA史上初の満場一致の選出と言うおまけ付。まぁあれ程の記録を出しては誰も避難する人はいないでしょうね。レブロン・ジェームズも「シーズンで最も『価値のある選手』や『優れた選手』は、人によって解釈が異なると考えることがある」と持論を展開していましたが、カリーのシーズンMVP受賞は疑いの余地はないとも述べていました。

サンアントニオ・スパーズ(SAS:2位) vs オクラホマシティ・サンダー(OKC:3位)

結果:4勝2敗でサンダーが勝利

  • 第1戦:OKC 92-124 SAS
  • 第2戦:OKC 98-97 SAS
  • 第3戦:SAS 100-96 OKC
  • 第4戦:SAS 97-111 OKC
  • 第5戦:OKC 95-91 SAS
  • 第6戦:SAS 99-113 OKC

総括

まさかのスパーズ敗退。ファイナル進出を予想していたのでビックリしています。第1戦目は、スパーズの圧勝から始まり、そのままスウィープするのではと思いましたが、負けじとサンダーの2大エース、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックが奮起しましたね。二人の攻撃力は凄まじいの一言です。スパーズもカワイ・レナードと今季加入したラマーカス・オルドリッジを軸にまとまっていたのですが、サンダーの勢いを止められませんでしたね。第2戦目が勝負の分かれ目だったと思います。今季で40歳のティム・ダンカンも第6戦は19得点と奮闘してましたが残念でした。第6戦終了後、両チームが健闘を称える時のダンカンの表情は「引退するのかな?」と思わせる雰囲気でした。もしかすると最後の雄姿だったかもしれませんね。

 

まとめ

カンファレンス・セミファイナルも、白熱した試合の連続で面白かったですね。ここまで来ると、「チーム力」+「勢い」+「長距離砲炸裂」のあるチームが勝つ感じですね。ただ近年のNBAは、ビックマンの存在意義が少し薄くなりつつあるので、私の現役時代のスタイルと違い、少し寂しさを感じてしまいます。しかし、今回のプレイオフも本当に面白いですよね。ファイナルへ進出する予想していたスパーズが、カンファレンス・セミファイナルで敗退する波乱があり、少し残念ですが、ここまでプレイオフ負け知らずのキャバリアーズの強さが非常に目立っています。健康状態の良いチームが有利なのは言うまでも無いのですが、キャバリアーズは間違いなく健康状態が良好なチームなので優勝に一歩近づいた感が強いですね。次のカンファレンス・ファイナルでは、どのような戦いが観れるのか、今から楽しみです。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

阪神タイガース『ファン感謝デー2015』に行ってきました!

  昨日の11月21日(土)に、家族で阪神タイガース「ファン感謝デー2015

記事を読む

AFCアジアカップ2015!連覇へ負けられない戦いが始まる

  いよいよ1月9日から始まるAFCアジアカップ。開催国オーストラリアで1月

記事を読む

2020年東京五輪の経済効果が気になるので調べてみました!

  2016年夏、様々は問題が指摘される中、開催されたブラジルのリオジャネイ

記事を読む

【2016年】夏はみんなで球場に遊びに行こう!パ・リーグ編

  前回の「セ・リーグ編」に続き、今回は「パ・リーグ編」を紹介いたします。「

記事を読む

阪神タイガース『ファン感謝デー2018』に行ってきました!

  先日の11月23日(金・祝)に、家族で阪神タイガース「ファン感謝デー20

記事を読む

今、球場が面白い!阪神甲子園球場のイベント情報を紹介

  先週から交流戦も始まり、ますます白熱しているプロ野球。各球団、ゲームだけ

記事を読む

今、球場が面白い!横浜スタジアムのイベント情報を紹介

  甲子園球場とマツダスタジアムに続く球場紹介シリーズ第3弾は、今年セリーグ

記事を読む

アギーレジャパン vsオーストラリア戦!必勝、アジア杯の前哨戦

  キリンチャレンジカップ2014 日本vsオーストラリアの見どころ!! 明日

記事を読む

プロ野球日本シリーズ開幕!日本一はどちらのチームに?

photo credit: Rafinha X Henrique Miller Cohen via

記事を読む

【2017年】夏はみんなで球場に遊びに行こう!セ・リーグ編

  プロ野球も開幕から早2ヵ月。私がこよなく愛する「阪神タイガース」は3シー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

【株初心者】2021年7月二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年7月一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑