*

映画『メカニック/ワールドミッション』!まさかの続編に期待大

公開日: : 最終更新日:2021/12/05 映画情報

large_2646935127

 

今やアクション映画を観るならジェイソン・ステイサム出演作にハズレ無しと言っても過言ではない程、ハリウッドを代表するアクションスターに君臨するジェイソン・ステイサム。「トランスポーター」シリーズや「エクスペンダブルズ」シリーズなどの代表作でもお馴染みのジェイソン・ステイサム最新作映画「メカニック/ワールドミッション」が2016年9月24日(土)に全国ロードショー致します。

私も好きな俳優なのでジェイソン・ステイサムの出演作はよく観ていますが、殆どの映画で元傭兵や元特殊部隊のタフガイを演じているイメージが強く、毎回豪快なアクションや格闘シーンは似たような感じですが、それでも観たくなるのがジェイソン・ステイサムの魅力ですよね。さすが元水泳飛び込みの英国代表でだけあって、持ち前の運動神経を駆使したスタントマン要らずのリアルなシーンは見事です。

今回の映画では「メカニック=完璧な殺し屋、冷徹なマシーン」の異名を持つ凄腕の殺し屋をジェイソン・ステイサムが演じていてます。前作は斬新な筋書きで、成熟したアクション映画に仕上がっていましたので、最新作もかなり期待が持てる映画だと思います。

photo credit: 6: Pioneer via photopin (license)

スポンサードリンク

簡単に前作「メカニック」の解説をします

前作は2011年に上映されましたが、実はこの作品1972年に上映された映画のリメイク版で、シニア世代では超有名な「マンダム」のテレビCMでお馴染みの名優チャールズ・ブロンソン主演のアクション映画でした。私もまだ生まれていない時代の映画ですが、幼い頃に父親と一緒に観た記憶があります。チャールズ・ブロンソンは、寡黙でワイルドな男臭い俳優さんなので、ジェイソン・ステイサム主演のリメイク版とはかなり違う作品となっており、昔の良き時代のアクション映画として、観る価値のある映画だと思います。

リメイク版は、爆破や銃撃戦など荒っぽいアクションが多く、まさにジェイソン・ステイサム風に仕上がっている良い作品です。

題名でもある「メカニック」とは、スキルと頭脳と肉体を駆使して、どんな相手でも依頼があれば精密器械のように完璧に暗殺を遂行する凄腕の殺し屋のことです。

前作のあらすじは

殺し屋のアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)は、ある日殺しの依頼を受ける。対象者は、殺人スキルを教えてくれた恩人でもあり友人のハリー・マッケンナであった。一度は依頼を拒絶するもアーサーは依頼通りハリーを暗殺する。罪の意識から、ハリーの息子スティーヴ(ベン・フォスター)に殺しのスキルを教えることに。最後は、親の仇として、スティーヴはアーサーの命を狙うも・・・。

内容としては

ジェイソン・ステイサムの役どころは言うこと無しですが、息子役のベン・フォスターがいい味を出していて、ダメ男役と言うかアウトローを見事に演じています。世界興行収入は、約51億円とスマッシュヒットしました。

スポンサードリンク

『メカニック/ワールドミッション』の紹介


上記でも説明していますが、「メカニック」とは完璧な殺し屋で冷徹なマシーン。手際良く、最高の仕事とは存在を知られずに殺しを遂行することを生業にしている。

「メカニック=完璧な殺し屋」には3つのルールがあります

  1. 殺人の痕跡を一切残さないこと。
  2. 100%事故死に見せかけること。
  3. 誰とも組まずに孤独だけを友とすること。

 

そんな続篇のキャッチコピーが、「今度のミッションは成功確率0.001%、完遂しても待つのは死」。メカニック伝説の崩壊の危機と銘打っているこの映画は、パンフレットを見ているだけでも興奮してしまう程、期待できます。そして、映画の舞台も、ブラジル、タイ、オーストラリア、ブルガリア等、世界を股にかけて、陸・海・空と場所を選ばず大暴れするそうです。また、前作とは違い、豪華共演陣も目が離せません。サントリーBOSSのテレビCMでもお馴染みの名優トミー・リー・ジョーンズや、ハリウッド随一のセクシーな女優ジェシカ・アルバ。そして、国際的なアクション女優のミシェル・ヨーが共演しています。これだけの情報だけてもドキドキワクワクしてしまいますね。

ストーリー

殺し屋稼業から足を洗ったアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)に暗殺依頼が届く。幼少時代に暗殺者として一緒に育てられた戦友のクライン(サム・ヘイゼルダイン)からだった。アーサーを裏切って逃げたクラインの依頼のため断るも、恋人のジーナ(ジェシカ・アルバ)が誘拐され、仕方なく暗殺業へ復帰することに。暗殺ターゲットは、武器商人として世界を裏で操る3人の巨大フィクサー。しかし、そこに待ち構えるのは巨大な陰謀。アーサーはこの依頼を成功か失敗に関わらず死が待つことを知る。クラインはアーサーの弱点を知る唯一の男。果たして、クレインの真の目的とは何か?そして、アーサーは超難関なミッションを遂行することが出来るのか・・・?


キャスト

ジェイソン・ステイサム


アーサー・ビショップ役

本作での役について下記のようなコメントをしています。

「親しんだキャラクターに再び扮し、彼をユニークな世界に連れていくのはいつだって喜びだ。特にビショップはね。彼には独自の道徳的指針があるんだよ」

引用元:http://mechanic-movie.com/productionnotes.html

代表作
「トランスポーター」シリーズ
「エクスペンダブルズ」シリーズ

トミー・リー・ジョーンズ


マックス・アダムス役

本作について下記のようなコメントをしています。

「価値ある続編だ。1作目がとても面白かったから当然だろ?」

引用元:http://mechanic-movie.com/productionnotes.html

代表作
「逃亡者」※アカデミー助演男優賞受賞
「バットマン フォーエヴァー」
「メン・イン・ブラック」シリーズ

ジェシカ・アルバ


ジーナ役

本作について下記のようなコメントをしています。

「ジェイソンの大ファンなの。彼がやってきたアクションを出来る俳優は他にいないわ。このジャンルでジェイソンと共演出来るなんて凄いことよ」

引用元:http://mechanic-movie.com/productionnotes.html

代表作
「ダークエンジェル」テレビシリーズ
「シン・シティ」シリーズ
「ファンタスティック・フォー」シリーズ

ミシェル・ヨー

メイ役

代表作
「ポリス・ストーリー3」
「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」※ボンドガール役
「グリーン・デスティニー」
「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」

サム・ヘイゼルダイン

クレイン役

代表作
「ザ・マシーン」
「スノーホワイト/氷の王国」

 

まとめ

殺し屋の映画は人気があるので、どの映画も大きくハズレることは無いですが、今回の最新作『メカニック/ワールドミッション』はその中でも見応えのある映画だと思います。ジェイソン・ステイサムのパワフルなアクションは言うまでも無いですが、ヒロイン役のジェシカ・アルバを観るだけでも、目の保養になること間違いなしです。豪華キャストを揃えた、続篇「メカニック」を是非観に行きたいと思います。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

厳選!ゾンビ・コメディ映画のおすすめベスト5を紹介

  昨今こんな状況でなかなか旅行や外出することも出来ないず、巣籠もりで暇を持

記事を読む

映画『ミュージアム』!原作漫画の過激な描写を見事に実写化

  今回紹介するイチオシの最新映画は、原作者の巴亮介さんが2013年から「週

記事を読む

映画『祈りの幕が下りる時』!新参者シリーズがついに完結

  私が最も待ち望んでいた最新映画がとうとう上映します。その最新作は、東野圭

記事を読む

映画『Mr.ノーバディ』!地味なオジサンが激強な痛快アクション映画

  最近気になる新作映画の予告を観ました。アクション映画が好きな方はハマるん

記事を読む

映画『ジャッジ/裁かれる判事』!極上の法廷サスペンスに期待

  今一番気になる最新映画があります。それは、法廷サスペンス映画『ジャッジ/

記事を読む

厳選!おすすめ映画ベスト10を紹介

  もう少しで今年が終ります。皆さん年末年始はどのような予定をされていますか

記事を読む

映画『バットマンvsスーパーマン』!世紀の対決に興奮

  今回の作品は、アメリカン・コミック(通称:アメコミ)が大好きで、実写化さ

記事を読む

映画『アメリカン・スナイパー』!伝説的スナイパーの実話作品

  最近気になる映画のCMを見ました。まずはその動画を見て下さい。 ↓↓↓

記事を読む

映画『96時間/レクイエム』!無敵の父親、シリーズ最終章へ

  世界中で大ヒットとなったリュック・ベッソン製作&脚本、ノンストップアクシ

記事を読む

東野圭吾作品の実写化『映画&ドラマ』おすすめベスト15を紹介

  今までたくさんの記事を発信してきましたが、その中で当サイト人気ナンバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑