*

お弁当箱特集!お洒落で便利なお弁当箱を紹介します

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 おすすめ情報

lunchbox_taitle_1024

 

4月になると入学や就職等で、新しい生活がはじまる方も多いと思います。そんな方の中にはお弁当デビューされる方もいらっしゃるのでは?最近のお弁当箱は、見た目がお洒落なだけでなく、機能も優れていてビックリです。今回はそんな最近お弁当箱の中で私が気になった商品をいつくか紹介します。

スポンサードリンク

『カロリーBENTO』

東京家政大学と株式会社ロフトとのコラボ商品。専用レシピブックがセットになっており、レシピブックに見た目も鮮やかな10種のレシピが掲載されています。同大学家政学部栄養学科の学生20人による、塩分、栄養バランス、カロリーなど体のことを考えた健康で元気になれる内容となっています。400カロリー、550カロリー、700カロリー、850カロリーの4サイズを展開。カロリーを控え、健康的にダイエットをしたい方、お昼はしっかり食べて午後から頑張りたい方など、目的に合わせてサイズを選ぶことができます。デザインもシンプルなので、学生の方からサラリーマンの方まで幅広く使えると思います。

【商品ラインナップ】

[カロリーBENTO 400](カロリーは抑えめで、バランスよく食べたい方に)
サイズ・・・縦8.0×横14.0×奥行9.5cm
容量・・・上段/約180ml、下段/約220ml

[カロリーBENTO 550](一般的な量とサイズ。健康的に栄養をとりたい方に)
サイズ・・・縦8.5×横16.0×奥行10.0cm
容量・・・上段/約220ml、下段/約330ml

[カロリーBENTO 700](量はそのままでカロリーコントロールしたい方に)
サイズ・・・縦9.0×横17.0×奥行10.5cm
容量・・・上段/約280ml、下段/約420ml

[カロリーBENTO 850](がっつり、おなか一杯食べたい方に)
サイズ・・・縦9.5×横18.0×奥行11.0cm
容量・・・上段/約410ml、下段/約440ml

【商品詳細(全商品共通)】

色:レッド、イエロー、グリーン、ブルー、ネイビー、ブラック
付属品:ゴムベルト付
生産国: 日本
※家庭用電子レンジ・家庭用食器洗浄機で使用可(上蓋・中蓋以外)

詳しくはこちらへ

スポンサードリンク

ojue(オジュウ)

METAPHYS ランチボックス/ojue箸付(P)63010
数々のグッドデザイン賞を受賞している「METAPHYS(メタフィス)」が手掛けるお弁当箱。本やファイル等、鞄の中は「縦の要素」が多く、お弁当箱もその定義に合ったものだと、「縦の要素」どうし、鞄の中での自由な組み合わせができ、スリムなカバンでも収納に困らないとのでは?という考えのもと、作られました。3種類のユニットは、日によって3段式、2段式と変えられます。また、付属の留め紐を調節すると全ての組み合わせをしっかり固定できます。
METAPHYS(メタフィス)についてはこちらへ

【商品詳細】

サイズ:本体: W160mm×H160.5mm×D55mm(3段セット時)
容量:上段/140ml、中段/300ml、下段/300ml
重量:300g(3段セット時)
色:ホワイト、 ブラック、 ブラウン、ピンク 、グリーン
付属品:留め紐(ゴム)、 使用上の注意記載書。お箸は本体と同色が一膳。ブラウンのみ箸はブラック。
※家庭用電子レンジで使用可(上蓋・中蓋以外)

 

GEL-COOL

この「GEL-COOL」は、「冷たいものは冷たいまま、美味しく食べてほしいし、食中毒も心配。だからお弁当には必ず保冷剤をつける」という、お母さん方の声がきっかけで誕生した商品です。「GEL-COOL」は蓋の内部に保冷剤が入っていて、凍らせて使用することで保冷剤の役割を果たす優れた機能を持ったお弁当箱です。朝、料理を詰めたら、冷蔵庫で一晩凍らせておいた蓋をセットするだけ。すごく簡単です。製造元によると外気温が25℃の環境で4時間程度、食材を15℃以下に保つことができるそうです。但しこれは、5℃に冷やした食材を入れた場合のみです。これから夏に向けて便利な一品ですね。

【商品ラインナップ】

[GEL-COOL スタンダードシリーズ]
保冷剤一体型ランチボックス GEL-COOL スタンダードシリーズ グリーン Wサイズ(500ml×2段セット) GC-085
S、L、SG、Wの4サイズから選べるスタンダードシリーズ。SGサイズとWサイズはお弁当箱の中蓋付き。LサイズとSサイズは中蓋が無く、留め具でお弁当箱を密閉します。WサイズはSGサイズを2段にしてたもので、バンドを縦に巻けば1段でも使用可。LサイズとSサイズの蓋に付いているパッキンは取り外せて洗うことができます。万が一無くなった場合も交換用パッキンが別売りしているので安心。

サイズ:Sサイズ/9cm×11cm×5.5cm。Lサイズ/9cm×14.8cm×6cm、SGサイズ/8.6cm×17.8cm×6cm、Wサイズ/8.6cm×17.8cm×12cm
容量:Sサイズ/約220ml、Lサイズ/約400ml、SGサイズ/約500ml、Wサイズ/約1,000ml(約500ml×2段)
カラー:イエロー、グリーン、オレンジ、ブルー、ピンク、パープル※Wサイズのみ:ダークブラウン、ブラックあり

[GEL-COOL FITシリーズ PECO]
保冷剤一体型ランチボックス GEL-COOL fitシリーズ PECO(凹) ホワイト GC-096
蓋にくぼみに500ml入りのペットボトルが収納できる便利なお弁当箱です。勿論、蓋には保冷剤が内蔵されているので、食中毒対策も完璧。暑い日には、冷たく凍らせたペットボトルを乗せれば、益々安心です。お弁当&ドリンクが、スマートに持ち運べる便利で安全なお弁当箱です。

サイズ:9cm×21cm×7.3cm
容量:550ml
色:ホワイト、 ブラック、 レッド、ピンク 、グリーン、ブルー
付属品:ゴムベルト付
※家庭用電子レンジ・家庭用食器洗浄機で使用可(保冷蓋・中蓋以外)

詳しい商品情報はこちらへ

 

NUOVONECAのDELI LUNCH BOX

ヌーバネッサデリランチボックス2(L)レッド
丼物やハンバーガー、デザートやサラダなど様々なレシピに対応できます。手作りでデリ風ランチを作ってみるのもいいですね。

【商品詳細】

サイズ:Sサイズ/131.5mm×118mm×64Hmm(H)、Mサイズ/131.5mm×118mm×75mm (H)、Lサイズ/131.5mm×118mm×86mm(H)
カラー:ブルー、グリーン、オレンジ、レッド
※電子レンジ、食洗機、フリーザーに使用可(耐熱140度、耐冷-20度)。

 

まとめ

最近は節約の為にお弁当を作られている方が多いと聞きました。その影響か、様々な種類のお弁当箱が販売されていて、ついつい何個もほしくなってしまいました。実際、家族用にと「NUOVONECAのDELI LUNCH BOX」を3つ購入。休日には、ハンバーガーやロコモコ丼を入れて、近くの公園に遊びに行っています。

スポンサードリンク


 

Pocket
LINEで送る

関連記事

今から注目!2017年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  もはや年末恒例となりました、私が予想する来年「流行りそうな食べ物」につい

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年6月】

  私が住む関西地方では最近、ようやく梅雨らしい気候になってきました。娘が通

記事を読む

関西で初詣に行くならこの神社!私のおすすめスポットを紹介

  今年も終わりに近づき、そろそろ年末・年始の準備が気になるこの頃ですが、年

記事を読む

【2018年】これで福を呼び込もう!おすすめ『恵方巻き』の紹介

  もうすぐ2月3日の節分を迎えますが、節分で連想するものといえば、やはり、

記事を読む

ランドセルはもう買いましたか?人気メーカーをいろいろ紹介

  近年ランドセルの購入ピークが12月~2月から、お盆に変わりつつあります。

記事を読む

年末大掃除が楽になる!おすすめのお掃除方法を教えます

  来週で9月も終わり、今年も残るところ3ヵ月となりました。年末になると気に

記事を読む

今、話題の女性に大人気『大人の塗り絵』をご存じですか?

  皆さん、最近、ニュースや雑誌等で度々取り上げられている「大人の塗り絵」を

記事を読む

男性の方必見!ホワイトデーに女性が欲しい商品を紹介!

  バレンタインデーから1ヶ月。今週末は男性にとっては悩みの種のホワイトデー

記事を読む

栄養満点食材『納豆』の最新商品&おすすめレシピを紹介!

  前回のブログでも紹介したとおり「脂質異常症」が判明した私は、食生活改善の

記事を読む

【2017年】関西でおすすめの美味しい和菓子を紹介します!

  最近、巷では小豆や抹茶を使った「和」のスイーツが注目されていて、特に甘い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑