*

ローソンのご当地『からあげクン』&『スイーツ』が食べたい

公開日: : おすすめ情報, グルメ

lawson_taitle_1024

 

ローソンでは、9月6日(火)より人気定番商品「からあげクン」の発売30周年を記念して、全国を12エリアに分け、各地方の名物料理や地元食材を使った「ご当地からあげクン」を限定発売しています。また、ローソン・ウチカフェスイーツでも9月13日(火)より「日本全国ご当地食材スイーツ」と銘打って、北海道・青森・京都・鹿児島の4つのエリアの魅力的な食材を使ったスイーツを販売。早速、品切れ店が出るほどの人気となっています。そこで今回は、身近なのに、いつもとは違う特別な味に出会える「ローソンご当地商品」について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

地域限定!ご当地からあげクン

【北海道エリア】北海道ザンギ味

北海道の海の恵みからつくられた「オホーツクの塩」を使い、濃いめの味付けが特徴の北海道で人気のからあげ「ザンギ」をイメージしたこちらの商品は、オホーツク海の塩をきかせた、味わい深い「からあげクン」となっています。

【東北エリア】スタミナ源たれ味

青森県民ならほぼ100%は知っているという万能調味料「スナミナ源たれ」をイメージしたこちらの商品は、醤油と生野菜のすりおろしを使用した辛さと甘さのバランスが絶妙な「からあげクン」です。 隠し味のフルーツと香辛料の風味が良いアクセントになっています。

【北関東・甲信越エリア】美味(おい)だれ味

すりおろしたにんにくが入った醤油ベースのたれを使った長野県上田市のご当地グルメ「美味(おい)だれ焼き鳥」をイメージしたこちらの商品は、にんにく好きにはたまらない、一度食べたら病み付きになる「からあげクン」です。

【埼玉・千葉エリア】銚子本醤油味

昔から夏は涼しく、冬は暖かいおだやかな気候と高い湿度で醤油づくりが盛んだった千葉県銚子産の本醸造醤油を使用したこちらの商品は、醤油の香ばしい豊かなコクと旨味と風味が味わえる「からあげクン」となっています。

【東京エリア】伝説のすた丼屋監修すた丼味

東京の国立市が発祥と言われている「すた丼」を主力に全国展開している「伝説のすた丼屋」を再現したこちらの商品は、にんにくの強烈な風味と濃厚な醤油でパンチのある味付けの「からあげクン」に仕上げられています。

【神奈川エリア】家系総本山ラーメン吉村家監修吉村家味

豚骨醤油スープと極太ストレート麺が特徴の横浜家系ラーメンの元祖と言われている大人気ラーメン店「吉村家」監修のこちらの商品は、パンチのある醤油風味の「からあげクン」となっています。

スポンサードリンク

【北陸・三重・岐阜エリア】金沢カレー味

石川県金沢市のカレー店を中心に人気を集めている「金沢カレー」をイメージしたこちらの商品は、特徴の1つでもある濃厚なカレールーの上にかかったソースを表現した風味と味わい、「金沢カレー」にかかせない千切りキャベツを表現したキャベツのチップが含まれた「からあげクン」です。

【愛知・静岡エリア】桜えび味

静岡県駿河湾産の風味豊かな桜えびパウダーを使用したこちらの商品は、桜えびの香ばしさを最大限に引き立てるため、塩と調味料のみのシンプルな味付けに仕上げられた「からあげクン」です。

【京都・奈良・滋賀・兵庫エリア】抹茶塩味

こちらの商品は、京都産宇治抹茶を使用した上品な香りと軽い苦み、塩の旨みにこだわった仕上がりとなっており、バランス良くブレンドされた抹茶塩の風味は「からあげクン」の美味しさをより引き出しています。

【大阪・和歌山エリア】湯浅醤油味

その起源は鎌倉時代までさかのぼると言われている醤油発祥地、和歌山県湯浅町で作られた湯浅醤油を使用したこちらの商品は、シンプルな味の中ににんにくを効かせた、旨みと風味豊かな「からあげクン」です。

【中国・四国エリア】瀬戸内塩レモン味

さわやかな香りとやさしい酸味が特徴の瀬戸内産のレモン果汁と果皮を使用したこちらの商品は、レモンと塩の味わいの中に、ブラックペッパーの辛味がプラスされたスパイシーな「からあげクン」となっています。

【九州・沖縄エリア】鶏炭火焼味

九州産若鶏を使用し、宮崎県で人気の「鶏の炭火焼」をイメージしたこちらの商品は、竹炭パウダーで黒く色付された鶏肉に塩と胡椒のみでシンプルに味付けし、炭火の香りを最大限に引き出した「からあげクン」となっています。

※今回「ご当地からあげクングランプリ」と称して、2016年9月6日(火)~9月26日(月)の間、各エリアの順位を競い、見事1位になった「からあげクンは、2017年1月に全国デビューする予定です。ちなみに受賞エリアでは「でからあげクン」として再登場します。

詳しくはこちら

 

日本全国ご当地食材スイーツ

【青森県】プレミアム青森産りんごとキャラメルのロールケーキ

青森産のふじりんごとビター感のあるキャラメルソースをクリームと生地に練り込んだこちらの商品は、クリームに含まれたりんごのシャキシャキ感と甘み、酸味、苦味のバランスが絶妙なロールケーキです。

【北海道】ピュアエッグタルト

こちらは北海道産の卵、砂糖、生乳、小麦粉など、こだわりの原料を使用し、添加物を抑えた自然な味わいが特徴のエッグタルトです。外側のパイ生地は、焦げ目をつけた、サクサクした食感に焼き上げられています。お家で食べる際にオーブントースターで温めるとより美味しくいただけます。

【鹿児島県】鹿児島県産安納芋の純生クリーム大福

こちらは、甘くて濃厚な味わいが特徴の安納芋ペーストのこしあんと北海道産の生乳で作ったクリームで作られた和洋折衷スイーツで、もちもちしたやわらかい餅生地と安納芋の素材本来の甘みが楽しめる逸品です。

【京都府】宇治抹茶のもっちりとした生どら焼

こちらは、氷砂糖を使用し作られた北海道産ゆめむらさきの粒餡と京都の辻利一本店の抹茶を使用した抹茶クリームを、もちもちの薄焼きどら焼生地で包んだ上品な甘さのスイーツです。

詳しくはこちら

 

まとめ

コンビニのホットスナックの中でも、とくによく買っているのがローソンの「からあげクン」で、今回「ご当地からあげクン」が発売されると聞いて是非とも食べてみたいと思っていました。早速、兵庫エリアの「抹茶塩味」を買ってみたのですが、抹茶の味がしっかり味わえてすごく美味しかったです。
lowson_gotouchi01
クオリティの高さに他の商品も食べてみたいと思ったのですが、全ての商品を食べようと思うと日本全国を旅行しなければならなくなり、正直残念です。期間限定でも良いので是非とも全国販売してほしいと思います。

「日本全国ご当地食材スイーツ」もどれも美味しそうですが、最初はやはり地元のモノをと思い、「宇治抹茶のもっちりとした生どら焼」を購入しました。
lowson_gotouchi02
やや小ぶりのどら焼きには、餡と抹茶クリームがたっぷり挟まれていて、とても美味しかったです。他の「日本全国ご当地食材スイーツ」も絶対食べたいと改めて思いました。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

話題の『熟成食』!肉、魚の次はスイーツに注目!

  「熟成食」の進化が著しいことをご存じですか?「熟成食」は素材本来の味を高

記事を読む

『超満腹帝国』が今週末開催!美味しいグルメが勢揃い!

  今年で17回目を迎える人気イベント「超満腹帝国」。全国のご当地グルメの他

記事を読む

スターバックス!2016年冬の新作&クリスマス限定商品を紹介

  11月に入り、街中のいたる所にクリスマス商品が飾られるようになりました。

記事を読む

『IKEA』2015年夏の商品は赤と緑のアイテムで決まり!

  いつも行くIKEA神戸店から7周年のイベントを開催するというメルマガが届

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年12月】

  日曜日に今年最後のコストコに行ってきました。その日は実家でクリスマスパー

記事を読む

卒業旅行におすすめ!全国人気テーマパークの紹介

  学生最後の一大イベントといえばやはり「卒業旅行」です。みなさん、国内にし

記事を読む

『コストコ』店員が教えてくれた隠れた人気商品を紹介!

  昨日の祝日、家族で久しぶりにコストコへ行ってきました。コストコには、プル

記事を読む

関西で行われる気になるイベント情報を紹介【2016年2月】

  まだまだ寒い日が続きますが、全国では梅の開花情報のニュースがながれ、春の

記事を読む

コストコ商品で作る簡単で美味しいレシピの紹介【2016年4月】

  当ブログでも何度か紹介しているコストコ商品。安くて、美味しい商品が多く、

記事を読む

ゴールデンウィーク特集!おすすめスポットの紹介【お城編】

  前回紹介した「水族館編」と「観光牧場編」に続く第3弾の今回は、私が大好き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【営業マンの基本】取扱商品にランク付けしよう

  自社の取り扱う商品やサービスを分析する場合

【株初心者】2021年1月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年1月第二週の値動きについて思う事

  あけましておめでとうございます。今週から株

【株初心者】12月第四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

今から注目!2021年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

→もっと見る

PAGE TOP ↑