*

幻想的な古都の夜!京都&奈良のおすすめイベントを紹介

公開日: : 最終更新日:2020/08/27 おすすめ情報, エンタメ

kyoto_nara_event_taitle_1024

 

夏の夜は花火大会やビアガーデン等、楽しいイベントが盛り沢山で、私が住んでいる関西でも様々なイベントが企画されています。今回は、その中でも今、観光客に大人気の京都府と奈良県の夜のおすすめイベントを紹介したいと思います。日本を代表する古都、京都と奈良の幻想的な夜の風情を楽しんでみられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

京都、夏のイベント

京の七夕

kamogawa
堀川と鴨川の設けられた2つの会場で、竹と光の演出による現代版七夕祭りが今年も開催されます。鴨川会場では、 鴨川右岸一帯で風鈴の入った竹籠に灯りが灯される「風鈴灯」や笹飾り、竹と光のオブジェ等の幻想的な風景が堪能できます。また、舞妓さんの踊りを鑑賞しながら、冷たい飲み物や甘味が楽しめる「舞妓茶屋」は一度は行ってみたいですね。堀川会場では、鴨川左岸の夜間ライトアップや夜空に浮かぶ満点の星空をLEDで再現した「光の天の川」、二条城二の丸御殿のプロジェクションマッピング等、こちらも楽しいイベントが盛り沢山となっています。

【開催日】
2015年8月1日(土)~10日(月)
【開催場所】
堀川会場:京都市営地下鉄東西線「二条城前」下車。市バス「堀川今出川」下車。
鴨川会場:市バス「四条河原町」下車。
【お問い合わせ】
京の七夕実行委員会事務局:TEL075-222-0389
詳しくはこちらへ

燈明会・夜間特別拝観

kodaiji
豊臣秀吉と北政所(寧々)にゆかりの地「高台寺」で秀吉を偲び、参道に約900張の弔いの提灯が灯されます。「開山堂」や枯山水庭園「方丈」等の名勝庭園もライトアップされ、昼とは違う幻想的な雰囲気を見ることできます。

【開催日】
2015年8月1日(土)~18日(火)
【開催場所】
高台寺:市バス「東山安井」下車徒歩約5分
【開催時間】
日没後~21時30分(受付終了)
詳しくはこちら

醍醐山万灯会

daigoji
毎年8月5日に醍醐寺全山で営まれる「醍醐山万灯会」。日没から1000を超える置き灯篭や提灯が参道を照らす中、「精霊供養法要」や「お施餓鬼(せがき)供養が執り行なわれます。当日は国宝の金堂や五重塔等が特別にライトアップされ、いつもとは違う幻想的な雰囲気となっています。

【開催日】
2015年8月5日(水)
【開催場所】
醍醐寺:京阪バス「醍醐三宝院」下車すぐ
【開催時間】
18時~20時30分

孟蘭盆万灯供養会

mibudera
本堂前に約1000個の灯籠が点火し、先祖の供養が行われます。9日は20時~、16日は20時30分~本堂前の仮設舞台で国の重要無形民俗文化財に指定されている六斎念仏の奉納が行われます。

【開催日】
2015年8月9日(日)~16日(日)
【開催場所】
壬生寺:市バス「壬生寺道」下車徒歩3分
【開催時間】
日没後~21時
詳しくはこちらへ

五山送り火

okuribi
祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つ「五山送り火」は、お盆にお迎えしたご先祖様の霊を再び冥府にお送りする、精霊送りのかがり火を五つの山で焚く行事です。 当日は市内のビルも照明をおとし、東から西へ「大文字」→「妙法」→「船」→「左大文字」→「鳥居」の順に点火されてゆく送り火は、約1時間静かに燃え続け、その間京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます。

【開催日】
2015年8月16日(日)
【点火場所・時間】
東山如意ヶ嶽(大文字):午後8時
松ケ崎西山(妙):午後8時5分
東山(法):午後8時5分
西賀茂船山(船形):午後8時10分
衣笠大北山(左大文字):午後8時15分
嵯峨鳥居本曼荼羅山(鳥居形):午後8時20分

スポンサードリンク

奈良、夏のイベント

なら燈花会

toukae
毎年8月上旬に、奈良市内(奈良公園一帯)で開催される蝋燭を使った催しで、「燈花」とは灯心の先に出来る花の形をした塊のことで、仏教においてこれが出来ると縁起が良いという事に由来して命名されました。期間中は世界遺産に囲まれた奈良公園一面に蝋燭を並べ、幻想的かつ神秘的な雰囲気が演出されます。

【開催日】
2015年8月5日(水)~14日(金)
【開催場所】
浮雲園地、春日野園地、奈良春日野国際フォーラム「甍~I・RA・KA~」、浅茅ヶ原、猿沢池、浮見堂、興福寺、奈良国立博物館、東大寺鏡池、春日大社
【開催時間】
19時~21時45分
詳しくはこちらへ

中元万燈籠

kasugataisha
春日大社の境内に3000個に及ぶ燈籠は、800年前の昔から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたもので、年に2回、2月の節分と8月14・15日の夜に全ての灯籠に火が入れられます。これらの燈籠は、よく見ると様々な模様が施されており、様々な人が寄進していることが分かります。石燈籠が整然と並ぶ二之鳥居から本殿付近、そして釣燈籠が並ぶ朱塗の回廊等は、まるで王朝絵巻を見るような神秘的な雰囲気となります。

【開催日】
2015年8月14日(金)、15日(土)
【開催場所】
春日大社:春日大社本殿前下車すぐ
【開催時間】
19時~21時30分
詳しくはこちらへ

大仏殿万灯供養会

todaiji
大仏様に灯火を御供えして、諸霊の供養を祈る万灯供養会。普段は大仏殿の中からしか拝見できない大仏様のお顔を大仏殿正面の観相窓から拝顔することができます。また大仏殿へと続く石畳に並べられた約2500個の灯龍は幻想的な雰囲気を醸しだしています。

【開催日】
2015年8月15日(土)
【開催場所】
東大寺:大仏殿春日大社前下車徒歩5分
【開催時間】
19時~22時
詳しくはこちらへ

地蔵会万燈供養

gangoji
極楽堂(曼荼羅堂)の前に地蔵菩薩2体を祀り、無病息災を祈願する法要が行われ、その後、祈願を墨書した灯明皿に、菜種油を注ぎ、藺草芯の灯芯に点火し、万燈供養が行なわれます。23日は18時から模擬店や盆踊りが、24日は18時から尺八や筝曲による奉納演奏が執り行われます。

【開催日】
2015年8月23日(日)、24日(月)
【開催場所】
元興寺:近鉄奈良駅から徒歩10分
【開催時間】
17時~21時
詳しくはこちらへ

 

まとめ

今回紹介したイベントは川や山、寺院等、日本古来の風景と共に行われるイベントばかりです。娘が生まれてからは、なかなか夜に出歩くことがありませんでしたが、久しぶりに家族で出かけてみるのもいいかなぁと思っています。ちなみに私は、「京の七夕」の二条城二の丸御殿のプロジェクションマッピングに行きたいと思っています。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

アボカドを食べて健康になろう!美容効果もあり女性必見

  今や美肌フードの定番となったアボカド。最近では調味料やお菓子など様々な商

記事を読む

美容師が教えてくれたおすすめ『ヘアケア商品』の紹介

  最近、我が家のドライヤーの調子が悪くて、そろそろ買い替えようかなぁと思い

記事を読む

【2019年】美味しくて可愛い『イースタースイーツ』特集

  4月21日は「イースター」ということで、昨年同様、今年も味は勿論、見た目

記事を読む

2016年秋の味覚第3弾!『りんご』を使った新商品を紹介

  秋の味覚シリーズ第3弾は、日本人の多くがよく口にする果物「りんご」です。

記事を読む

2015年花火シーズン到来!兵庫県のおすすめ花火大会を紹介

  7月に入り、梅雨明けと共にやってくるのが、毎年恒例の花火大会です。私の住

記事を読む

一度は食べてみたい全国の『中華まん』おすすめ10選

  私が住む神戸市は、日本三大中華街である「南京町」がある街で有名です。近く

記事を読む

『緊急事態宣言』を受けて我が家がはじめたこと

  新型コロナウイルスが世界各国で猛威を振るい、アメリカなどの主要国が大規模

記事を読む

暑い夏に食べたくなる!おすすめ『レモンフード』を紹介

  これから夏本番を迎えるにあたって、皆さん「暑さ」対策は大丈夫ですか?気象

記事を読む

2021年バレンタイン特集!『オンラインショップ』おすすめ商品の紹介

  今年も2月の恒例となりました「おすすめバレンタイチョコレート」を紹介した

記事を読む

奈良観光が熱い!外国人観光客に人気の訳を調べてみました!

  最近、奈良県が密かに観光客に人気なのをご存知でしょうか。2014年の1年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日経MJが2022年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

  今日発行の日経MJで「2022年上期ヒット

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

→もっと見る

PAGE TOP ↑