*

【2018年】ハロウィン特集!おすすめフードの紹介

公開日: : おすすめ情報, グルメ

 

この時期の一大イベントといえばやはり「ハロウィン」ですよね。年々その規模は大きくなり、至る所でイベントが開催されたり、雑誌やテレビではハロウィン関連のグッズやレシピなどが紹介されるようになりました。我が家は昨年同様のママ友たちとハロウィンパーティーの他、今年は家族でハロウィンフードの食べ歩きツアーを計画しており、色々調べている最中です。そこで今回は、色々調べていく中で見つけた、おすすめハロウィンフードを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒーでは、2018年のハロウィンシーズンに向けて仮装気分で選べるなりきりフラペチーノをがテーマとした2種類の新作フラペチーノが登場。一つ目は、魔女を表現したダークで可愛い見た目が印象的な「ハロウィンウィッチ フラペチーノ」で、色鮮やかなアップルコンポートとカラメル風味のクッキーがまるごと1枚ブレンドされています。仕上げにかけられたたっぷりのチョコレートソースの黒と赤いソースのコントラストが鮮やかなゴージャス感なフラペチーノです。二つ目は、お姫様をイメージした淡い色合いで仕上げられた「ハロウィンプリンセス フラペチーノ」で、アップルコンポートをブレンドしたフラペチーノに、ホワイトモカソースやホイップクリーム等のミルク風味がミックスされた、見た目的にも味的にも可愛い甘さが楽しめるフラペチーノです。

販売期間

2018年10月18日(木)~2018年10月31日(水)

商品

ハロウィンウィッチ フラペチーノ(トールサイズのみ)


価格:590円(税抜)

ハロウィンプリンセス フラペチーノ(トールサイズのみ)


価格:590円(税抜)

公式HPはこちら

 

エッグスンシングス

エッグスンシングスは、2018年のハロウィン限定メニューとしてが2種類限定メニューを発売。一つ目は、毎年人気のパンケーキを使った「ハロウィントリックパンケーキ」で、チョコレートソースの池にブラックココアを練り込んだ漆黒のパンケーキを乗せた商品で、パンケーキの上には黄色のパンプキンソースが、サイドには口どけの軽良い紫芋のホイップクリームが添えられています。ちなみに、パンケーキの中にはトリックが隠されており、味や見た目だけでない、遊び心満載の一皿となっています。二つ目は、今年から新たに登場した食事メニューの「ハロウィンバーグベネディクト」で、ビーフ100%のジューシーなハンバーグの上になめらかな紫芋のポタージュをたっぷりかけたエッグスベネディクトをトッピング、アクセントにピリッと辛いホットチリソースを加えた、ちょっと大人なメニューとなっています。

販売期間

2018年10月15日(月)~10月31日(水)

商品

ハロウィントリックパンケーキ


価格:1,380円(税抜)

ハロウィンバーグベネディクト


価格:1,280円(税抜)

公式HPはこちら

スポンサードリンク

サーティワンアイスクリーム

サーティワンアイスクリームでは、「ダークなのにスウィート!?」をテーマに、2種類のミステリアスなダークカラーのハロウィンフレーバーが発売されます。一つ目は、怪しい真夜中をイメージしたダークカラーのソルベ「ミッドナイトアップル」で、隠し味にシナモンを加えた香ばしい焼きりんごが使われています。見た目とは違う、やさしい味わいが、ハロウィンらしい驚きと楽しさを演出しています。二つ目は、りんご味の紫フレーバーとグレープ味の赤フレーバーを使った「魔女のトリック」で、見た目と味があべこべになった、まるで魔女の魔法にかかったような不思議なフレーバーです。

販売期間

2018年9月25日(火)~10月31日(水)

商品

ミッドナイトアップル

魔女のトリック

※サーティワンアイスクリームでは店舗によって料金が変わります。

公式HPはこちら

 

クリスピードーナツ

クリスピードーナツでは、9月12日(水)よりハロウィンシーズンに向けてブラックとピンクをテーマカラーとした4種類のドーナッ「BLACK OR PINK? HALLOWEEN」を発売。今年は、定番人気のジャック、スパイダーがブラック×ピンクのドーナツとして登場する他、黒ネコデザインのドーナッが新登場します。一つ目、お馴染みのジャックランタンをブラック×ピンクカラーに変身させた「ピンクパンプキンジャック」は、オリジナルのイースト生地に竹炭パウダーを加えた真っ黒な生地の中に濃厚なえびすかぼちゃ入りクリームがたっぷり詰め込まれています。二つ目は、人気の「チョコ カスタード」にピンクチョコレートでクモの巣が描かれた「ピンクスパイダーカスタード」で、バニラビーンズ入りのカスタードとチョコアイシングの組み合わせが楽しめるドーナツです。三つ目は、カカオが香るしっとりとした口あたりの生地に、深くて濃厚なビターチョコレートをアイシングし、ピンクと紫のスプリンクルでハッピーハロウィンカラーに仕上げた「ハロウィンオールドファッション」です。最後四つ目は、優しい甘さのキャラメルカスタードクリームが詰まった真っ黒生地に、ビターチョコレートをアイシングし、ホワイトチョコレートとピンクチョコレートで黒猫を表現した「黒ネコの“チョコ”」です。どの商品も食べるのがもったいない、高クオリティーな可愛らしいドーナツとなっています。

販売期間

2018年9月12日(水)~

商品

ピンクパンプキンジャック


価格:220円(税抜)

ピンクスパイダーカスタード


価格:200円(税抜)

ハロウィンオールドファッション


価格:200円(税抜)

黒ネコの“チョコ”


価格:250円(税抜)

公式HPはこちら

 

マネケン

ベルギーワッフル専門店の「マネケン」では、2018年10月16日(火)よりハロウィン限定ワッフル「パンプキンプリンワッフル」を発売。かぼちゃ風味の生地に甘いカスタードとほろ苦いカラメルチップをミックスし焼き上げた、甘さと苦さが絶妙なバランスで味わえるワッフルです。ちなみにパッケージは黒猫やカボチャなどハロウィン気分を盛り上げてくれるデザインに変更されています。

販売期間

2018年10月16日(火)~10月31日(水)

商品

パンプキンプリンワッフル


価格:162円(税込)

公式HPはこちら

 

まとめ

上記に以外にも気になっているのが、我が家もよく訪れているイケアレストランで10月4日(木)〜10月31日(水)の間、開催されている「ハロウィン フェア」です。黒を基調とした「パンプキンスコーン」、「ブラック カレー」、「ブラック スフレロール竹炭ストロベリークリーム」等の限定メニューが続々登場します。その中でも特に気になっているのがハロウィン当日、10月31日(水)に各ストア先着150個限定で提供されるブラックソフトクリームでゴーストを象った「ブラック ゴースト ソフト」です。かわいいゴーストを家族で是非味わってみたいです。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

おせち特集!2015年のチョッと気になるおせちを紹介

  お正月に食べる料理といえば、やっぱり"おせち"です。今年も、各店思考を凝

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年1月】

  今年は新年早々、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で日本全国が大雪に見舞われ

記事を読む

【2017年】関西でおすすめの美味しい和菓子を紹介します!

  最近、巷では小豆や抹茶を使った「和」のスイーツが注目されていて、特に甘い

記事を読む

夏の時期に持っていたら便利なオススメグッズを紹介!

  夏といえば、熱中症や食中毒、女性の方は日焼けや肌のお手入れ等、気になるこ

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2018年2月】

  先月に続き、今月もコストコに行ってきました。今回は姉家族と一緒に行ったの

記事を読む

【2017年・冬】私が『IKEA』で見つけたおすすめ商品の紹介

  この週末にハロウィン商品を見に、「IKEA」に行ってきました。店内はすっ

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2020年1月】

  あけましておめでとうごさいます。WESTマガジンは、今年も話題の時事ネタ

記事を読む

UCCからカプセル式コーヒーメーカー『DRIP POD』が新登場!

  今ではたくさんの家庭で見られるようになったカプセル式コーヒーメーカー。今

記事を読む

【2019年11月】私が『IKEA』で見つけたおすすめ商品の紹介

  この週末、家族でイケアに行って来ました。実は今回は買い物ではなく、11月

記事を読む

【2020年】我が家の今年の『ひなまつりフード』はこれに決定!

  もうすぐ3月3日の「ひなまつり」を迎えますが、みなさん「ひなまつり」はど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑