*

本読みが苦手な娘のために『絵本』の定期購読をはじめました

公開日: : ライフスタイル

 

小さなお子さんをお持ちの親御さんは、お子さんの能力を伸ばそうと日々、色々なことを考えられていると思います。我が家も、娘に色々な事を体験をさせることで、娘の苦手なモノや得意なモノを発見し、それを改善する方法や伸ばしいく方法を日々、試行錯誤しています。娘には色々苦手なモノがあるのですが、特に問題なのが本を読むことです。こちらでも何度か絵本について紹介させていただきましたが、我が家でも以前は定期的に絵本を購入して読ませているのですが、最近はなかなか時間がとれず、絵本を買いに行くことができていない状態でした。そこで我が家は絵本の定期購読をしようと考え、色々調べてみました。絵本の定期購読を行っている会社は以外と多く、どれにしようかすごく悩みましたが、最終的に世界各国の絵本が購入できる「WORLDLIBRARY(ワールドライブラリー)」に決めました。今回は私がこれなら楽しく本が読めそうだと思った「WORLDLIBRARY(ワールドライブラリー)」について紹介させていただきます。絵本に興味のある方、是非参考にしてください。

photo credit: Reading is Magical via photopin All rights reserved by the author

スポンサードリンク

「ワールドライブラリー」について

「ワールドライブラリー」は海外の出版社と直接契約を結び、世界各国の絵本を日本語に翻訳し、出版している会社です。2014年から法人向けの絵本のレンタルサービスを開始し、利用先は幼稚園などの保育施設から、病院や薬局、銀行、レストラン、マンションの共用スペースなど幅広く、約3年間で350件の利用があったそうです。ちなみに2017年7月からは、「星野リゾート リゾナーレ熱海」でもレンタルが開始され、子供さんだけで大人の宿泊客の方にも好評を得ているそうです。

2017年7月からは個人向け定期購入サービス「ワールドライブラリー パーソナル」も始まり、絵本のプロが子供たちの発達段階に合った作品を厳選し、月1冊届けてくれるようになりました。「ワールドライブラリー」社長・岡澤氏によると、一般的な絵本の定期購入サービスは月に1〜2冊で月額2,000~2,500円ほど費用がかかるそうです。しかし、「ワールドライブラリー」では月額1,000円(送料無料)の低価格で珍しい絵本や高価なしかけ絵本などを届けてくれます。サービスが始まってから約4カ月で利用者数は600件を超えとなり、3年後には1万件を目指しているそうです。定期購読以外にも「ワールドライブラリー」では、オンラインショップや一部の蔦屋書店で販売も行っていますので、是非そちらもチェックしてみてください。

また、「ワールドライブラリー」は絵本に関したイベントも開催されています。一流ホテルや人気レストランとのコラボレーションや小学校や書店での読み聞かせ会など内容も様々です。機会があれば是非参加してみたいです。

公式HPはこちら

「ワールドライブラリー パーソナル」の詳細情報

対象年齢

1歳~7歳

料金

月額/1,000円(税別)

支払方法

カード払いのみ
※一括払いは無し

送料

無料

月間配本冊数

1冊

お届け日

毎月15日前後

スポンサードリンク

定期購読される絵本の紹介

娘が申し込む予定の7歳向け絵本を紹介いたします。

7歳0ヶ月


発明と発見
※しかけ絵本

7歳1ヶ月


イソップ物語/オオカミの話 キツネの話

7歳2ヶ月


空から見れば

7歳3ヶ月


ぼくは、ブルーノ

7歳4ヶ月


ペッドの下のぼうけん/ヤカブがみつけたもの

7歳5ヶ月


わんわんスリッパ

7歳6ヶ月



※しかけ絵本

7歳7ヶ月


虹のなかの花園

7歳8ヶ月


とびきりおかしないぬ

7歳9ヶ月


フィンドゥスのキャンプ

7歳10ヶ月


みどりのおおかみ

7歳11ヶ月


だれがいちばんえらいの?

 

「ワールドライブラリー パーソナル」では年齢に応じたコンセプトが設けられていて、7歳向けは「お友達と読んだ本の情報交換をしたり、感想を文章で表現したりと実生活の中でも本とのかかわりが活かされてきます。世界の絵本でゆたかな心をはぐくみましょう。」というテーマが掲げられていました。イタリアやスウェーデン、南アフリカなど世界中の今まで見たことのない魅力的な絵本がラインナップされており、娘だけでなく私も楽しめそうです。とくに、しかけ絵本はどんなしかけがあるのかワクワクします。ちなみに、これらを全て定価で買うと合計で20,500円(税別)になり、定期購入の方が8,500円(税別)の得となります。

 

まとめ

今回、私がこの「ワールドライブラリー」を見つけたのはいつも見ている「日経トレンディネット」で特集されていたからで、その後、ホームページを拝見し、絵本の内容や料金体系を確認し、今まで調べていた定期購読サービスのどこよりも理想通りだったので即こちらに決めました。一度現物を見てみたいという気持ちもあり、関西で取扱いがある「枚方T-SITE」の蔦屋書店に行こうと思っていたのですが、なかなか都合がつかず、このまま申し込む形になりそうです。まあ、それはそれで初めて目にする楽しみがあって良いかなとも思っています。実は、「日経トレンディネット」で紹介されていた絵本がとても面白そうで、読みたいと思っていたのですが、どれも今回申し込むコースに含まれておらず、単品で買おうかすごく悩み中です。他にも興味をそそる絵本がいっぱいで、絵本好きとしては今後、乱買いしないよう気をつけようと思っています。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

三田にあるわらび餅の隠れた名店『一軒家』に行ってきました!

  先週末に三田に行く所要があり、その帰りに以前に友人に教えてもらった、わら

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年12月】

  日曜日に今年最後のコストコに行ってきました。その日は実家でクリスマスパー

記事を読む

【脂質異常症】健診で脂質の再検査が出たので調べてみました

  先日、会社で受けた健康診断の結果が手元に届きました。過去の健康診断ではオ

記事を読む

掃除が楽しくなる高機能でお洒落な掃除道具を紹介

  家事の中で一番苦手なものと言えば「掃除」を揚げられる方も多いと思います。

記事を読む

女性が選ぶ!男性につけてほしいお洒落な『腕時計』を紹介

  昔から、男性が身につけるファッションアイテムの中で、女性が気になるアイテ

記事を読む

寒い季節は、生姜パワーで体の芯から温めましょう!

  冬の季節は寒い日々が続き、外へ出かけるのが億劫になってしまします。そんな

記事を読む

夏休みの自由研究!小学校3年生と『ヒンメリ』を作ってみました

  早いもので夏休みも終わり2学期が始まりました。今年の夏休みは家族でプール

記事を読む

『緊急事態宣言』を受けて我が家がはじめたこと【第二弾】

  「緊急事態宣言」が発令されてから約2週間が経ちました。前回のブログで朝ラ

記事を読む

新生活に欠かせない生活家電!マストバイアイテムを紹介

  4月は地方から都会の学校に進学する新入学生や、学校生活を終え新たに社会へ

記事を読む

【2019年】クリスマス時期に読みたいおすすめ『絵本』の紹介

  12月に入ると本屋さんでは様々なクリスマス関連の絵本が販売されます。心が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日経MJが2022年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

  今日発行の日経MJで「2022年上期ヒット

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

→もっと見る

PAGE TOP ↑