*

子供の発育促進に最適なおすすめ『知育玩具』を紹介

公開日: : 最終更新日:2020/07/31 おすすめ情報, ライフスタイル

 

先日、ニュースを見ていると家電量販店のビックカメラが玩具を専門に扱う新型店「ビックトイズ」を11月24日に愛知県日進市にオープンすることが報道されていました。玩具業界は現在世界的にインターネットで購入するユーザーが増え、店頭での購入が伸び悩んでいる状態です。アメリカの大型玩具店「トイザラス」もその影響を受け経営破綻したというニュースは記憶に新しいと思います。そんな流れの中、ビックカメラは店頭で実際に試すことが重視される知育玩具を中心とした品揃えで幼少教育に熱心な親御さんや祖父母らをターゲットにした新たな市場開拓を目指しているようです。実際、幼少時での学習の重要性に関しては最近雑誌やテレビで特集されることが増え、楽しく学習できる知育玩具への注目も年々加速している傾向があります。新商品も続々と登場し、子供だけではなく、大人も楽しめるような面白い商品も沢山発売されています。そこで今回は子供と一緒に大人も楽しめるおすすめ知育玩具を紹介したいと思います。お子さんとのコミュニケーションアップにもぴったりです。

スポンサードリンク

おすすめ『知育玩具』

ローリーズストーリーキューブス 冒険

ローリーズストーリーキューブス 冒険(日本正規輸入品)
ローリーズストーリーキューブス 冒険(日本正規輸入品)

こちらは「2017 Amazon知育・学習玩具大賞」で見事大賞に選ばれた玩具で、サイコロに書かれたイラストを繋げて、1つの冒険物語を作るというシンプルでありながら、子どもの想像力や話す力を伸ばすことができる優れた玩具です。この商品のポイントはただ一つ「正解がない」ということです。サイコロのイラストは意図的に沢山の事柄を連想させるよう書かれており、プレーヤーの捉え方ひとつで無限のストーリーが展開できます。その分、柔軟な想像力や順応性が求められますので、プログラミングに必要な基礎的な力の育成に最適な玩具と言えるでしょう。

「ローリーズストーリーキューブス」は今回紹介した冒険版以外にも、オリジナル版やムーミン版など沢山の種類が販売されていますので、単体だけでなく色々な種類とミックスして遊ばれてるのもおすすめです。

プリモトイズ キュベット プレイセット

プリモトイズ キュベット プレイセット 【正規代理店品】
プリモトイズ キュベット プレイセット 【正規代理店品】

こちらは「2017 Amazon知育・学習玩具大賞」でプログラミング部門賞を獲得した玩具で、手触りにこだわった木製のコントロールパネルとロボットを使い、読み書きができない小さなお子さんでもプログラミングの基礎を楽しく理解できる商品です。また、こちらはデジタル画面を使用しないので、子どもの視力に悪影響も与えず、安心してお使いいただけます。想像がふくらむワールドマップとストーリーブックを使い、子どもの創造性、客観的な思考、空間認識能力、コミュニケーションスキルを刺激してくれる楽しい玩具です。

スポンサードリンク

グラビティ・メイズ

シンクファン (ThinkFun) グラビティ・メイズ (Gravity Maze) [正規輸入品] 迷路ゲーム
シンクファン (ThinkFun) グラビティ・メイズ (Gravity Maze) [正規輸入品] 迷路ゲーム

こちらはボールの通り道がふさがらないよう、スタートとゴールを繋ぐタワーを配置するにはどうしたらよいかを立体的に考え、解答を導き出す重力迷路ゲームです。 脳の発達の過程では立体をとらえることはとても重要で、その思考をこの玩具で遊ぶことによって、動きの意外性や驚きが刺激となり、立体について楽しみながら学ぶことができます。また、タワーを組み立て、実際にボールを動かし、その結果成功したり失敗することは、学ぶことにとって重要な「予測」「計画」「実行」「反省」を全て経験でき、より学ぶ力が鍛えられます。デザインもカラフルで難易レベル様々なので、幅広い世代で楽しむことができる商品です。尚こちらは、「2017 Amazon知育・学習玩具大賞」で審査員特別賞を受賞しています。

カタミノ

ギガミック (Gigamic) カタミノ (KATAMINO) [正規輸入品] パズルゲーム
ギガミック (Gigamic) カタミノ (KATAMINO) [正規輸入品] パズルゲーム

こちらは、様々な形をしたブロックを組み合わせて、指定されたマス目を埋めていパズルゲームで、発想力に加え、気力、精神力が鍛えられる玩具です。マス目の範囲や選ぶブロックの数によって難易レベルが設定ができるので、年齢やスキルに関係なく誰でも自分のレベルにあわせて遊ぶことができます。また、パズルゲーム以外にも動物や幾何学的な形を作ったり、積み木のようにして遊ぶこともできるので、小さいお子さんにもおすすめです。36,057通りの組合わせを見つけ、あなたもカタミノマスターの仲間入りになってみませんか。

マグフォーマー

マグフォーマー 62ピース MAGFORMERS 新感覚のマグネットブロック 創造力を育てる知育玩具 [並行輸入品]
マグフォーマー 62ピース MAGFORMERS 新感覚のマグネットブロック 創造力を育てる知育玩具 [並行輸入品]

こちらは、世界各国で人気を集めている幾何学形の形をしたブロックを磁石でつなげる玩具で、平面だけでなく展開図が瞬時に立体構造に変身するなど磁石ならではの簡単でスピーディーな変化が楽しめます。2次元と3次元を行き来する作品づくりは図形学習で求められる、頭の中で図形をイメージできる能力を育てることができます。種類もベーシックなセットモノから乗り物ができるセットなど様々な商品がラインナップされています。

フローティック

パズル フローティック うみがめ
パズル フローティック うみがめ

こちらは、可愛らしい生き物をモチーフにしたお風呂用パズルで、付属の組立てシートを見ながら、様々な形のピースを並べたりはめ合わせることで平面パズルや立体パズルとして遊べてるゲームです。平面パズルと同じピースを立体に組み換えることで平面の時には想像もできなかった立体パズルが完成し、また、出来上がった立体パズルは湯船に浮かべて遊ぶことも出来ます。学ぶだけでなく遊ぶアイテムとしてもぴったりな可愛く親しみやすい玩具となっています。

 

まとめ

娘も幼児期にはルーピングや木製のはめこみパズルなどの知育玩具で遊んでいましたが、年長くらいになるとリカちゃんなどのお人形遊びに夢中になり全然遊んでくれなくなりました。しかし、今回紹介した玩具たちは私達親も一緒になって遊べるモノばかりなので、これをきっかけに親子で脳力アップを頑張ってみようかなぁと思っています。余談ですが、史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太四段も3歳からドイツの立体パズル「キュボロ」を愛用しており、「キュボロ」で遊ぶことで判断力や直観力が培われたのではないかと言われています。自分の子どもを藤井聡太四段のような天才に育てたいという親御さんが挙って「キュボロ」を買い求めたため、一時「キュボロ」は半年待ちの品薄状態になっていました。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年2月】

  今年も何かと盛り上がっていたバレンタインも終わり、世間ではそろそろ春の準

記事を読む

『ポイ活』して年間約6000円の日用品をもらいました

  我が家も楽天をはじめ、色々なポイントを集めて活用しています。その中の一つ

記事を読む

ピザ大手3社!イチオシ情報を紹介!!

  これからの時期、クリスマスや忘年会などのホームパーティや寒くて出かけるの

記事を読む

無印良品の冷凍食品を食べてみました!

  衣類から雑貨まで我が家も愛用が多い「無印良品」から2018年9月28日(

記事を読む

【2019年】クリスマスプレゼントにおすすめな玩具を紹介

  もうすぐクリスマスですが、皆さん、お子さんへのプレゼントを何にするか決め

記事を読む

『トランポリンエクササイズ』体験レッスンに行って来ました!

  以前、「目指せ『筋トレ女子』!おすすめエクササイズ&アイテムを紹介」で紹

記事を読む

『第6回KOBE豚饅サミット2016』開催決定!今年はくまモン登場

  この時期恒例の神戸南京町の食のイベント「KOBE豚饅サミット」が今年も開

記事を読む

無印良品の新しいサービス『米の量り売り』をご存じですか?

  私もよく利用している「無印良品」で米の量り売りサービスが始まったのをご存

記事を読む

関西で初詣に行くならこの神社!私のおすすめスポットを紹介

  今年も終わりに近づき、そろそろ年末・年始の準備が気になるこの頃ですが、年

記事を読む

朝食の定番『食パン』!2016年売上ランキングから新商品まで紹介

  毎年、様々な種類が登場している「パン」ですが、その中でもついつい買ってし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑