*

映画『コンティニュー』!無限ループで闘い続ける新感覚SFアクション

公開日: : 映画情報

 

今回紹介する気になる最新作は、殺される度に強くなる男の映画『コンティニュー』です。2021年6月4日(金)に全国ロードショーされるこの映画は、私の好きな俳優メル・ギブソンが悪役の親玉として出演し、監督を務めたのが「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」や「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」でメガホンを取った鬼才ジョー・カーナハンの最新作と言うことで、オモシロ映画間違いなし。ハードなアクション物が好きな方は楽しめる映画だと思います。

公式サイトはこちら
予告編はこちら
全国上映劇場一覧

スポンサードリンク

■『コンティニュー』の紹介

謎の殺し屋集団との殺し合いが無限ループする新感覚SFアクション映画!殺される度に強くなる男、まるで対戦格闘型のRPGゲームが映画化したような作品です。男子にはたまらない映画です。

  • 【所持アイテム】無限コンティニュー
  • 【能力】死ぬたびにレベルアップ
  • 【ミッション】タイムループの謎を解け

殺される度に同じ1日を無限に繰り返す男。なぜ、殺し屋集団は主人公を狙うのか?なぜ、殺されても同じ朝が来るのか?どうすればこの死のループを抜け出せるのか?蘇る度にレベルアップし真相に近づいていく物語。

スポンサードリンク

ストーリー

タイムループの鍵を握る最愛の妻を守り、世界滅亡を食い止めろ!

朝目覚めた瞬間から謎の殺し屋に襲われ殺される元デルタフォース特殊部隊員のロイ。銃で撃たれることもあれば、爆弾で吹き飛ばされることもある。首を切られることもあれば、刃物で刺されることもある。ところが何度殺されても生き返り、同じ1日を繰り返している。

死のループから抜けだすために何度もトライ&エラーを重ねる中、科学者である元妻からタイムループの鍵を握る極秘計画「コードネーム”オシリス“」の手掛かりをつかむ。ロイは真実を暴くため、追われる身となった元妻(ナオミ・ワッツ)を救うため、今度は自ら殺し屋集団の元に出向き追い詰め、計画の責任者である軍属科学者ヴェンター大佐(メル・ギブソン)の居場所を突き止めていく。

果たして、タイムループを抜け出し、明日にたどり着くことはできるのか・・・。

引用元:https://continue-movie.jp/about.php

 

キャスト

フランク・グリロ

主人公ロイ・パルヴァーを演じた俳優。
この映画のプロデューサーも兼任しております。
映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でクロスボーンズ役を演じ悪役なイメージが強い俳優ですが、「スカイライン -奪還-」では主人公で頼れるタフガイな役柄を演じてハマり役でした。今作品も同じような頼れるタフガイ役なので楽しめると思います。

本作について下記のようなコメントをしています。

本作は80年代のすばらしいアクション映画を復活させたような作品だ。『ダイハード』や『リーサルウェポン』を見たとき「こんな映画今まで見たことがない!」って感動したんだ。だから、同じような感動を観客には持ち帰って欲しい。お気に入りの殺し方は、朝ロイが起きる場面で、ミスター・グッドモーニングが毎日彼を殺そうとするところ。でも、全部気に入っている。銃で闘うシーンも、剣で闘うシーンも、得意分野だからね。この映画はアクションに加えて笑いがあり、ブラックユーモアがあり、シリアスなドラマがある。いろんな要素が入ったシチューみたいなものさ。

引用元:https://continue-movie.jp/about.php

メル・ギブソン

悪役の親玉クライヴ・ヴェンター大佐を演じた名優。
名作「マッドマックス」シリーズや「リーサル・ウェポン」シリーズなどで人気を博したハリウッドスター。私の大好きな映画「ブレイブハート」では主演と監督・製作を手掛け、アカデミー賞5部門も受賞したほどの奇才。近年ではゴシップネタ以降すっかりダーティなイメージがついてしまったが、それでも衰えることのない演技力は必見です。

本作について下記のようなコメントをしています。

ジョー(カーナハン)のことは前から知っていてファンだった。彼が何か作るなら絶対に一緒にやりたいと思っていた。映画を作るとき、または物語を語るときに第一にするべきことは人を楽しませることなんだ。主人公は毎朝、暗殺者が顔にナイフを突きつけているような状況で目を覚ます。でもそこには、物事はやり直せるということ、そして犯した間違いは正せるという教訓が含まれている。過去に戻って自分の人生の一部をやり直せるとしたらどうするか、過去に戻ってやり直す機会を与えられるとしたら、過去の罪を、あるいは自分がしたことを償えるとしたらどうするかとも問いかける。それも楽しみながら観てほしい。

引用元:https://continue-movie.jp/about.php

 

監督

ジョー・カーナハン

手掛けた作品は、

  • 「ブラッド・ガッツ」(1998/監督・脚本・出演)
  • 「NARC ナーク」(2002/監督・脚本)
  • 「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」(2006/監督・脚本・製作)
  • 「プライド&グローリー」(2008/脚本)
  • 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010/監督・脚本)
  • 「THE GREY 凍える太陽」(2011/監督・脚本)
  • 「クレイジー・ドライブ」(2014/監督・脚本)
  • 「デス・ウィッシュ」(2018/脚本)
  • 「バッドボーイズ フォー・ライフ」(2020/脚本)

本作について下記のようなコメントをしています。

脚本で一番気に入っているのは主人公がある瞬間を繰り返すというSF的な展開だ。何度もその瞬間を繰り返すことで、自分の過ちを正し愛する人々の前で名誉挽回するという物語がすごくいいと思ったんだ。そしてこれはフランクのために書いた脚本だ。どのシーンもフランクに合わせて作ってあるから彼はこの役を完璧にこなせたんだ。いろんな殺し方があるが、通りを歩いているロイの頭を撃つ場面は本当に大変だった。絶妙なタイミングが必要だったからね。 アクション映画は私の感性に訴えてくるジャンルだし私自身が見たいものだ。マーチャント・アイヴォリー社が作るような映画より『プレデター』の再放送を見たいと思う人間だ。『いつか晴れた日に』を見るか、800回目の『ダイハード』を見るか選ぶとしたら、私はたぶん『ダイハード』を見るだろうね。

引用元:https://continue-movie.jp/about.php

 

まとめ

今回の作品『コンティニュー』はタイムループ物の映画です。過去有名な映画では「オールユーニードイズキル」が類似作品になると思います。何度も繰り返すタイムループ作品は観ていて面白いので、この『コンティニュー』も期待が持てる映画だと思います。今作は監督のコメントにも記載してありましたが、主演のフランク・グリロのために書いた脚本と言うことで、主人公に合わせて作っており、バイオレンスな描写とハードなアクションを得意とする監督との絶妙な相性で製作された映画となっています。ちなみに、名優メル・ギブソンの他にも、ナオミ・ワッツにミシェル・ヨーなどが脇を固めるキャスティングも何気に豪華です。是非、観に行きたいと思います。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

映画『96時間/レクイエム』!無敵の父親、シリーズ最終章へ

  世界中で大ヒットとなったリュック・ベッソン製作&脚本、ノンストップアクシ

記事を読む

厳選!ゾンビ・コメディ映画のおすすめベスト5を紹介

  昨今こんな状況でなかなか旅行や外出することも出来ないず、巣籠もりで暇を持

記事を読む

映画『アメリカン・スナイパー』!伝説的スナイパーの実話作品

  最近気になる映画のCMを見ました。まずはその動画を見て下さい。 ↓↓↓

記事を読む

映画『メカニック/ワールドミッション』!まさかの続編に期待大

  今やアクション映画を観るならジェイソン・ステイサム出演作にハズレ無しと言

記事を読む

映画『ジャッジ/裁かれる判事』!極上の法廷サスペンスに期待

  今一番気になる最新映画があります。それは、法廷サスペンス映画『ジャッジ/

記事を読む

映画『ひつじのショーン』試写会行きました。やっぱり面白い!

  昨日の土曜日(6/13)、映画『ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホー

記事を読む

厳選!おすすめ映画ベスト10を紹介

  もう少しで今年が終ります。皆さん年末年始はどのような予定をされていますか

記事を読む

映画『クリード/チャンプを継ぐ男』!ロッキーファン必見です

  今年はもう映画は見納めかと思っていたのですが、年末にあの不朽の名作「ロッ

記事を読む

映画『誘拐の掟』!至高の心理サスペンス・スリラーの決定版

  私の大好きなハリウッドスター、名優リーアム・ニーソンの最新作映画『誘拐の

記事を読む

映画『寄生獣』PART1!公開間近。キャストが素晴らしい!

  原作者の岩明均さんが1990年から1995年まで「月刊アフタヌーン」(講

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

【株初心者】2021年7月二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年7月一週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月四週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】2021年6月三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑