*

お洒落なインテリアにもぴったりなシンプル色育児用品の紹介

公開日: : 最終更新日:2021/06/29 ライフスタイル

 

小さなお子さんがいるご家庭は、パパやママの目が届くリビングでお子さんを遊ばせることが多いと思います。我が家も娘が小さい頃はリビングの一角にプレイマットをひいたキッズスペースを作って、そこで娘を遊ばせていました。リビングで遊ばせることが安全で安心できることはわかっていたのですが、家のインテリアにこだわりのあった私たちは、正直、折角の統一感あるリビングの空間が損なわれることに少しながらもストレスを感じていました。子供が使う育児用品はどうしてもカラフルなモノやキャラクターモノが多く、それが我が家のイメージに合っていなかったからです。色々調べてみると私たちのように、育児用品のデザインが家に合っていなくて不満を持っている親御さんも多く、メーカーもそんな要望に応えて、最近では白や黒などのシンプル色を使ったおしゃれな育児用品を販売するようになりました。今回は、そんなインテリアにこだわった親御さんにおすすめのシンプルでおしゃれな育児用品を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【DABADA】トランポリン

お子さんが家庭で気軽に体を動かせる遊び道具として人気のトランポリン。5分間のトランポリン運動は、ジョギング1kmと同じ運動効果があると言われており、お子さんの運動能力向上から大人の方の運動不足解消まで、家族で使用されるご家庭が増えています。 そんな家族で使用されるトランポリントとして、おさえておきたいのは、「サイズ、耐荷重、価格」の3つのポイントです。大きすぎるサイズは置くスペースに困ってしまいますし、耐荷重が軽すぎると大人の方が使用できません。価格も、もしかしたらすぐに辞めてしまったらと思うと高価なモノを買うのは躊躇してしまいます。その点、このDABADA製のトランポリンは、コンパクトなサイズで耐荷重も110Kgあり、価格も4000円以下とお手頃価格で、お気軽にはじめたいと思っている方にぴったりな商品です。

実は我が家もこの商品の愛用者で、我が家はブラックの本体(手すり付)にブラックのマットを敷いて使っています。ブラックで統一しているのでリビングのインテリアの邪魔にもならず、テレビを見ながら運動しています。

 

【NUNA(ヌナ)】ベビーバウンサー LEAF(リーフ)


こちらは、オランダのベビー用品ブランド「nuna(ヌナ)」のLeaf(木の葉)の形をした可愛いベビーバウンサーで、赤ちゃんを乗せたあと、手で軽く横に押すだけで約1分間抱っこしている時と同じようなゆっくり優しい横揺れ続きます。また、バッテリーやモーターを一切使用していないので、機械音のしない静かで快適な眠りへと導いてくれます。通気性の良いメッシュ素材のシートとオーガニックコットン100%を使用したシートマットは、取り外して洗う事ができるので、いつでも清潔&快適に利用することができます。足元のロックをかければ固定することもでき、簡易のベッドやチェアとして使うことも可能。新生児~3歳頃まで、成長に合わせて形を変え、活躍してくれる、便利でおしゃれな商品です。

スポンサードリンク

【yamatoya】LiLiwagon(リリワゴン)


こちらは、いつも目の届くところに赤ちゃんを寝かせておけるよう、家の中をスムーズに移動できるキャスター付きベビーベッドで、側面のメッシュ仕様は通気性に優れているだけでなく、赤ちゃんの様子がわかりやすいといった特徴があります。底面に敷かれたマットレスはウレタンフォームのふかふかな寝心地で、カバーは取り外して洗濯することができるので衛生的です。また、ワゴンの下には、荷物が置ける棚布が設置されており、おむつやおしりふきなど使いたい時にさっと取り出せてとても便利。

赤ちゃんが寝返りをできるようになるまでは簡易ベッドやゆりかごとして、その後はがたっぷり入るトイワゴンとして使用する使うことができるなど、こちらも成長に合わせて形を変え、活躍してくれる便利アイテムです。

 

【カトージ】3in1 chair Cozy(チェアクッション付き)

こちらは、ハイチェア、ローチェア、ロッキングチェアの3通りの使い方ができる多機能かつ見た目がキュートなキッズチェアで、2014年度のグッドデザイン賞も受賞した注目の商品です。木製の座面と金属製のフレームの異素材を組み合わせることで、幅広いインテリアにマッチするデザインに仕上がっており、4色ある本体とクッションを自由に組み合わせることで、16通りのデザインから自分好みの組み合わせを選ぶことができます。

 

【ラスカル】キディガードアヴァント

ラスカル キディガード 階段上設置可能 ロール式 ゲート バリアフリー フリーサイズ アヴァント ブラック
こちらは、モダンなインテリアにも合う、黒とメタリック色のロール巻き取り式ベビーゲートで、敷居がなく躓くおそれがないので、階段の上側の取り付けにも適しています。ロールの素材は耐久性・衝撃性ともに優れ、また、やさしい触感なのでお子さんがぶつかった時にも衝撃が少なく安心です。巻き取り軸上部のツマミを操作することでロールを開閉するので、お子さんが勝手に操作する心配はありません。今までのベビーゲードとは違う大人の雰囲気のインテリアにもぴったりなスタイリッシュで便利な商品です。

詳しくはこちら

 

【MISIOO】ボールプールRound


こちらは、デンマークのブランド「MISIOO」が販売している海外のインスタグラムで大人気のボールプールで、好きなカラーのプールとボールを選びオリジナルのボールプールを作ることができます。プールの形は「ラウンド型」と「スクエア型」の2つから、素材は「Natural Cotton Collection」と「Luxury Velvet Collection」の2つから、ボールカラーは3パターンからセレクトでき、自分好みのボールプールにカスタマイズができます。ボールプールでは珍しい無彩色のカラーも用意されていますので、シックなお部屋にもぴったりです。ボールは200個付属(専用収納袋付き)しており、プールカバーは取り外して洗濯ができるので衛生面も安心です。色の組み合わせ次第で、シックにもかわいくにも変化できる、おしゃれなボールプールです。

こちらの「ボールプール」は、MISIOO日本正規代理店であるface2face株式会社が取扱っている商品です。他の通販サイトで売られている「ボールプール」は、並行輸入業者による販売になるため、万が一、事故になった際は責任を負うことが出来ないのでご注意下さい。

 

まとめ

こうしてみると、おしゃれな育児用品がこんなに沢山あるんだなあと、つくづく実感しました。ほんの数年前に買った時は、こんな商品があるなんて全然知らなくて、あの時きちんと調べていれば、我が家のインテリアに合う商品を購入できていたかもと思うと、少し後悔しています。ただ、デザイン性と機能性が高いだけあって、価格も高価なモノが多く、私的にはもう少し低価格になってくれたら、出産祝いのプレゼントに活用したいなぁと思っています。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

夏休みの自由研究!小学校1年生の娘が初めて作ったのは貯金箱

  早いもので夏休みも終わりと告げようとしています。一部の地域ではすでに授業

記事を読む

【2019年】私が気になった便利な掃除グッズの紹介

  今年も残り1ヶ月と少しとなりましたが、今年中にしておかなければならないこ

記事を読む

卒業旅行におすすめ!全国人気テーマパークの紹介

  学生最後の一大イベントといえばやはり「卒業旅行」です。みなさん、国内にし

記事を読む

ストレス解消にぴったりの『ゼンタングル』をご存じですか?

  最近、大人向けのちょっとしたアートがブームになっているのをご存じですか。

記事を読む

『ポイ活』して年間約6000円の日用品をもらいました

  我が家も楽天をはじめ、色々なポイントを集めて活用しています。その中の一つ

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2017年5月】

  ゴールデンウィークの初日に今年初となるコストコに行ってきました。今年に入

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年5月】

  先日(5/30)の土曜日に、娘の友達家族と一緒にコストコへ行ってきました

記事を読む

お菓子の工園『グリコピア神戸』に家族で行ってきました!

  先日の休日に神戸市にある「グリコピア神戸」に家族で工場見学に行ってきまし

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2019年1月】

  あけましておめでとうごさいます。WESTマガジンは、今年も話題の時事ネタ

記事を読む

新生活に欠かせない生活家電!マストバイアイテムを紹介

  4月は地方から都会の学校に進学する新入学生や、学校生活を終え新たに社会へ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑