*

JR東日本開発の『痴漢通報アプリ』をご存じですか?

公開日: : ライフスタイル

 

先日、JR東日本が乗客の方が痴漢行為を受けた際にスマートフォンのアプリを使って声を出さなくても車掌に被害を連絡できるシステムの導入に向け、実証実験を行うというニュースを耳にしました。電車内の痴漢事犯の検挙件数は年間300件近くあり、これは毎日どこかで警察が乗りだす痴漢行為が1件近く起きているということです。また、女性の約7割の方が電車や道路などの路上ハラスメントを受けた経験があるという統計も出ており、その中には痴漢行為が原因で日常生活に支障が出ている方も多数いらっしゃいます。そんな長年女性を悩ませている痴漢行為の防止策として期待が持てる今回のアプリと、以前からある防犯アプリについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

JR東日本開発の痴漢通報アプリについて

現在開発中のこちらのアプリは、列車内で痴漢行為を受けた人がスマートフォンにインストールしたアプリに表示された通報ボタンをタップすると号車番号とおおよその位置が車掌のタブレット端末に通知されます。通報を受けた車掌は、車内放送で「〇号車のお客様より痴漢の通報がありました」などとアナウンスをするとともに同じアプリを入れている他の利用者に通知します。これにより被害者が自分で声を出さなくても周囲に気付いてもらい、痴漢行為を抑えるという仕組みです。

JR東日本では2月下旬から被害の訴えが多い埼京線で実証実験を行いシステムの効果を検証し、車内放送のやり方や内容について乗客の方が不快に思わないか等も調べ、できるだけ早い実用化を目指すそうです。

尚、JR東日本の深澤祐二社長は記者会見で「痴漢行為の被害者は周りの人になかなか助けを求められないという声もある。アプリで通報のハードルを下げ、痴漢を防止していきたい」と述べられています。

スポンサードリンク

防犯アプリ「Digi Police」

こちらは、警視庁が提供する防犯アプリで2016年の配信開始から2019年6月までのダウンロード数が約26万9000件と行政機関がリリースしたスマホアプリとしては異例のヒットを記録している。

このアプリがとにかく使いやすさにこだわったアプリで、アプリ画面の下部にあるメニューは「防犯ブザー」「ホーム」「痴漢撃退」だけにし、ワンタッチだけで警戒音を鳴らすことができます。「痴漢撃退」をタップすると「痴漢です。助けてください」という文字が表示され、周囲の人に助けを求めることができ、その画面をさらにタップすると「やめてください」と被害を訴える音声が流れます。また、「防犯ブザー機能」は画面をタップすると大音量の電子音が鳴ります。このようにシンプルな機能が緊急時にも直感的に操作できると多くの方に支持されています。

他にも、東京都限定ではありますが「マイエリア」として住んでいる地域や通学地域等を登録(3カ所まで)すると、そのエリアでひったくりや通り魔、子どもへの声かけなど不審者情報が発生した場合、プッシュ機能やメールで犯罪発生状況を知らせてくれる便利機能も搭載しています。

 

電車内で痴漢から身を守るためにできること

専門家が推奨している自分で出来る電車内での痴漢被害予防対策を紹介いたします。

混雑の激しい車両はできるだけ避ける!

混雑しやすいエリアは犯人が誰だかわかりにくいので発生率が高いので避けましょう。

ドア付近や逃げ場のない場所に立たないようにする!

左右のドアとドアの間の痴漢発生率は圧倒的に高く、特にその中でもドアのすぐ横の四隅での発生が一番多いと言われています。ドア付近は混雑しやすく犯人が誰だかわかりにくい上、もし被害者に気付かれても駅に着けばすぐ逃げられる等の点がその理由と考えられています。

防犯グッズを持つ!

痴漢をする者は、通勤や通学中に痴漢行為を行うことが多く、そうすると被害者に抵抗をされるや自分が捕まる等の会社や学校への到着に影響が出ることは避けようとする傾向があるそうですなので、自分は痴漢対策をしているというアピールをすることで、対象に選ばれにくくなります。なので、鞄の見えるところに防犯ブザーを付け、痴漢をけん制するのも効果的です。

女性専用車両を利用する!

一番簡単で一番効果があるのが女性専用車両を利用することです。ただし、女性専用車両は法律で男性の乗車を禁止しているのではなく、あくまでも各鉄道事業者が男性の利用者に任意で協力を求め運用しているものです。なので、例えば障害をお持ちの方やその介助者、誤って乗車された方を無理に移動させるということはできませんのでその点はご注意ください。

 

まとめ

私自身は勿論、周りの友達の殆どが今までに一度は痴漢行為を受けたことがあり、これは女性にとってとても重大な問題だと思っています。私は通勤に電車を利用していますがその際は必ず女性専用車を利用し、痴漢回避を行っていまず、私のように女性専用車がある列車に乗ることができない方もいらっしゃると思います。そのような方には、この痴漢通報アプリは心強いアイテムになると思います。JR東日本だけでなく、今後は是非とも他の鉄道会社でも検証・導入してほしいと思います。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

【2018年】読書感想文にぴったりなおすすめ『絵本』の紹介

  夏休みも残り1ヶ月をきりました。我が家では去年から夏休みには、学校の

記事を読む

意外と知らない栄養価アップの『食べ合わせ』を紹介します!

  日本人は以前から健康や美容に対する自己管理意識が高く、その影響かテレビや

記事を読む

長年活躍して来た我が家の洗濯機を寿命のため買い替えました!

  2002年の結婚と同時に買った洗濯機が最近、調子が悪く、時々すごい音を立

記事を読む

NBA観戦のため人生初『ロサンゼルス』へ行ってきました【前編】

  元旦から1月5日までの5日間、40代にして人生初のアメリカ本国ロサンゼル

記事を読む

春の七草ご存知ですか?1月7日に七草粥を食べましょう!

  日本では、1月7日に七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習があります。これは

記事を読む

夏の時期に持っていたら便利なオススメグッズを紹介!

  夏といえば、熱中症や食中毒、女性の方は日焼けや肌のお手入れ等、気になるこ

記事を読む

大掃除をラクにしてくれる便利な掃除グッズの紹介

  今年の汚れ落とし、来年を気持ちよく迎えるために行う年末の大掃除。そんな時

記事を読む

5歳になる娘の為に子供部屋を『イケア』で作ってみました!

  もうすぐ5歳になる娘から自分の部屋が欲しいと以前から言われていたのですが

記事を読む

寒い季節は、生姜パワーで体の芯から温めましょう!

  冬の季節は寒い日々が続き、外へ出かけるのが億劫になってしまします。そんな

記事を読む

『松葉ガニ』解禁になったので、食べに行ってきました!

  テレビやネットでカニ解禁がニュースされており、色々な「カニツアー」や「カ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

【実録】美容皮膚科クリニックのキャンセル料請求の危険な罠

  今回の記事は、最近実際に起こった美容皮膚科

→もっと見る

PAGE TOP ↑