*

【2017年】夏に流行りそう?!話題のひんやりスイーツを紹介

公開日: : 最終更新日:2021/07/26 おすすめ情報, グルメ

 

今年も冷たいモノが食べたくなる暑い季節が近づいてきましした。そんな暑い時期に食べたくなるのが、火照った体と疲れを癒してくれる「ひんやりスイーツ」です。今年も夏本番に向けて、すでにたくさんの商品が登場しています。そこで今回は日本初上陸や新感覚なモノまで、バラエティーに富んだスイーツ中で私が気になった商品をいくつか紹介したいと思います。スイーツ好きの方、必見です。

スポンサードリンク

コットンキャンディーアイス

こちらは、海外のSNSで話題になった食べられる容器「コーンショット」の日本初専門店として今年1月にオープンした「Anywhere Door(エニウェア・ドア)」から夏季限定で登場するスイーツで、北海道産ミルクを贅沢に使った濃厚バニラアイスにホワイト・ピンク・ブルーといったカラフルなコットンキャンディー(綿あめ)をデコレーションし、さらにその上に、カラーポップコーンやカラーシリアルなどのバラエティーに富んだトッピングをデコレーションした見た目もかわいい新感覚スイーツです。コットンキャンディー(綿あめ)のカラーは日替わりとなっており、トッピングは、「カラーポップコーン」「カラーシリアル」「カラースプレーチョコ」「カラーパスカル」「ラズベリー顆粒」「マンゴー顆粒」「チョコレートクランチ」の中から自分の好きなモノを2つ選び、自分だけのオリジナル「コットンキャンディーアイス」を作ることができます。ロンドンではすでに大人気で、日本でもその見た目がSNS映えするとインスタグラムユーザーからすでに注目されています。「コットンキャンディーアイス」は6月12日(月)から11月の間の販売予定となっています。

販売店情報

店名

Anywhere Door(エニウェア・ドア)原宿店

住所

東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG1A

電話番号

03-6721-1995

営業時間

11時~19時

 

フルーツボンボン

こちらは、韓国にあるカフェ「cafe de paris(カフェドパリ)」の看板メニューで、オリジナルレシピで作った特製スムージーの上にホイップクリーム、フルーツ、たっぷりとトンピングした高さ約20cmのフルーツパフェです。地元の若者は勿論、旅行客にも大人気で韓国では行列が出来るお店としても有名です。メニューは季節ごとに入れ替り、一番人気の「タルギ(イチゴ)ボンボン」は11月から最長5月頃、「チェリーボンボン」は6月から9月頃、「マンゴーボンボン」はオールシーズンとなっています。※ボンボンはフランス語で「甘い砂糖菓子」を意味します。
「cafe de paris」はまだ日本に店舗はありませんが、最近日本でも「フルーツボンボン」をメニューとして出すお店が登場しています。その代表的なお店が青山、六本木、銀座に店舗を構える「ELLE cafe(エルカフェ)」で、季節のフルーツ、スムージー、豆乳ホイップをたっぷり使用した「スムージーボンボン」を数量限定で発売しています。先日オープンした商業施設「ギンザシックス」内の店舗では、「ストロベリーボンボン」「マンゴーボンボン」に加えてここでしか味わえない完熟メロンを使った限定ボンボン「完熟プレミアムメロンボンボン」も登場。11時からの数量限定発売となっています。

販売店情報

店名

ELLE cafe(エルカフェ)ギンザシックス店

住所

東京都中央区ギンザ6-10-1 B1F

電話番号

03-6274-6214

営業時間

10時30分~20時30分

公式HPはこちら

スポンサードリンク

フローズンポップコーン

こちらは、カリフォルニアにある大人気スイーツセレクトショップ「Sweet XO(スイートエックスオー)」が手掛けるフローズンポップコーン専門店「Sweet XO Good Grief(スイートエックスオーグッドグリーフ)」が発売しているアメリカで大人気のスイーツで、オリジナルレシピで作った凍らせても、常温でもどちらでもおいしく食べることができる世界初のポップコーンです。特徴は、1粒のポップコーンに3種類のフレーバーがコーディングされていることで、それにより食べている間に味が3回も変化し、色々な味が楽しめます。また、グルテンフリー(小麦不使用)とラクトースフリー(乳糖不使用)で作られているので小さなお子さんでも安心して食べられるという嬉しいポイントも。去年オープンしたアジア1号店となる「原宿竹下通り店」では、三温糖を使ったオリジナルジェラートにたっぷりのフローズンポップコーンをかけ、キャラメルソースなどでデコレーションした「フローズンマウンテン」が日本限定商品として発売中です。

販売店情報

店名

Sweet XO Good Grief(スイートエックスオーグッドグリーフ)原宿竹下通り店

住所

東京都渋谷区神宮前1-16-6​原宿77ビル1F

電話番号

03-5413-6683

営業時間

11時~20時

 

生クリームあんぱん

こちらは、パンのワールドカップとも称される国際コンクール「モンディアル・デュ・パン」のPR大会で日本代表も務めた、横浜にある手作りパン屋「Bon Vivant」オーナーブーランジェ・児玉圭介氏監修の生クリームあんぱん専門店「生クリームあんぱん原宿」の看板メニュー。モチモチした薄めのパン生地は「冷やしても固くならない」独自の製法作られており、その生地にプロをも唸らせた「究極に軽やかな生クリーム」と甘さをおさえたこだわりの餡がたっぷり詰め込まれています。その上品な甘さから女性のみならず、男性からの支持も厚く、こだわりの食材による贅沢なバランスの「生クリームあんぱん」は、「奇跡の新食感」と様々なメディアで注目を集めています。

販売店情報

店名

生クリームあんぱん原宿

住所

東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2階

電話番号

03-6459-2210

営業時間

11時~21時

 

芋園

こちらは、アジア諸国を中心に世界で505店舗を展開する台湾スイーツ専門店「MeetFresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ シェンユイシェン)」の人気メニューで、芋から作った「芋園(イモエン)」という団子と、大粒のタピオカ、豆、芋などを黒糖シロップのかかったかき氷の上にトッピングした、シンプルな味わいのスイーツです。「MeetFresh 鮮芋仙」では他にも巨大なかき氷や仙草や豆花を使ったスイーツがラインナップされており、どれもアジア圏では絶対な人気となっています。今年の4月に赤羽にオープンした日本1号店には、オープン当初、日本人だけでなく、旅行で訪れたアジア系観光客も大勢詰めかけ、連日大行列となっていました。

販売店情報

店名

MeetFresh鮮芋仙(ミートフレッシュ シェンユイシェン)赤羽本店

住所

東京都北区赤羽2-21-2 SD.Build-1F

電話番号

03-5939-9500

営業時間

11時~21時

公式HPはこちら

 

まとめ

今回紹介したスイーツは今の主流でもある「インスタグラム映え」する見た目にインパクトがあるモノから、「素朴」な見た目のモノまで幅広いラインナップとなりました。どれも現在のところ、東京にしか店舗がないので、関西在住の私としては、今年中にこちらの地域でも出店してほしいと思います。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想を紹介

  私は自他共に認めるお菓子大好き人間で、毎日1種類は必ずお菓子を食べていま

記事を読む

関西で人気のカレー屋さん!「船場カリー」vs「上等カレー」

  私はカレーが好きで、カレーをよく食べに行きます。関西の数あるカレー屋さん

記事を読む

人気の『北欧ブランド』の中で今注目のおすすめショップを紹介

  今や日本全国で多くの店舗を見かけるようになった北欧ブランド。とくに北欧雑

記事を読む

『第6回KOBE豚饅サミット2016』開催決定!今年はくまモン登場

  この時期恒例の神戸南京町の食のイベント「KOBE豚饅サミット」が今年も開

記事を読む

幻想的な古都の夜!京都&奈良のおすすめイベントを紹介

  夏の夜は花火大会やビアガーデン等、楽しいイベントが盛り沢山で、私が住んで

記事を読む

ディズニー旅行で宿泊した『パームテラスホテル』について!

  先日、親戚3家族でディズニーランドとディズニーシーに行ってきました。卒業

記事を読む

『’17食博覧会大阪』vs『カレーEXPO2017』!あなたはどちら派?

  大阪では今年のゴールデンウィークに人気の2大フードイベントが同時期に開催

記事を読む

卒業旅行におすすめ!全国人気テーマパークの紹介

  学生最後の一大イベントといえばやはり「卒業旅行」です。みなさん、国内にし

記事を読む

『第5回KOBE豚饅サミット2015』開催決定!

  去年もプログで紹介しました「KOBE豚饅サミット」が今年も開催されること

記事を読む

NYで話題の『チョップドサラダ』!今イチオシのサラダを紹介

  7月6日は「サラダ記念日」なのを皆さんご存知ですか?これは、歌人の俵万智

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日経MJが2022年上期ヒット商品番付発表!注目の1位は?

  今日発行の日経MJで「2022年上期ヒット

今から注目!2022年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

日経MJが2021年ヒット商品番付発表!今年の横綱は?

12月3日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマー

日経トレンディが大胆予測!2022年ヒット予測ベスト30を紹介

  前回のブログで紹介しました「2021年ヒッ

日経トレンディが気になる2021年ヒット商品ベスト30を発表!

先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「

→もっと見る

PAGE TOP ↑