*

生活習慣病である『糖尿病』!意識して対策していますか?

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 ライフスタイル

tounyoubyou_taitle_1024

 

最近、アラフォーに近づきつつある私が一番気にしている事は、30代前半よりも圧倒的に運動量が減り体力低下したことと、暴飲暴食による食生活の乱れとストレス、睡眠不足などによる健康面です。特に生活習慣病と言われている「糖尿病」が、ここ近年では気になる病気です。現在、日本には糖尿病の患者が約950万人、糖尿予備群が約1100万人もいると言われています。合計すると、国民の5人に1人が糖尿病有病者になる計算です。私も、健康診断で数値は小さいながらも糖尿予備群と診断された経験があります。年齢性別関係なく、誰もがかかる可能性がある病気なので、まずは糖尿病という敵を知り、正しい知識の上で、対策をとることが重要です。人生健康が第一と言いますが、正にその通りなので、是非今後の健康管理にお役立てしていただければ幸いです。

尚、今回は日本で糖尿病者の95%を占めている「2型糖尿病」について説明します。

スポンサードリンク

糖尿病って、どんな病気なの?

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気です。健康な方であれば、食後に増えた血液中のブドウ糖は「インスリン」というホルモンによって体内(細胞)に取り込まれ、エネルギー源となります。糖尿病になってしまうと、インスリンの量が少なくなり尚且つ効きも悪くなります。血液中のブドウ糖が体内(細胞)に取り込まれずに、血糖値が高いままになってしまいます。初期レベルは特に症状が出ませんが、徐々に血管や神経が損傷し、様々な合併症を引き起こします。ここが糖尿病の怖い点です。

スポンサードリンク

重症化するとどうなるか?

高血糖の状態が長く続くと、血管や神経が損傷し、様々な合併症を引き起こす怖い糖尿病。そこで、合併症の種類を知っておくことが重要です。

三大合併症と言われる病気

  1. 糖尿病神経障害:神経が損傷し手足が痺れたり、痛みを感じなくなる症状
  2. 糖尿病網膜病:目の網膜の血管が脆くなり、最悪失明してしまう症状
  3. 糖尿病腎症:腎臓の血管が脆くなり、尿が作られなくなり、人工透析が必要になる症状

 

その他の合併症

  • 壊疽(えそ):血管と神経が脆くなり、足指などが膿んでただれ、最悪切断することになる症状
  • 脳卒中:脳の血管が詰まったり破れたりして、麻痺などの後遺症を招く症状
  • 虚血性心疾患:心臓の血管が詰まり、命に関わる発作を招く症状

上記のような、身の毛もよだつ合併症を引き起こす糖尿病。正しい知識を得る事で、予防対策を真剣に考えないといけませんね。

厚生労働省の調査で、糖尿病の治療を受けない方や、中断してしまう方が、全体の3分の1を占めているそうです。理由は、「とくに症状がでてないから」「通院時間ない」「医療費が負担で」「食事制限に疲れた」等だそうです。無治療期間が長くなると合併症の危険が高くなるので、治療は続けることが大切です。自分自身が同じ立場なら頑張って通院すると思います。
ちなみに、厚生労働省の国民医療費の発表で、糖尿病医療費は平成24年度には1兆2,088億円もかかっているそうです。かなりの高額医療費がかかることがこの金額をみて分かります。合併症を引き起こす前に、早めの治療を心がける方がいいですね。

 

糖尿病を正しく予防するにはどうすればいいの?

糖尿病になる方の多くは、遺伝的素因によりかかりやすい体質が原因で、それにプラスして食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣が影響して発症していると言われています。発症しないようにするには、どうすればいいのか?
下記のような行いは見つめ直してみてはいかがでしょう。

  • 食事時間が不規則
  • 天ぷら等脂モノが大好き
  • 三度の飯よりお酒が好き。浴びるほど飲む
  • 甘い物には目がない
  • 野菜や海藻類が嫌い
  • 運動自体しない
  • ストレスで溺れそう
  • 休みがなくいつも疲れている

日々の生活習慣をチェックして糖尿病を招きやすい行いを見直すことが大事ですね。

 

もし高血糖と診断されたらどうすればいいのでしょうか?

糖尿病は、初期段階が重要です。健康診断で高血糖と診断されたら、迷わずに病院へ行きましょう。定期的に血糖値を確認して、食事や運動などの生活習慣について指導を受けることが大事です。糖尿病の治療には、「食事療法」と「運動療法」があり、血糖値を適正にコントロールする必要があります。場合によっては「薬物療法」が必要になります。

余談ですが、私の知り合いで糖尿病を患っている方がいるのですが、その方は中学生時代に運動をすることもなく、スポーツドリンクを毎日飲み続けた結果、糖尿病になってしまい、インスリン注射を必要とする生活を送っています。新陳代謝が悪い方や、運動をしない方が加糖飲料水を飲む場合は、気を付けた方がいいでしょう。通称ペットボトル症候群とも言われており、子供が急性糖尿病で病院に運ばれることも多くあるようです。

 

まとめ

今回、何故突然に糖尿病に対して危機感を持ち始めたかと言うと、意外と自分の周りに糖尿病患者が多いことに気付いたからです。私自身、年齢も重ねメタボになりやすい体質になってきたことや、長い間ライフワークとして活動していたスポーツを去年引退して運動不足になっていることが大きな要因です。やっぱり健康が一番大事なので、今回得た知識を忘れず日々の生活をおくって行きたいと思います。

ちなみに、糖尿病が心配な方は、人間ドックレベルの詳細な血液検査を無料で行える医療機関がありますので、一度検診を受けられてみてはいかがでしょうか。場所は、東京と大阪で実施しております。
詳しくはこちらへ↓
血圧、コレステロール、血糖値が高めの方へ。無料生活習慣病検診実施中

スポンサードリンク

関連記事

正月旅行で宿泊した有馬温泉元湯『古泉閣』について!

  いつも我が家の年末年始は、実家に帰省しちょっと多めの親戚一同が集結してダ

記事を読む

娘は『子宮内胎児発育遅延』での出産を乗り越え無事育ちました

  我が家の娘は、結婚10年目にして初めての妊娠で授かった子供です。長い間、

記事を読む

話題のTSUTAYA図書館!今度は神奈川県にオープン!

  2013年4月に佐賀県武雄市図書館で話題となったTSUTAYA図書館が、

記事を読む

巨大フードフェス『まんパクin万博2015』に行ってきました!

  三連休の最終日10月12日(月)に家族で大阪の万博記念公園で行われている

記事を読む

パパママ必見!子供の成長を伸ばす生活リズム改善方法

  最近、幼児の睡眠時間の減少つまり睡眠不足が問題になっていることを御存じで

記事を読む

長年活躍して来た我が家の洗濯機を寿命のため買い替えました!

  2002年の結婚と同時に買った洗濯機が最近、調子が悪く、時々すごい音を立

記事を読む

娘が扁桃腺肥大手術を受けました。完治までの道のり!!

  先日、もう少しで4歳になる娘が扁桃腺肥大の手術を受けました。度重なる発熱

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年5月】

  先日(5/30)の土曜日に、娘の友達家族と一緒にコストコへ行ってきました

記事を読む

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年12月】

  日曜日に今年最後のコストコに行ってきました。その日は実家でクリスマスパー

記事を読む

『コストコ』店員が教えてくれた隠れた人気商品を紹介!

  昨日の祝日、家族で久しぶりにコストコへ行ってきました。コストコには、プル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男性の方必見!女性が喜ぶホワイトデー商品を紹介【2017年】

  昨年にひき続き今年もバレンタインチョコのお

密かに話題になっているオシャレで個性的な『はんこ』を紹介

  私たちが生活するにあたって切っても切れない

画期的な新型冷凍食品『おにぎり丸』をご存じですか!

  最近、めまぐるしく進化していると話題になっ

『こめ油』は意外と身近に利用されているスーパーフードです

  先日インターネットを見ていると社団法人日本

大人も子供もハマる『キャラクターカフェ』を紹介【関西編No.3】

  今回は、すでに何度か紹介させていただいてい

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑