*

食の祭典『’17食博覧会大阪』に家族で行ってきました!

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 グルメ

 

5月6日に、ブログでも紹介している「’17食博覧会大阪」に行ってきました。当初は入場料が高いのでどうしようか迷っていたのですが、勤め先から3人分の無料招待券を頂けたので姉夫婦と我が家の5人で行ってきました。あれから何度かテレビでも紹介されているのを拝見し、大勢の人が訪れているのでは?と思っていましたが、案の定、凄い人で正直びっくりしました。そこで今回は、「’17食博覧会大阪」に実際に行って印象に残ったことを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「’17食博覧会大阪」詳細情報

開催期間

2017年4月28日(金)~5月7日(日)

住所

大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102 インテックス大阪

開催時間

11時~20時(最終日は19時まで)

入場料

高校生以上:2,200円
小中学生:1,100円

公式HPはこちら

スポンサードリンク

「日本の祭りライブステージ」の紹介

入場するとすぐに目にするのが「日本の祭りライブステージ」で、お囃子で私たち入場者を迎えてくれます。この日は和太鼓の演奏と、よさこい踊りなどが行われる予定でしたが、結局時間の都合で見ることができませんでした。

「日本の祭りライブステージ」のとなりには「宴テーマ館」があり、そちらでは裏千家の呈茶席が設けられていましたが、開場直後にもかかわらず多くの方が並ばれていました。その奥には「東北三大祭り」コーナーがあり、青森ねぶた祭の「天慶の新皇 平 将門」が展示されていました。すごい迫力の作品で青森ねぶた祭には行った事はありませんが、是非実際に見てみたいと思いました。

 

「4号館 新食館」の紹介

こちらは、企業が展開する展示場が集められており、関西電力のブースではイメージキャラクターの「はぴ太」が登場するショーや「はぴ太のホットケーキ工房」という無料で「はぴ太」の形のホットケーキを作るコーナーがあり、多くの人が参加していました。

「はぴ太のホットケーキ工房」は午前で待ち時間は約35分とな直後に行くことをおすすめします。他には以前ブログで紹介した「神明」の「高速小型炊飯器poddi(ポッディ)」や、キリンビールの地元限定の一番搾りと料理が楽しめるコーナー、ワインの試飲コーナーなど飲食だけでなく、子供が踊るブースなどエンターテインメントに富んだ展示物が多かったです。

その中で、私たちが実際に体験したのは、大阪ガスのブースにある「美食の宴」というイベントで、こちらは日本の伝統行事のメイン食材を和食と世界の料理で調理し合い、食べ比べるというもので、調理は「辻調理師専門学校」の講師の方々が担当してくれていました。私たちが行った6日は「桃の節句」のメイン食材「菜の花」をテーマに、「炙り帆立と菜の花の宝箱」という炊き込みご飯の上に味付けされた菜の花と炙り帆立など色とりどりの食材がトッピングされた和食と、「菜の花のトルテッリ生ハム添え」という「トルテッリ」という生パスタの中に菜の花とチーズを詰め、菜の花のソースでいただくイタリア料理をいただくことができました。実は私は菜の花の苦味が苦手だったのですが、そんな私が思わず美味しい!と感動するほどの料理でした。さすがプロの料理人の方はすごいと改めて実感しました。これが無料でいただけるのはすごく得した気分になりました。他の日は「鯛」や「筍」、「鰻」をテーマに味比べが行われていたようでそちらも食べてみたかったです。

 

「6号館A 食博楽市(日本の味)」の紹介

こちらは、全国各地の美味しいモノが集められた展示場で、肉類から海鮮類、スイーツまであらゆる食べ物が集まっていました。正直たくさんあり過ぎてどれを買っていいのかわからなかったので、とりあえず人が並んでいるモノを買ってみました。まず最初に買ったのは、「よしもと芸人オススメ!GIFTの肉プロ!!」の「A5ランク・ステーキ」でこちらはA5ランクのお肉を1000円で食べられるということですごく期待していたのですが、実際購入してみると、その少なさにびっくり。よくよく考えれば妥当なのかもしれませんが期待外れでがっかりでした。

次に購入したのがまぐろの解体ショーを行っていた「大起水産」の「本鮪づくし盛合わ」でこちらは大トロや鉄火巻が入って、お値段が1000円ととてもお買い得でした。味も最高で、お肉で沈んでいた気分が一気に上昇しました。2500円の詰め合わせでもよかったかもと少し後悔しました。

最後に買ったのが娘のリクエストでもある唐揚げで、唐揚げの激戦地・九州の唐揚げと地元・兵庫県の唐揚げを食べ比べてみることにしました。九州の唐揚げは「大分からあげ 弥栄」のモノで、こちらは「骨なし唐揚げ」「骨付きモモ肉」「手羽先」と色々種類があり、どれも美味しそうでした。その中で、娘が食べやすい「骨なし唐揚げ」を購入しましたが、ジューシーな鶏肉とカリカリと皮の組み合わせがとても美味しかったです。

兵庫の唐揚げは「中日本 味バラエティ部門 最高金賞」に輝いた「揚匠しげ盛」のモノで、定番の「醤油味」と「柚子胡椒マヨネーズ味」のセットを購入しましたが、「柚子胡椒マヨネーズ味」はマヨネーズの味が強く、好き嫌いがはっきりする商品だと思います。「醤油味」はあっさりしていて美味しかったのですが、私的には「大分からあげ 弥栄」のジューシー感がとても好みでした。

 

「6号館B 食博楽市(ワールドフード)」の紹介

こちらは世界各国の料理が勢揃いしている展示場で、今回の食博で一番期待していた「ジャーマンビアフェスト」がありました。ドイツのソーセージやオージービーフ、タンドリーチキンなど世界のおつまみ料理もあるので、ビールがどんどんすすんだのですが、ほとんどのビールが一杯1000円前後となかなかの高額だったのが少し残念でした。

 

スタンプラリーで景品をいただきました

今回の食博では子供の好奇心を刺激する企画としてスタンプラリーがありました。5つのチェックポイントでスタンプを集めるのですが、「手洗いステーション」の横に設置されていて子供の衛生管理にも一役かっているアイデアだったので、保護者としては関心しました。ちなみに、全部のスタンプを集めるとレトルドカレーをプレゼントとしていただきました。

 

まとめ

私たちは、開場30分前に到着したのですが、その時点ですでに多くの人が入場門の前に並んでいて、あまりの多さに会場が5分早くなりました。入場門を超えるとすぐにメインキャラクターの「フッピー」とご当地キャラクターがお出迎えしてくれ、子供達がこぞって写真を撮っていました。

入る前は、11~20時までの長時間開催でそんなに遊べるのか正直疑問でしたが、開場の広さとイベントの多さに、これだったら最後まで十分楽しめるなぁと思いました。私たちは15時までしかいませんでしたが、半分くらいしか堪能できなかったので、次回機会があればもっと隅々まで楽しみたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

チーズを使った新商品が続々登場!知って得する情報も紹介

  チーズについて 食卓に欠かせない食材となったチーズには、製造方法によって「

記事を読む

サーティワンアイス史上初の『温冷スイーツ』が新登場!

  近年、温かい部屋で冷たいアイスクリームを好んで食べる「冬アイス女子」が増

記事を読む

9月9日は『ロールケーキの日』!2016年新商品を一挙紹介

  お手頃な価格と持ち運びに便利なことから今や手土産スイーツと定番となった「

記事を読む

【最新】万能調味料!誰でも簡単に美味しい料理が作れます!

  共働きや子育てで忙しい主婦の方や節約の為自炊している方に人気で年々売り上

記事を読む

朝食の定番『食パン』!2016年売上ランキングから新商品まで紹介

  毎年、様々な種類が登場している「パン」ですが、その中でもついつい買ってし

記事を読む

【2017年】コンビニ大手3社の春のおすすめ商品を一挙紹介!

  去年の「ファミリーマート」と「サークルKサンクス」の統合に続き、先日、今

記事を読む

おせち特集!2015年のチョッと気になるおせちを紹介

  お正月に食べる料理といえば、やっぱり"おせち"です。今年も、各店思考を凝

記事を読む

【2018年】これで福を呼び込もう!おすすめ『恵方巻き』の紹介

  もうすぐ2月3日の節分を迎えますが、節分で連想するものといえば、やはり、

記事を読む

一度は食べてみたい全国の『中華まん』おすすめ10選

  私が住む神戸市は、日本三大中華街である「南京町」がある街で有名です。近く

記事を読む

大人の方必見!今話題の『高級版』定番菓子を紹介

  先日をニュースを見ていると大阪の阪急うめだ本店で人気チョコレート菓子「メ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2019年7月】私が『無印良品』で見つけたおすすめ商品の紹介

  今週末に家族で無印良品に行ってきました。今

【2019年夏】話題のローソン新商品!実際に買って食べてみました

  2019年3月の発売から現在までに累計販売

【営業マンの基本】訪問計画の作り方

  営業マンは、限られた時間の中で何軒も顧客訪

『スカイビュッフェ51』のランチに家族で行ってきました!

  先日の週末に姉家族と一緒に大阪市内にあるア

次世代ロボットトイ『toio(トイオ)』の体験会に行ってきました!

  先日紹介させていただいた「2019年上期ヒ

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑