*

ランドセルはもう買いましたか?人気メーカーをいろいろ紹介

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 おすすめ情報, ビジネス

randoseru01

 

近年ランドセルの購入ピークが12月~2月から、お盆に変わりつつあります。お盆の帰省の際に、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に買い求める傾向が強くなっていることが要因と考えられています。人気の価格は3万円台~4万円台で、各社この価格帯の商品を多く取り揃えています。

スポンサードリンク

ランドセル購入のチェックポイント

1.収納
Aフラットファイルが収納可能か。

2.背負いやすさ
肩ベルトの形状と背中クッションのフィット感が良いと、重いランドセルも軽く感じます。

3.丈夫さ(素材)
クラリーノ・・・雨や汚れに強く手入れが簡単な人工皮革。
牛革・・・丈夫で型崩れしにくく、使い込むと味が出てくる。
コードバン・・・上品な艶が特徴で希少な素材(馬のお尻の革)

4.安全性
反射ベルトや反射ビョウの有るなし。

5.重さ
実際に背負ってみて、体感重量を試してみる。

6.色・デザイン
6年間使うので、すぐに飽きてしまうカラーやキャラクター物はNG。

スポンサードリンク

人気ランドセルメーカー

フィットちゃんランドセル

“フィットちゃん”の特徴はなんといっても背中にフィットする背負いやすさです。新型フリコと新型背カンにより、ランドセルと背中のすき間が大幅に減少。その結果、お子さんの肩への負担が少なくなりました。内部に衝撃を吸収する緩衝剤を施したダブルクッション肩ベルトも、肩への局所負担を軽減しています。背あてに使用している「エアーフレッシュ」は、通気性、撥水性、防汚性に優れた新素材で、お子さんの背中を清潔に保つことができます。

詳しくはこちらへ

ララちゃんランドセル

こちらはオーダーメイドランドセルとオリジナルランドセルの2種類から選べます。オリジナルランドセルは、花モチーフや刺繍スティッチ等、可愛らしいデザインの物が中心なっています。老舗メーカーらしく、完成度が高い事でも有名。約300の製造工程で作られており、素材選びから製造まで、熟練した職人が手づくりで仕上げています。主な素材は本革のような光沢がある、傷がつきにくい人工皮革、ベルバイオ5を使用。6年間使っても殆ど新品のような耐久性があります。背負い部分はお子さんが動き回ってもランドセルがいつも背中にフィットするよう作られています。また、肩ベルトも人間工学に基づいたカーブがデザインされています。衝撃吸収パッドも施されていて、教科書等で重くなっても肩への負担はあまり感じないそうです。

詳しくはこちらへ

萬勇鞄(まんゆうかばん)

1950年創業の名古屋の老舗ランドセルメーカーです。素材の仕入れから、組み立てまで一貫し自社内工場で製造しており、職人の技が光る技術にも定評があります。天然皮革のコードバン、牛革は社長自らが厳選したもので、全ての工程を手作業で完成させたランドセルからは、手作りならではの温もりを感じることができます。特に壊れやすいヘリ等の接合箇所は歪みやズレのないよう、一針、一針丁寧に縫いこんでいるので、見た目も綺麗です。また同じデザインで合皮(クラリーノ)の物もあり、好みの質感を選択できるのもうれしいですね。

詳しくはこちらへ

ハネッセルランドセル

あの大ヒット商品「ヒートテック」をユニクロと共同で開発した素材メーカー『東レ』とファスナー製造メーカー『YKK』が共同で開発したランドセルです。東レはこのランドセルの為に、新素材エクセーヌクラッセを開発しました。エクセーヌクラッセは、8年間の耐久力と、傷に強い素材になっています。ハネッセルランドセルは、軽い装着感に加え、すっきりしたデザインが高級感を感じさせてくれます。 体に触れる部分全てに、通気性のよい柔らかなクッション素材を使用し、抜群のフィット感になっています。また、傷がつきにくい耐久性のある素材を使っているので、お子さんが乱暴に扱っても安心です。さらに『YKK』が開発した「ラチェットアジャスター」は、従来は降ろしてランドセルのベルトを変更しなければならないところを背負ったままの調整を可能にしました。これにより、1年生から高学年まで、体の成長に合わせてベルトの微調整ができます。

詳しくはこちらへ

鞄工房山本(2015年度分のモデルは全品完売)

鞄工房山本のランドセル最大の特徴は、素材へのこだわりにあります。使われている素材は、牛革、ヌメ革、コードバン等、大人の鞄などにも使われている高級皮革です。また、それらの素材を仕上げるのは、技術を持つ革職人たちです。機械に使わず、全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げるランドセルは、世界に一つだけの特別な物になります。革職人ならではの技術は、革の漉き(薄くする技術)や縫製にも現れ、その結果、本革のなのに人工皮革とほぼ変わらない重さに仕上げることが可能になりました。6年間使っても殆ど形が変わらない、高い耐久性もうれしいです。また、良い素材を使っているので、使えば使うほど素材に味が出るのも特徴の一つ。革本来の良さを楽しめます。

詳しくはこちらへ

 

まとめ

最近ニュースで日本製のランドセルが外国人観光客の間でブームになっていると報道されていました。関西国際空港の免税店で、中国人や欧米人が買い求める姿が多く見られるようになりました。実はヨーロッパではファッションアイテムの一つとしてランドセルを使う人が多く、このような現象になったようです。少子化の影響で国内需要が縮小されつつある現在、ランドセル業界にとっては朗報です。我が家でも、近々ランドセル購入を検討しなくてはいけません。出来る限り、自分たちのニーズにあったランドセルを選定したいと思います。

スポンサードリンク


 

関連記事

【最新調理家電特集】これを使えば料理がもっと楽しくなります

  4月になって、入学や就職などで新たな生活をはじめる方や何か新しい事にチャ

記事を読む

LEGO(レゴ)特集!クリスマスプレゼントにおすすめ!

  これからクリスマスに向けて、お子さんのプレゼントに悩まされる方もいらっし

記事を読む

LEGO(レゴ)特集!男の子向けレゴの新商品を紹介

  前回のブログでは、女の子向けの「レゴ・フレンズ」の新商品を紹介しましたが

記事を読む

1月10日は十日戎!関西の有名えびす神社を紹介

  今週末の土曜日(1/10)は、関西ではお馴染みの十日戎です。えびす神は、

記事を読む

『第5回KOBE豚饅サミット2015』開催決定!

  去年もプログで紹介しました「KOBE豚饅サミット」が今年も開催されること

記事を読む

運気がアップする!おすすめ2017年の干支『酉』スイーツを紹介

  2016年も残すところあとわずかとなりました。今年の干支の「申」は60年

記事を読む

9月9日は『ロールケーキの日』!秋の新商品を一挙紹介

  実は「ロールケーキの日」は6月6日と9月9日の年2回制定されており、その

記事を読む

今から注目!2016年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  去年のプログで紹介しました「2015年流行りそうな食べ物」につづき、今年

記事を読む

野菜好き必見!キューピーとヤサイな仲間たちカフェがオープン

  人気食品メーカー「キューピー」が、「野菜をもっと好きになる。」をコンセプ

記事を読む

リーダーシップ論!NBAスター選手から学んでみました

  先日、アメリカNBA(プロバスケットボール)のスター選手である、コービー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

流行する前に知っておきたい『インフルエンザ対策方法』

  毎年この季節になるとよく聞きにするのが、毎

【営業マンの基本】マーケティングマンになろう

  営業の最優先事項である「売上」を生み出すた

淡路島旅行で宿泊した隠れた名宿『南海荘』について紹介

  前回のブログで紹介した淡路島旅行の際に宿泊

子供達を連れて『淡路島』へママ友旅行へ行ってきました!

  娘が通う小学校では11月の第一土曜日に学校

日経トレンディが大胆予想!2018年ヒット予想ベスト20を紹介

  前回のブログで紹介しました「2017年ヒッ

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑