*

日経MJが2016年ヒット商品番付発表!キーワードは『熱狂』

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 ビジネス

 

12月7日付で日本経済新聞社が発行している「消費や流通等のマーケティング情報に特化した専門紙」日経MJ(Nikkei Marketing Journal)から「2016年ヒット商品番付」が発表されました。2016年の1年間を通して番付されたモノで、「2016年上期ヒット商品番付」と同じ商品や上期の発表以降に話題になった商品がランキングされています。今回の番付のキーワードはズバリ「熱狂、画面からリアルへ」で、その事柄を象徴する商品が多数選ばれる結果となりました。今回は今年1年、話題となった商品を総まとめした「2016年ヒット商品番付」を詳しく紹介したいと思います。

スポンサードリンク

2016年ヒット商品番付

この「ヒット商品番付」は、下記の通りに基づき作成されています。

日経MJが消費動向や世相を踏まえ、売れ行き、開発の着眼点、産業構造や生活心理に与えた影響などを総合的に判断して作成した。「東・西」は大相撲の番付表にならい東方が西方より格上であることを示す。

引用元:日経MJの1面より抜粋

東の番付

【横綱】ポケモンGO


任天堂がプロデュースし、グーグルから独立したナイアンティックが開発を担当した位置情報を活用したスマートフォン用ゲームアプリ。7月6日にアメリカなとで配信がはじまってからわずか1か月あまりで1億3000万ダウンロードを達成し、売上高も2億650万ドルを突破した。これは、ゲームアプリダウンロード数としては過去最速の数字でギネス社により世界記録にも認定されている。現在は5億ダウンロードを達成し、その経済効果は「ポケモノミクス」とも言われている。

【大関】シン・ゴジラ

映画チラシ『シン・ゴジラ』(B)10枚セット
今年の7月29日に公開されたアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明氏が総監督を務めたことでも話題のゴジラシリーズ最新作。興行収入が80億円を突破し本作品によりゴジラシリーズも累計動員数が1億人を突破した。邦画で動員1億人を超えたのは実写では初めてのこと。先日、2019年3月22日に続編が公開されることが発表されました。

【大関張出】ピコ太郎

【早期購入特典あり】PPAP(DVD付)(初回仕様)(大人用ピコ太郎なりきりエプロン付)
アメリカの人気ミュージシャン、ジャスティン・ビーバー氏が自身のツイッターでお気に入りと紹介したことがきっかけで海外で人気となり、その後日本に逆輸入のかたちでブームとなったミュージックビデオ「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を歌っている千葉県出身のシンガーソングライター。「PPAP」は10月28日に「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲(45秒)」としてギネスにも認定された。

【関脇】日産セレナ

ニューモデル速報 第539弾 新型セレナのすべて
高級輸入車向けだった「自動運転」を、普及価格帯のミニバンに搭載したことで人気を集め、発売1ヶ月で2万台以上の受注となった。12月2日には東京都が環境性能に優れたユニバーサルデザイン(UD)タクシーとしてセレナのタクシー仕様車を初めて認定し、報道陣に公開された。タクシー大手3社がすでに導入を発表し、今後2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け普及を進めていく方向です。

【小結】大谷翔平

大谷翔平 二刀流
北海道日本ハムファイターズに所属する、プロ野球史上でも類を見ない投手と野手を両立する二刀流選手。今年のパ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦で日本最速となる時速165キロの球速を記録した今や日本を代表する投手。今年の日本ハムファイターズの日本一の立役者といっても過言ではない。先日の契約更改では、球団より早ければ2018年にもメジャーに挑戦することを容認され、今後の動向が注目されている。

【前頭】トランプ現象

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 11/22 号 [ドナルド・トランプの世界]
過激な発言が何かと話題だったドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で大方の予想を覆し勝利、次期大統領に選出された。これにより円安や株高が進むなど日本経済にも大きな影響を与えた。

【前頭】低価格消費

しまむらやGUなどの低価格で高品質な商品が人気を集めた。また、今年に入ってから、「格安SIM」や「格安スマホ」の需要が高まっており、NTTドコモでも来春より端末料金が一括648円の格安スマホ「MONO」を発売すると発表した。

【前頭】メルカリ


日本最大のフリマ系アプリでダウンロード数は3000万を超えている。スマートフォンのカメラを使って簡単に商品を出品できるシステムと匿名の自宅配送サービスが人気の要因と言われています。11月にフォーブス ジャパンが発表した日本の次世代を担う起業家をランキングした「日本の起業家ランキング2017 BEST10」では、メルカリの社長である山田進太郎氏が1位に選出されています。

【前頭】フィンテック

図解入門ビジネス 最新FinTechの基本と仕組みがよ~くわかる本
金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語で、ITと金融を融合した新サービス。代表的なモノはお使いの銀行・クレジットカード・ポイントの口座などを自動でまとめ、家計簿を自動作成してくれる家計簿アプリ「マネーフォワード」で現在ユーザー数は400万人を超えている。

【前頭】アイコス(次世たばこ)


圧倒的な新技術により、煙も灰も出ず、においを少ないのに味は本格的という最近肩身が狭くなった愛煙家に革命をもたらした電子タバコ。ユーザー数は100万人を超え、店舗では品薄状態が続いている。9月1日からは全世界で売上№1の「マールボロ」のIQOS専用たばこ「マールボロ ヒートスティック」が世界に先駆けて日本で発売され、話題となりました。

【前頭】AbemaTV


テレビ朝日とサイバーエージェントによる、PC・スマートフォン向け動画配信サービスで、ニュースやアニメなどが無料で視聴できる。2016年4月の開局からわずか7ヶ月弱でアプリのダウンロード数が1,000万を超えた。

【前頭】47都道府県の一番搾り


キリンビールが全国47都道府県ごとに地域と一緒に開発した味の違いや個性が楽しめる特別な「一番搾り」。好評につき、年間販売目標を当初予定の120万ケースの約7割増となる200万ケースに上方修正した。

【前頭】北海道新幹線

徹底ガイド! 北海道新幹線まるわかりBOOK
今年の3月に開業し東京~新函館北斗間を最短4時間2分でつなぐ北海道新幹線は、開業から9か月で乗客数が約170万人を記録した。当初2018年春から1日1往復に限り3時間台で運行する予定だったが、計画が見直され予定より3年ほど遅れる21年春に変更となった。

【前頭】コンビニ人間

コンビニ人間
今年の芥川賞を受賞した村田沙耶香氏による小説で累計発行部数は50万部を突破した。作者の村田沙耶香氏が実際にコンビニ勤務した経験を活かした作品で、村田氏は受賞後の現在もコンビニストアでのアルバイト生活を続けている。

【前頭】リネットジャパングループ


家庭の使用済みパソコンなどの小型家電を宅配で回収し、内部に含まれるレアメタルや貴金属などいわゆる「都市鉱山」を再利用する独自のビジネスモデルを確立した国内唯一の国認定宅配回収会社。限りある資源の有効活用を目指し、全国約100の自治体と業務提携している。

【前頭】アスレジャー


「運動競技(Athletic)」と「余暇(Leisure)」を組合わせた造語で、フィットネスクラブやヨガで着るスポーツウエアを普段着として取り入れ人気となった。元々はアメリカの女性を中心にブームとなったスタイルで今年になって日本でも浸透しはじめてた。

【前頭】若沖展

若冲 ~名宝プライスコレクションと花鳥風月 (別冊宝島 2392)
江戸時代中期に活躍した近世日本の画家・伊藤若沖の生誕300年を記念して東京都美術館で開催された「若沖展」は、宮内庁所蔵の「動物綵絵」や相国寺所蔵の「釈迦三尊像」が初めて東京で披露されたこともあり空前の賑わいをみせた。31日間の開催期間中、約44万6000人が来場し最長5時間以上の長蛇の列が発生した。

【前頭】ニンテンドークラシックミニ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
1983年に発売され国内外で人気だった任天堂の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を小型化にし、30タイトルのソフトを内臓したゲーム機。11月10日に販売された初回出荷分は即日完売し、現在次の出荷待ち状態。あまりの人気ぶりに高額での転売や海賊版が登場し、早くも問題となっている。

【前頭】りゅうちぇる


沖縄県出身のハーフの読者モデル。奇抜なファッションと明るい強烈なキャラクターが若者の間で人気となり多くのバラエティー番組にひっぱりだこだった。

スポンサードリンク

西の番付

【横綱】君の名は。

【映画パンフレット】 君の名は。
興行収入が200億円を突破した大ヒットアニメ映画。これは日本映画歴代興行収入ランキングで今まで不動だったジブリ作品の牙城を崩し歴代3位の数字となった。ちなみに100億円を突破したのはジブリ作品以外では初めて。今年話題となった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」では、映画のモデルとされている岐阜県飛騨市などを巡る「聖地巡礼」がトップ10に選ばれ、劇中歌を歌っている「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」も今年のNHK紅白歌合戦に初出場することが決定している。

【大関】AI

羽生善治×川上量生「羽生さんはコンピュータに勝てますか?」完全版 【文春e-Books】
世界トップクラスの囲碁棋士に勝利し話題となった。また「人類最後の砦」と言われている将棋界の天才、羽生善治名人も将来AIとの対戦を示唆しており、「人間 vs AI」の頂上決戦と業界では賑わっています。その他にも資産運用のアドバイスやユーザーとの対話から最適に家電を操作するいわゆる「執事型リモコン」などライフスタイルに直接結びついた商品が続々登場した。

【関脇】リオ五輪


2016年8月5日~8月21日の間、ブラジル・リオデジャネイロで開催された「第31回夏季オリンピック」では、日本は過去最多の41個のメダルを獲得、4年後の東京オリンピック向け期待をふくらませる結果となった。ただ、予算問題や開催地選びなどまだまだ問題が山積みの状態で今後どのように決定するのか注目される。

【小結】PSVR

PlayStation VR
「プレイステーション4」に人間の感覚器官に働きかけ、まるで現実のような環境を人工的に作り出す技術「VR」の機能をつないで遊ぶ新感覚ゲーム機器。10月13日の発売以降入手困難な状態が続いていたが発売元のソニーは12月17日に追加販売することを発表した。これはクリスマス商戦に向けてだと考えられている。

【前頭】広島

CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ 【Blu-ray2枚組】
5月にアメリカのオバマ大統領が現職大統領として初めて訪問しり、地元の広島東洋カープが25年ぶりにリーグ制覇を成し遂げたりと何かと話題だった。広島カープの緒方監督が選手の活躍を評価する際に放った「神ってる」は、今年の「新語・流行語大賞」の大賞に選ばれている。

【前頭】小池百合子改革

挑戦 小池百合子伝
前東京都知事・舛添氏の公的資金問題での辞職に伴い、8月の選挙で女性初の東京都知事に就任。就任後は築地市場の汚染物質などによる移転延期や東京オリンピックの会場見直しなど問題が山積みで今後の動向が注目されている。

【前頭】インスタ映え消費


見た目が華やかなフードやスイーツ、かわいい雑貨やおしゃれカフェなど「インスタグラム」で共有したくなる写真映えするアイテムが人気を集めた。

【前頭】SNOW


自分の顔に動物の耳などをつけて楽しむ写真加工アプリで自撮り好きの女子中高生から人気に火がついた。国内ダウンロード数は1500万を超えている。今年の「女子高生流行語大賞2016」でもSNOWで写真を撮ることを意味する「スノる」が第9位にランキングされ、人気の高さがうかがえる。

【前頭】民泊

知識ゼロからの民泊ビジネスがっちり成功術
個人の空き住宅を使った旅行者向けの宿泊サービスで、現在、最大手の民泊サイトに掲載されている日本国内の物件は3万件を突破している。規模が拡大化するにあたり様々なトラブルを発生しており、政府では早急な法整備が進められている。2017年の通常国会では、営業日数の上限や現在の許可制に加えて届出制を導入するなどを盛り込んだ「民泊新法」を提出する見通し。

【前頭】ダイソン(スーパーソニック)

HD01 IIF Dyson Supersonic アイアン/サテンフューシャ
小型の強力モーターを内蔵した高級ヘアードライヤー。価格が4万円超えと従来のヘアードライヤーに比べて破格の金額だが、高機能が評価され順調に売り上げを伸ばしている。

【前頭】料理動画サービス


フェイスブックやインスタグラムで話題の1分程度で料理の手順を紹介する動画サービス。食と旅をテーマにしたビデオネットワーク「テイストメイド」は日本にアカウントを設立してからまだ1年未満にもかかわらず毎月の動画再生回数が8000万回超える人気となっている。

【前頭】カップヌードルリッチ

日清食品 カップヌードル 贅沢スープ リッチ 2柄 12食セット
カップヌードル誕生45周年を記念して作られたカップヌードル史上最高級商品。すっぽんやふかひれを使ったこだわりのスープがターゲットのシニア世代に受け、人気となった。発売7か月後には、販売累計が1400万食を売り上げた。

【前頭】地方クルーズ

中国や韓国からの来港が増えたことで欧米のクルーズ各社のアジア周遊コースが増加した。

【前頭】おやすみ、ロジャー

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
スウェーデンの行動科学者である著者が、心理学的効果や自律訓練法などあらゆる要素を盛り込んで作った絵本で子どもがぐっすり眠れる「魔法の本」として話題となった。情報会社・オリコンが12月1日に発表した「今年の本のベストセラーランキング」では、元東京都知事で作家の石原慎太郎氏の小説「天才」に次ぐ2位を記録した。

【前頭】ZEH(ゼッチ)

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、住まいの断熱性や省エネ性能の向上や太陽光発電などでエネルギーを創ることで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を「ゼロ」にする住宅を意味します。普及に率先して取り組んできた積水ハウスでは、今年の上期の新築に占めるZEHの割合が72%となった。

【前頭】ライオン(hadakara)

hadakara(ハダカラ)ボディソープ フルーツガーデンの香り 本体 500ml
日用品大手のライオンが約8年ぶりに発売したボデイソープの新商品。保湿成分が洗い流されないという日本初の技術が人気となり、計画比の3倍の売れ行きとなった。

【前頭】逃げ恥(恋ダンス)


現在TBS系列で放送されているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は、回を増すごとに視聴率を伸ばしているこの冬一番の注目ドラマ。エンディングで出演者が劇中歌に合わせて踊る「恋ダンス」は動画サイト「YouTube」で一般人から有名人まで多くの方が投稿し話題となる。

【前頭】うまれて!ウーモ

うまれて! ウーモ パープル
自分の手で卵から孵化させるという感動体験と、それに続く成長過程が楽しめる新感覚のペット玩具。産まれたウーモは3段階に成長し、その段階ごとに遊ぶ内容も変わる。世界34の国と地域で同時発売された。

【前頭】カズレーサー


「2016年ブレイク芸人ランキング」の1位に選ばれた「メイプル超合金」のメンバー(男性)。金髪に真っ赤の衣装の派手見た目とは裏腹に高学歴芸人としてもクイズ番組などで活躍している。

 

その他の賞

【殊勲賞】NHK視聴率


平均世帯視聴率で8年ぶりにNHKが1位に返り咲いた。これは民放各社が軒並み視聴率が低迷する中、立て続けに朝の連続ドラマがヒットしたことや大河ドラマ「真田丸」やバラエティー番組が好調だったことが影響している。

【敢闘賞】こち亀

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
今年の9月に最終回を迎えた連載40年、全200巻の前人未到の長期連載漫画。40年間一度も休載しなかったことから、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ「(200巻)としてギネスの世界記録に認定された。コミックスの発行部数は累計1億5000万部以上。

【技能賞】オプジーボ

オプジーボは効く、効かない? がん新薬、新治療法とのつきあい方 (朝日新聞デジタルSELECT)
「夢のがん新薬」と言われている薬で当初は皮膚ガン向けだったが昨年には肺ガンの治療にも用いられるようになった。すでに1万人以上が利用しておりガンが完治するケースもでている。ただ1人あたり年間約3500万円の治療費がかかるということが問題視されており、それを受けた政府は薬価改定を待たずに半額にするという異例のスピード値下げを決定した。

【流行語賞】ゲス不倫

両成敗(初回生産限定盤)
1月の人気タレント・ベッキー氏とロックバンド「ゲスの極み乙女」の川谷絵音氏の不倫報道を皮切りに、「五体不満足」の著者・乙武洋匡氏や宮崎謙介元衆院議員など今年は不倫報道が続出した。

【残念賞】SMAP

世界に一つだけの花
今年の1月に突如勃発した国民的アイドルの解散騒動は一時はグループ活動継続宣言したにもかかわらず、結局は年内解散となった。この解散報道には国内のみならず世界各国に衝撃を与えた。SMAPの代表曲でありグループ最大の売上枚数を誇る「世界で一つだけの花」をファンの購買運動によって、12月上旬の時点で累積売上枚数が297.5万枚となり300万枚に迫る勢いとなった。

 

まとめ

改めてこうして見ると今年一年間色々あったなぁと実感しています。今回のキーワードでもある「熱狂、画面からリアルへ」の言葉通り、今年はモノを買うよりも実際に体験したり現地に行ったりする「精神的満足」を重視する消費者が多かったようです。また、若い世代にだけ人気があると思っていた両横綱の「ポケモンGO」と「君の名は。」が以外にもシニア層に人気があったことに驚きました。専門家によると、2016年の上半期はネガティブな印象で、下期はポジティブな印象でメガヒット商品が多かったそうです。今年の傾向としては、女性とSNSの影響が強く、来年のヒット商品も同じく女性が鍵となり、SNSを利用した新しい商品や遊び方が出てくるのではと予想されます。果たして、来年のヒット番付はどんなラインナップになるのか今から楽しみです。

スポンサードリンク

関連記事

話題のTSUTAYA図書館!今度は神奈川県にオープン!

  2013年4月に佐賀県武雄市図書館で話題となったTSUTAYA図書館が、

記事を読む

日経トレンディが気になる2016年ヒット商品ベスト30を発表!

  先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)12月号」が「2016年

記事を読む

『ロボット掃除機』を買うのに、どのメーカーが良いか検証!

  ここ数年、我が家では「ロボット掃除機」を購入するかどうか悩んでいました。

記事を読む

日経MJが2015年上期ヒット商品番付発表!注目の商品は?

  毎年、日経MJが発表している「ヒット商品番付」が2015年6月10日に発

記事を読む

『シェイク・シャック』NYで人気のハンバーガーが日本上陸!

  ニューヨークで人気No.1のハンバーガーと評判のハンバーガーショップ「シ

記事を読む

流行り物から脱却!『クリスピー・クリーム・ドーナツ』の挑戦

日本には毎年多くの外資系飲食店が進出しています。最初は物珍しさで注目を集め、多くの方が訪れますが

記事を読む

日経MJが2017年上期ヒット商品番付発表!注目の商品は?

  今日発売の日経MJで「2017年上期ヒット商品番付」が発表されました。2

記事を読む

日経トレンディが気になる2015年ヒット商品ベスト30を発表!

  先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)」が「2015年ヒット商

記事を読む

兵庫県の伝統工芸を扱った『じばさんele』をご存知ですか?

  地方発という言葉で思い浮かべるのは、多くの方が「ご当地グルメ」や「郷土料

記事を読む

日本郵便vsヤマト運輸!4月の新サービス、勝つのはどっち?

  配送会社大手の日本郵便㈱とヤマト運輸㈱が揃って4月から新サービスを開始し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

絶品『コッペパン』が食べられる関西の人気パン屋さんを紹介

  以前にも紹介させていただいた「コッペパン」

【2017年】夏の必需家電『扇風機』の最新おすすめ5商品を紹介

  6月に入り、徐々に夏本番に近づいて来た今日

【2017年】夏に流行りそう?!話題のひんやりスイーツを紹介

  今年も冷たいモノが食べたくなる暑い季節が近

【2017年・夏】私が『IKEA』で見つけたおすすめ商品の紹介

  週末に久しぶりに「IKEA」に行ってきまし

日経MJの2017年下期トレンド予想!注目の19商品を紹介

  前回紹介した「日経MJ・2017年上期ヒッ

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑