*

人気の『北欧ブランド』の中で今注目のおすすめショップを紹介

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 おすすめ情報

 

今や日本全国で多くの店舗を見かけるようになった北欧ブランド。とくに北欧雑貨は多くの専門誌が出版されるほどの絶大な人気を誇っています。毎年たくさんの北欧ブランドが進出していますが、その中で私が今注目している5つのブランドを紹介したいと思います。雑貨だけではない北欧ブランドの新たな一面を発見できると思いますよ。

スポンサードリンク

newline(ニューライン)

こちらは、北欧デンマーク生まれのランニングブランドで、1981年にデンマーク空軍パラシュート部隊に所属していた創業者が高機能なパラシュート素材を使用したウインドブレーカーを作ったことが発端とされています。その後、ヨーロッパのアシックスへのOEM供給で着実に力をつけ、アメリカでも展開を開始し、すぐに有名ブランドのスポーツセクションで採用されるなど、世界中にその勢いを拡げていきました。ニューラインの最大の魅力は、高機能素材に加えファッション性に秀でていることで、従来のランニングウエアの概念に捉われない高いデザイン性を持ちながら、ランニングにフォーカスしたカッティングとパターンを施した、まさに機能とファッションが融合した最たる商品といえるでしょう。日本ではまた直営店はありませんが、関東、中部、関西の一部のスポーツ店やオンラインショップで販売されています。

詳しくはこちら

 

TOMWOOD(トムウッド)

こちらは、2013年にノルウェーのオスロを拠点にスタートしたジュエリーブランドで、創始者の長年、マーケティングやコンサルティングで培った知識と経験を活かした、実用的かつシンプルでオーセンティックなデザインが特徴のブランドです。世界中のアーティスト達から支持されことでわずか設立3年で世界22カ国170以上のショップで展開されるようになりました。日本には2015年頃から一部店舗で取り扱われていましたが、今年から衣料品や飲食事業を展開するサザビーリーグと日本総代理店契約を締結したことで、今後、日本全国に展開されると見込まれています。

詳しくはこちら

スポンサードリンク

KARTOTEK COPENHAGEN(カトテック・コペンハーゲン)

こちらは、キャリアウーマンだったジュリア・ヴェルバーグ氏が2014年に立ち上げたデンマーク発のステーショナリーブランドで、デジタル中心の現代において、改めて紙やペンを使って物事をまとめたり、計画を立てたりすることの必要性に気づき、創設されたブランドです。書きやすさや北欧ならではの繊細な色調やシンプルさを追求した商品は、素材にもこだわり、特にこだわった紙の素材には、なめらかで耐久性のあるスカンジナビアペーパーが使用されています。色も白ではなく目にやさしいクリーム色を採用し、集中できる上どんなインクにも合う美しい色調に仕上がっています。

また現在、日本初上陸キャンペーンとして10月31日(火)までの間に、カトテック・コペンハーゲン日本公式インスタグラムアカウントをフォローし、「#カトテック女子」をタグ付けしてカトテックアイテムを投稿された方の中から毎月5名に「ステーショナリー&北欧アイテム」が当たるキャンペーンが行われています。

詳しくはこちら

 

Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)

こちらは、2011年にスウェーデンで創立された時計ブランドで、まだまだ歴史は浅いですが可愛さと上品さを兼ね備えたプレッピーはデザインが世界中で注目を集めています。日本でもそのファッション性の高さと可愛さにハマるファンが急増中で、直営店以外にBEAMS(ビームス)などの人気セレクトショップでも販売されています。1万~3万台のリーズナブルな価格帯と、シンプルで大きな文字盤に、薄いケース、簡単に取替できる豊富な種類のベルトは、フォーマルからカジュアルまで幅広いシーンで使えるデザインが特長で、そのバリエーションの多さから、最近ではドラマや雑誌などで取り上げられることも多くなりました。今後益々人気が出るであろう注目のブランドです。

詳しくはこちら

 

WODEN(ウォーデン)

こちらは、デンマーク発のスニーカーブランドで、デンマークの代表的なシューズブランド「ecco(エコー)」のデザイナーを務めていた創始者がが新しい北欧スニーカーの可能性を求め、2013年に立ち上げたブランドです。「日々の生活を丁寧に、日常を快適に」をモットーに北欧スニーカーならではのシンプルなミニマルデザインと機能性の両立を継承しつつ、レザーやコルクなど環境にやさしい天然素材を使用したり、北欧の大自然に影響されたカラーを取り入れるなど、スニーカーの新たな可能性も追求しています。伝統を受け継ぎながらも遊び心も忘れないデザインと、日常生活で疲れた足のことを考え、丁寧に設計されたスニーカーは、まさに大人のためのスニーカーといえるでしょう。今年、東京・青山には世界初のWODENの専門店「WODEN STORE TOKYO」がオープン、「WODEN」の様々なスニーカーを実際に見て、履いて、体感してみられてはいかがですか。

詳しくはこちら

 

まとめ

2018年秋には、埼玉県飯能市の宮沢湖周辺エリアに北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」が。翌年の春には同じエリア内に北欧を代表する人気キャラクター「ムーミン」の物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」がオープンされる予定です。これにより日本でも北欧人気が益々加速するであろうと言われていますが、果たしてどこまで本当なのか微妙ですが、我が家も北欧アイテムをよく利用しているので、一度参考がてら訪れたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年11月】

  11月に入りすっかり寒くなりましたが、みなさん体調はいかがですか。我が家

記事を読む

お鍋の季節到来!2016年の鍋つゆのトレンドは『個食タイプ』

  寒くなると食べたくなる料理と言えば、やはり一番に上がるのがお鍋だと思いま

記事を読む

【2019年】5月12日は『母の日』!プレゼントするならこの商品

  日頃お世話になっているお母さんへの感謝を表す「母の日」が今年も近づいてき

記事を読む

2017年バレンタイン特集!『百貨店』おすすめブランド5つ紹介

  前回の「手作りチョコレート」に続いて、今回は本命や自分へのご褒美にぴった

記事を読む

密かに話題になっているオシャレで個性的な『はんこ』を紹介

  私たちが生活するにあたって切っても切れないモノのひとつに「はんこ」があり

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年10月】

  今年の10月は例年比べ、気候が悪く、どんよりした日が多かったように感じま

記事を読む

LEGO(レゴ)特集!クリスマスプレゼントにおすすめ!

  これからクリスマスに向けて、お子さんのプレゼントに悩まされる方もいらっし

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年6月】

  まだまだジメジメした日が続く今この頃ですが、沖縄ではすでに梅雨明けを宣言

記事を読む

おせち特集!2015年のチョッと気になるおせちを紹介

  お正月に食べる料理といえば、やっぱり"おせち"です。今年も、各店思考を凝

記事を読む

朝食の定番『食パン』!売上ランキングから新商品までを紹介

  朝食の定番といえば、食パンをあげられる方も多いと思います。私も週に2~3

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2020年】我が家の資産運用について紹介

  2020年が始まって早くも一週間が経ちまし

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2020年1月】

  あけましておめでとうごさいます。WESTマ

【営業マンの基本】顧客に合わせたセールスポイントを探る

  顧客によってニーズは違います。当然ながら、

【2019年】運気がアップするかも?おすすめ縁起物グッズの紹介

  2019年も残すところ後わずかとなりました

【2019年】クリスマスプレゼントにおすすめな玩具を紹介

  もうすぐクリスマスですが、皆さん、お子さん

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑