*

日経MJが2020年上期ヒット商品番付発表!注目の商品は?

公開日: : ビジネス

 

昨日発行の日経MJで「2020年上期ヒット商品番付」が発表されました。2020年の1~6月分を対象にした番付で、今回の傾向は外出自粛要請の影響からか離れていても同じ時間を共有出来る商品やサービス「テレ消費」が数多くラインナップされる結果となりました。

すでに知っているモノから、初めて知ったモノまでバラエティーに富んだ「ヒット商品番付」をご覧下さい。ちなみに、日経MJ(NikkeiMarketing Journal)とは、日本経済新聞社が発行している、消費や流通等のマーケティング情報に特化した専門紙です。

スポンサードリンク

2020年上期ヒット商品番付

この「ヒット商品番付」は、下記の通りに基づき作成されています。

日経MJが消費動向や世相を踏まえ、売れ行き、開発の着眼点、産業構造や生活心理に与えた影響などを総合的に判断して作成した。「東・西」は大相撲の番付表にならい東方が西方より格上であることを示す。

引用元:日経MJの1面より抜粋

東の番付

【横綱】オンライン生活ツール


在宅勤務や友人との交流手段としてZoom等のビデオ会議システムの利用が増加。パソコン用カメラや液晶ディスプレ-が売れた。

【大関】応援消費

新型コロナの影響で売上が減少した飲食店や生産者を支えようとネット通販やクラウドフアンディングでの支援の輪が広がった。

【関脇】無観客ライブ


イベント中止が相次ぐ中、多くの芸能人が観客を入れない音楽ライブやお笑いライブをオンラインで生配信した。

【小結】手渡しなし宅配


配達人との接触を避けたい利用者のニーズに応え、ヤマト運輸では家に居ても荷物を玄関先に置くサービスを導入。日本ピザハットでも同様のサービスを始めたところ、利用者の1割がこのサービスを利用する結果となった。

【前頭】日本コカ・コーラ「こだわりレモンサワー 檸檬堂」


レトロなパッケージと丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン製法」を採用した居酒屋で提供されるような本格的な味が人気を集めた。あまりにも好評で一時出荷停止となった。

【前頭】シュクメルリ


鶏肉をチーズ、ホワイトソース、にんにく等で煮込んだジョージア料理。今年の1月に松屋では「世界一にんにくをおいしく食べるための料理」と称した「シュクメルリ鍋定食」を発売したところ、人気を集め、家庭でも再現する人が続出した。

【前頭】花王「キュキュットあとラクミスト」


食器や調理器具に吹きかけておくだけで汚れを落としやすい状態にしてくれる食器洗い洗剤。在宅勤務の増加に伴い食器洗いの負担か増えた消費者の支持を集め、発売から約二ヶ月で本体・詰め替え用を合わせて127万本を出荷する大ヒットとなった。

【前頭】パラサイト 半地下の家族


アメリカのアカデミー賞で外国語映画初の作品賞を受賞した韓国映画。格差や社会の分断というテーマが世界中の人々に支持された。日本でも興行収入は46億円を突破、韓国映画としては歴代1位を記録した。

【前頭】ファイナルファンタジーⅦ リメイク


1997年に発売された人気ゲームのリメイク版。発売3日間でダウンロード販売本数が350万本を突破。最新のグラフィックを駆使した本作品は新規のユーザーからも高い評価を得た。

【前頭】ナイキ 厚底ランニングシューズ


東京マラソンで日本新を記録した大迫傑選手も着用していた高機能の厚底シューズ。大迫傑選手以外にもこの商品を履いたランナー達が軒並み好記録を連発したことから人気となり即日完売する商品も登場した。人気を集める一方で、この技術には不公平があるのでは?という物議も起こり、一部のメディアで世界陸連によって使用禁止となる可能性があると報じられ話題にもなった。

【前頭】エルメス「ルージュ・エルメス」


エルメスブランド初のリップコレクションで7千円超えのリップ商品としては高額ながら発売後即完売するほどの人気となった。購入者の7割は20~30代の若者世代で「手が届くエルメス」として人気を博した。

【前頭】恋はつづくよどこまでも


一目ぼれした医師を一途に追いかけ最後には両想いになる新人看護婦の奮闘を描いたTBSの恋愛ドラマ。主題歌のOfficial髭男dismが歌う「I LOVE…」は2020年上半期の総合ソング・チャート「Billboard JAPAN HOT 100」で2位を獲得する大ヒットとなった。最終回は、3つの無料配信動画サービスの合計で392万回を達成、これはTBS歴代1位の記録。

【前頭】日本マクドナルド「ごはんバーガー」


日本マクドナルド初のお米を使ったバーガーで、今年の2月に発売された第1弾は想定以上の売れ行きとなり期間限定販売を2ヶ月前倒しで終了となった。

【前頭】令和版ビリーズブートキャンプ


一大ブームを巻き起こしたフィットネス動画の最新版で4月に専用サイトで配信が始まると1ヶ月で約15万回再生された。また、Youtubeに投稿された無料版動画も280万回再生を超える人気となった。

【前頭】キリンビバレッジ「iMUSE水」


乳酸菌を配合した無糖、ゼロカロリーの飲料商品。すっきりした味わいと手軽に乳酸菌が摂取できることが健康志向の強い層、特に男性に人気を集め、発売初週で3ヶ月の販売予定数を突破した。

【前頭】ボードゲーム


自宅にいる時間が増えている現在において家で家族で楽しめると人気が再燃した。人気ボードゲームの一つである「人生ゲーム」はシリーズの4月の売り上げが前年同月比4割増となった。

スポンサードリンク

東の番付

【横綱】任天堂「あつまれどうぶつの森」


無人島での生活を楽しむNintendo Switch用シミュレーションゲーム。オンラインで離れた人ともプレーが出来、外出自粛中でも楽しめると多くの消費者の心を捉えた。発売12日間で全世界1177万本を販売した。

【大関】おうちごはん


休校休校や在宅勤務、飲食店休業等により家で調理・食事する人が増加した。その影響でスーパー等では、即席麺やホットケーキミックス等の品薄状態が続いた。

【関脇】テークアウト


休業要請を受けた飲食店が売上確保のため、相次いで参入。外資系宅配サービスの「ウーバーイーツ」と日本最大級の宅配サービス「出前館」は、期間中登録数が激増した。

【小結】湖池屋「プライドポテト」


新しく開発した新プライドポテト製法で理想の美味しさを実現した人気シリーズのリニューアル商品。食塩不使用やこだわりの食材を贅沢に使用していることが話題に。2~5月の出荷量は前年同期の約3倍となった。

【前頭】生鮮ネットスーパー


外出自粛に伴い生鮮品をネットスーパーで購入する消費者が拡大。大手食品宅配サービス「オイシックス」の会員数は3月末時点で前年比19%増。

【前頭】日本ケンタッキー・フライド・チキン 500円ランチ


2020年1月から定番メニューとなり、その値ごろ感から多くの消費者に支持された。1~5月の昼間の1店舗当たりの平均売上高は約3割増しとなった。

【前頭】パナソニック ホームベーカリー「SD-MDX102」


「生」食パンとして人気の高級食パン「乃が美」の味が家庭で再現出来ると話題に。3月以降の売上は想定の約2倍に増加した。

【前頭】ペスト


感染症「ペスト」で封鎖された街を描いた1947年発表のフランスのノーベル文学賞作家・アルベール・カミュの小説。その他にも「銃・病原菌・鉄」等、感染症関連の書籍が売れた。

【前頭】手作りマスク


マスク不足の対策としてマスクを自分で作る消費者が増加。手芸用品店「ユザワヤ」では関連素材の売上高が2~5月で例年の30~40倍になった。

【前頭】ネックゲーター


以前は冬は防寒、夏は熱射病対策として使われていた首回りにつけるチューブ状の布。現在は飛沫防止アイテムとして多くのランナーがマクス代わりに着用している。

【前頭】バリカン&ひげトリマー


外出自粛の影響で自ら髪や髭を整える消費者が急増。パナソニックでは電動バリカンの販売が緊急事態宣言後、前年比の2倍超となった。また、これを機に髭を伸ばす男性が増え、フィリップスが販売しているひげトリマーの販売が前年の1.5倍に増加した。

【前頭】愛の不時着


パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢と北朝鮮将校との恋愛を描いたネットフリックスオリジナルドラマ。ネットフリックス配信開始後、2ヶ月連続総合トップ10をキープした。これほどの長期間のランクインは同社としては初。

【前頭】愛知ドビー「バーミキュラフライパン」


無水調理でお馴染みの鋳物ホーロー鍋ブランド「バーミキュラ」が販売している国産フライパン。余分な水分を瞬間蒸発させることで、ほどよい歯ごたえを残し、素材の旨味を閉じ込めた、プロも顔負けの料理が楽しめると話題に。予約開始初日に約6000台を受注、4月29日には受注台数が2万台を突破した。現在、直販サイトで購入しても手元に届くのは8月末と早くも入手困難状態である。

【前頭】トランポリン遊具


公園に行けない子供達や運動不足の大人が家庭で楽しく遊びながら運動できると話題となった。スポーツ用品店「アルペン」では3~5月の売上が前年同期の2倍となり一時在庫が欠品した。

【前頭】ダルゴナコーヒー


コーヒーを泡立てクリーム状にし牛乳の上にのせた韓国発の飲み物。二層の見た目が可愛いと若者の間で話題に。5月下旬時点で、料理レシピサイト「クックパッド」での投稿数が約230件、写真共有アプリ「インスタグラム」での投稿数が約12万件、動画投稿アプリ「TikTok」での投稿数が約28万となっている。

【前頭】アマビエ


疫病を退散させると江戸時代から伝わる妖怪。姿を描き写すと感染封じになると多くの人がSNSに独自のアマビエの絵を投稿し話題を呼んだ。また、企業や自治体等が新型コロナ収束を願い関連グッズを相次いで販売した。

 

その他の賞

【殊勲賞】手洗い動画


国民的アイドルグループ「嵐」や「PPAP」で世界中の話題となったピコ太郎氏等が動画サイトで音楽に合わせた手洗い動画を投稿。動画に影響を受けたプロスポーツ選手や医療従事者も相次いで動画を投稿し、手洗いの重要性を伝えた。

【敢闘賞】リモート制作映画


政府の外出自粛を受け、映画やドラマの撮影が休止や延期になるなか、「カメラを止めるな!」を制作した上田慎一郎監督が企画から撮影まで全てをリモートで対応した短編映画「カメラを止めるな!リモート大作戦!」を制作、Youtubeで無料公開した。映画「世界の中心で、愛をさけぶ」を監督した行定勲監督も同じくリモートで映画を制作、インターネット上で発表した。

【流行語賞】ソーシャルディスタンス


新型コロナウイルスは飛沫感染が主要な経路ということを受け、感染者の鼻や口から飛び出す飛沫が届かない距離を保とうという動きが世界的に広まった。日本ではコンビニやスーパーでレジ待ちの際の目印として床にテープを貼ったりする取り組みが行われ、また、飲食店では席を間引きすることで顧客同士の距離に配慮した。

 

まとめ

今回の「2020年上期ヒット商品番付」は、まさに新型コロナ一色のランキングだったと思えます。その中でも東の横綱「オンライン生活ツール」と西の横綱「あつまれ どうぶつの森」は、私もよく耳にするキーワードでこれは今後も拡大しそうな予感がします。また、西の前頭の「ごはんバーガー」が我が家の最近のマイブームだったので、その商品がラインクインしていてちょっと嬉しかったです。
12月に発行される今年1年を対象とした「2020年ヒット商品番付」にはどの商品が再びランキングし、また新たにどのような商品が登場するのか今から楽しみです。

スポンサードリンク

関連記事

【営業マンの基本】期待される営業マンになるための心得

  営業は、会社には無くてはならない職種です。営業の存在意義の一つに、商品や

記事を読む

日経MJが2019年上期ヒット商品番付発表!注目の横綱は?

  今日発売の日経MJで「2019年上期ヒット商品番付」が発表されました。2

記事を読む

話題の資金調達『クラウドファンディング』は魅力的なシステム

  先日、私が毎週見ている某ビジネス情報番組で「クラウドファンディング」が特

記事を読む

日経MJが2016年上期ヒット商品番付発表!注目の商品は?

  毎年恒例の「上期ヒット商品番付」が、2016年6月8日発売の日経MJで発

記事を読む

日経トレンディが気になる2015年ヒット商品ベスト30を発表!

  先日、月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)」が「2015年ヒット商

記事を読む

【営業マンの基本】効率的な営業活動をする方法

  営業マンは効率的に行動しなければ大きな成果は上げられません。無計画に営業

記事を読む

話題のTSUTAYA図書館!今度は神奈川県にオープン!

  2013年4月に佐賀県武雄市図書館で話題となったTSUTAYA図書館が、

記事を読む

高品質と地域密着で大成功の「サザコーヒー」に注目!

  私が毎週欠かさず視聴しているテレビ東京系列の冠番組「カンブリア宮殿」の1

記事を読む

今、奈良観光がお得!宿泊費値引きキャンペーン開催中

  以前のブログでも紹介しました今年注目の奈良県。毎年約3500万人が訪れる

記事を読む

奈良観光が熱い!外国人観光客に人気の訳を調べてみました!

  最近、奈良県が密かに観光客に人気なのをご存知でしょうか。2014年の1年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【株初心者】9月第三週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【営業マンの基本】商談の上手な終わらせ方

  営業マンは、毎日何軒もの顧客訪問を繰り返し

【株初心者】9月第二週の値動きについて思う事

  今週の株取引について自分なりの見解と今後の

【株初心者】9月第一週の値動きについて思う事

  前回でも紹介しましたが我が家も本格的に株式

【株初心者】我が家も株式投資を始めることにしました

  新型コロナがまだまだ終息しないこの頃ですが

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑