*

リーダーシップ論!NBAスター選手から学んでみました

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 スポーツ, ビジネス, ライフスタイル

leadership_taitle_1024

 

先日、アメリカNBA(プロバスケットボール)のスター選手である、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)の独占ロングインタビューを記事にしたサイトを読み、その中のリーダーシップについて語っている内容に興味を持ったので、紹介したいと思います。また、自分自身のリーダーシップ論を改めて検証したいと思います。

ちなみに、私はバスケットボールが大好きで、学生時代から現在までプレイヤーとしてバスケットボールに携わっています。コービー・ブライアントとは同世代になります。

スポンサードリンク

コービー・ブライアンの簡単な紹介

Kobe Bryant – Laker’s Superstar (German Edition)
アメリカ出身。1978年8月23日(現在36歳)。
身長198cm、体重93kg。
プロバスケットの本場NBAの名門チーム、ロサンゼルス・レイカーズに所属するスター選手。 性格は、筋金入りの負けず嫌いで闘争心が強い。リーダーシップもとれる。チームメイトに対しては厳しく接するタイプ。身体能力は高く、オールダウンダーとして何処からでもシュートが打てる生粋の点取り屋。 名前の由来は、両親が神戸牛をお気に入りだった事から、神戸(kobe)と名前に付けたと言われています。

アメリカ経済誌「フォーブス」が発表した2014年のスポーツ選手長者番付は5位、6150万ドル(約63億円)を稼いでいます。

【現在までのキャリアと実績】

  • NBAチャンピオン5回
  • シーズンMVP1回
  • ファイナルMVP2回
  • オールスターMVP4回(歴代最多)
  • 得点王2回
  • 1試合81得点(NBA歴代2位)
  • レギュラーシーズン通算32,310得点(NBA歴代3位)
  • etc

数々の栄冠と実績があり、富と名声を併せ持った正真正銘のスーパースター選手です。

スポンサードリンク

コービー・ブライアントが語る「リーダーシップ」とは?

「リーダーは孤独。上手くいかないときは、いくようにする。だからリーダーはタフであるべき。リーダーは衝突を恐れない。何にも満足しない。リーダーは快適ではない状況にいないといけない。チームメイトを急き立て、駆り立て、能力の限界を引き出す。リーダーが快適に過ごしているようなチームは負ける」。

引用元:コービー・ブライアントが語る「怪我」「リーダーシップ」「引退」(菅野貴之/Bond)

記事には、コービー・ブライアント自身が優勝すればするほど、その地位を譲りたくないという欲求が増し、勝利に対する執念が一層強くなる。ミスを犯すチームメイトへは容赦しない罵声を浴びせるリーダーで在り続ける。リーダーとしての立場を「孤独」と表現しています。私たちのような一般人には想像も付かないプロスポーツの世界で、しのぎを削っているのだと改めて感じました。特に高額なサラリーを稼いでいる選手として、結果が求められる事や、周囲の期待に応える使命感は相当なプレッシャーだと思います。その環境下で何年もトップ選手として活躍し、勝ち続ける事が出来るメンタルは尋常ではないですね。特にバスケットボールは、フィジカルスポーツで怪我も多い競技です。コービー・ブライアント自身も現在、右肩の負傷で今季休養しています。ここ数年間は大きな怪我に見舞われているので、引退の危機とまで言われています。メンタルが強くないと活躍出来ない世界なのです。

そんなリーダーシップ論を持つコービー・ブライアントに大きな影響を与え、若い頃から憧れていたのが、バスケットボールの神様と称される、あのマイケル・ジョーダンです。そのマイケル・ジョーダンのリーダーシップ論も気になるので調べてみました。

 

マイケル・ジョーダンの簡単な紹介

Penguin Readers: Level 1 MICHAEL JORDAN (Penguin Readers, Level 1)
アメリカ出身。1963年2月17日(現在52歳)。
現役時代の身長198cm、体重99kg。
プロバスケットの本場NBA、シカゴ・ブルズに所属。晩年はワシントン・ウィザーズに所属し、2003年に3度目の引退。現在はシャーロット・ホーネッツのオーナーを勤める。 言わずと知れたバスケットボールの神様。1984年~2003年まで現役選手として大活躍。2度の現役引退をしており、空白期間がありますが、約15年間の選手生活ではNo.1選手としてNBAに君臨。 性格は、究極の負けず嫌いで、飽くなき闘争心と向上心を持ち、誰よりも努力した天才です。

アメリカ経済誌「フォーブス」が発表した2015年版の世界長者番付では、「ビリオネア」と呼ばれる資産10億ドル以上の富豪の仲間入りを果たす。実際の資産金額は、10億ドル(約1200億円)。

【現役時代のキャリアと実績】

  • NBAチャンピオン6回
  • シーズンMVP5回
  • ファイナルMVP6回
  • オールスターMVP3回
  • 得点王10回
  • 年間最多得点11回
  • レギュラーシーズン通算32,292得点(NBA歴代4位)
  • etc

数え切れないほどの栄冠と実績を残す。記録と共に世界中でバスケットボール人気を不動のものにした選手として、記憶にも残る偉大な人物です。

 

マイケル・ジョーダンの名言から分かる「リーダーシップ」とは?

僕はつねに実践することでチームを引っ張ってきた。これは僕の性格だ。僕は言葉で引っ張ったことは一度もなかった。言葉で引っ張ろうと考えたことさえなかった。なぜなら、言葉が行動に勝ることはないと思っているからだ。

リーダーとなるためには、行動によって仲間から尊敬を集めなければならない。リーダーとなる人は、バスケットボールの練習であれ、営業会議であれ、家族との接し方であれ、つねに言行一致を貫かなければならない。

引用元:http://iyashitour.com/archives/20995

マイケル・ジョーダンも、コービー・ブライアント同等かそれ以上の負けず嫌いで、闘争心の強い選手で有名でした。現役当時、トレーニングキャンプ中にチームメイトと口論になり、鉄拳制裁をしたというエピソードもあったそうです。それだけ妥協を許さない姿勢でチームメイトに厳しく接していたのでしょう。名言を見ると、自分の行動に責任を持ち、チームメイトの模範になり続け、自分自身を律する。背中で語るタイプですね。

日本には、「頭が動けば尾も動く」という”ことわざ”があります。意味は、動物の頭と尾は一体で、頭が動けば連動して尾も動くという意から、上に立つ者が行動すれば、下の者は自然と従うという内容です。マイケル・ジョーダンのリーダーシップ論は日本の”ことわざ”に近い感覚を持っているのではないでしょうか・・・!?

 

マイケル・ジョーダンとコービー・ブライアントの共通点

バスケットボールスキルは言うまでもなく、共に最高級のプレーヤーです。マイケル・ジョーダン自身も、「自分と比較されるに相応しい選手はコービーだけ」と語っているほど二人は類似しています。コービーが幼い時からジョーダンを見て育ち、プレーを研究し真似していたので類似点が多いのは当たり前ですが・・・。

【性格面での共通点は】

  • 筋金入りの負けず嫌い
  • 人間離れした闘争心
  • 練習熱心
  • リーダーシップが高い

二人をコーチしたフィル・ジャクソン曰く、ジョーダンの方が、チームの士気をコントロールする力は上だと語っていたそうです。

 

トップアスリートの「リーダーシップ」を学び感じた事

まずは、日本人と外国人の考え方の違いや、トップアスリートと一般人の環境下では、リーダーシップ論の比較は出来ません。ただ、私の知り合いの社長曰く、経営者(リーダー)は孤独だと言っています。その点から見て行くと、トップアスリートのリーダーシップ論は非常に参考になります。ちなみに、上記のリーダーシップ論は、支配型リーダーシップという分類になります。

 

現代のグローバル社会では、サーバンド・リーダーシップの方が求められているようです

サーバンド・リーダーシップとは?

「リーダーは、まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」というリーダーシップ論です。支配型リーダーシップとは正反対で、指示命令をせず、傾聴を中心に個人と組織の成長の調和を図るという哲学です。「支援型リーダー」とも言われているようです。
詳しい内容はこちらへ

もう一人のNBAスター選手、レブロン・ジェイムズのリーダーシップ論は、サーバンド・リーダーシップ型に近いかもしれません。

 

レブロン・ジェイムズの簡単な紹介

LeBron James - The King of the Game (English Edition)
アメリカ出身。1984年12月30日(現在30歳)。
身長203cm、体重115kg。
プロバスケットの本場NBA、クリーブランド・キャバリアーズに所属するスター選手。 性格は、明るくひょうきんな面を持ち合わせている。体格に恵まれ、フィジカルと身体能力が高い。全てのスキルが高く、NBA史上最高のオールランドプレイヤーと評されているスター選手。愛称は「キングジェームズ」。

アメリカ経済誌「フォーブス」が発表した2014年のスポーツ選手長者番付は3位、7230万ドル(約74億円)を稼いでいます。

【現在までのキャリアと実績】

  • NBAチャンピオン2回
  • シーズンMVP4回
  • ファイナルMVP2回
  • オールスターMVP2回
  • 得点王1回
  • etc

コービー・ブライアント同様に、数々の栄冠と実績があり、富と名声を併せ持った現在NBA最高のスター選手。

 

レブロン・ジェームズの「リーダーシップ」論とは?

コービー・ブライアントとは、全く正反対なリーダーシップ論を持っているようで、気心知れたチームメイトと楽しく、盛り上げて、リーダーシップを取っているようです。特に、マイアミ・ヒート時代では、仲の良い同期生とビック3を結成し連覇優勝を果たしました。現チームでも信頼できる仲間と力を合わせて、一人で奮闘するのではなく負担をシェアしながらチームを率いています。性格的な面もありますが、ベンチにいる時もレブロンの周りは笑顔が絶えないのが特徴。時には冗談を言い、時にはチームメイトに対し的確なアドバイスを伝える。これが、レブロン流リーダーシップの取り方なのでしょう。レブロン流は、サーバンド・リーダーシップ型の手法に近いことが分かります。

ここ数年間のNBAは、レブロン・ジェームズなしでは語れないと言っても過言ではありません。現チームでもリーダーシップを発揮し優勝に導けば、レブロン流リーダーシップの時代がくることは間違いないでしょう。

 

結論として

結局、コービーとレブロンどちらのリーダーシップ論が効果的なのかは、それぞれの環境下や優勝までのプロセスが全く違うことやスポーツビジネスの側面がある為、判断出来かねます。ただ、両方が結果を残しているので勉強になります。コービー・ブライアントのようなリーダーシップ論は、特別なカリスマ性を持っていないと成立しないと思うので、一般的には難しい手法ですね。

私自身、プライベートでバスケットボールのクラブチームを運営しており、代表を務めていますが、どちらかと言えば、サーバンド・リーダーシップ型の手法を取っています。また、大企業の組織の中でのリーダーシップ論はサーバンド・リーダーシップ型が多いのではないでしょうか。逆に中小零細企業は、経営者の支配型リーダーシップが主流だと思います。しかし、上から押し付けるそのやり方では今の若者の場合、大半は付いてこないのが現状です。ビジネスの世界でも、スポーツの世界でも、環境毎のリーダシップを行わないといけないでしょう。

 

まとめ

年齢的に、会社では部下のマネジメントをする立場になり、より「リーダーシップ」について向き合うようになりました。将来、小中学生のバスケットボール指導者に就きたいという想いもあり、リーダーシップ論については、今後も色々勉強していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

関連記事

large_15433537022

『コストコ』店員が教えてくれた隠れた人気商品を紹介!

  昨日の祝日、家族で久しぶりにコストコへ行ってきました。コストコには、プル

記事を読む

Soccer01

アギーレジャパン vsジャマイカ戦!初勝利なるか?

  キリンチャレンジカップ2014 日本vsジャマイカの見どころ!! 明日(1

記事を読む

hanshintigers-fan2015_1024

阪神タイガース『ファン感謝デー2015』に行ってきました!

  昨日の11月21日(土)に、家族で阪神タイガース「ファン感謝デー2015

記事を読む

electricity-liberalizatio_taitle_1024

電力小売全面自由化を検証!「au」と「大阪ガス」で比較

  今年の4月から電力小売が全面自由化になることは皆さんもご存知ですよね。至

記事を読む

duskin_museum_taitle_1000

キレイとおいしいを体験!『ダスキンミュージアム』がオープン

  2015年10月1日(木)に大阪・吹田市に株式会社ダスキンの企業博物館「

記事を読む

nara_taitle_1024

奈良観光が熱い!外国人観光客に人気の訳を調べてみました!

  最近、奈良県が密かに観光客に人気なのをご存知でしょうか。2014年の1年

記事を読む

Children resting

パパママ必見!子供の成長を伸ばす生活リズム改善方法

  最近、幼児の睡眠時間の減少つまり睡眠不足が問題になっていることを御存じで

記事を読む

2020tokyo-olympics_taitle_1000

2020年東京五輪の経済効果が気になるので調べてみました!

  2016年夏、様々は問題が指摘される中、開催されたブラジルのリオジャネイ

記事を読む

large_3798747786

定期預金お考えの方必見!銀行別おすすめ商品を紹介

  12月に入り、ボーナスの季節がやってきました。第一生命経済研究所が11月

記事を読む

large_1152356149

2014年ドラフト会議。有原と安楽はどこが獲得するのか!!

photo credit: baseball via photopin (license) &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

large_8174676689
【2016年】今しか見れない!関西おすすめイルミネーション特集

  もうすぐクリスマスということで全国各地で数

snack_taitle_1024
お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年11月】

  11月に入りすっかり寒くなりましたが、みな

2016fuyu-sekaiisan_taitle_1000
2016年の冬は世界遺産へ行こう!楽しいイベントがいっぱい

  現在、日本には20もの世界遺産が登録されて

large_4537057761
【2016年】この冬おすすめ『インスタントラーメン』新商品の紹介

  今年の8月の夏の新商品に続き、今回はインス

patagonia_taitle_1024
人気アウトドアブランド『パタゴニア』が食品を発売しました!

  アメリカの老舗アウトドア・ブランド「パタゴ

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑