*

5月29日は『こんにゃくの日』!由来から新商品まで紹介

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 おすすめ情報, グルメ

konnyaku01

 

整腸作用やダイエット食品の定番として人気の『こんにゃく』。最近では料理だけでなくデサートとして食べられる機会も多くなりました。また最近では日本やアジアだけでなく、欧米等世界中で食されるようになりました。今回は、今後益々需要が見込まれるであろう、『こんにゃく』について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

『こんにゃく』について

5月29日が「こんにゃくの日」となったのは平成元年(1989年)のことで、全国こんにゃく協同組合連合会によって定められました。理由としては、こんにゃくの種芋(いも)の植えつけが5月に行われることと、「こん(5)にゃ(2)く(9)」の語呂合わせだと言われています。こんにゃくの原料となるこんにゃく芋はミャンマー、マレーシア、タイ等の東南アジアが原産国と言われています。日本への渡来説は色々ですが、数千年前の縄文時代に伝えられたと考えられています。当初こんにゃくは、収穫した生芋が重量なため運搬が困難で、なおかつ、腐敗しいモノだったので需用し難い商品でした。しかし、安永5年(1776年)、水戸藩の中島藤右衛門(なかじまとうえもん)が生芋を粉状にすることを考案し、これにより長期保存や軽量化が可能となり,一気に庶民に広がりました。日常的に食卓に上る食材として広く親しまれているこんにゃくですが、農林水産省の統計によると、こんにゃく芋の平成24年収穫量の1位は群馬県の年間6万1,700トンで、2位の栃木県の2,010トンを大きく引き離しています。これは、こんにゃく芋の国内生産の約9割を群馬県だけで担っていることになります。

こんにゃく芋の収穫量(平成24年産)

1位・・・群馬県(61,700t)
2位 ・・・栃木県(2,010t)
3位 ・・・茨城県(932t)
4位 ・・・埼玉県(494t)
5位 ・・・福島県(488t)

スポンサードリンク

世界の『こんにゃく』について

先日ニュースでイタリア・ミラノで開かれている国際博覧会(ミラノ万博)の現地商談会に、日本のこんにゃく製造2社が出展したことが報道されていました。出展されたのは、こんにゃくで作った「パスタ」で、「糖質ゼロ」「低カロリー」「アレルギーが出ない」の三つの勝機を掲げ、パスタの本場での市場開拓を目指しているそうです。2社のひとつ、原田食品では平たい麺の「フェットチーネ」を出品。しっかりした歯ごたえと、もちもちした食感は冷製パスタや温かいソース使える仕上がりとなっています。同社によると最近イタリアでは健康志向を背景に、日本企業がこんにゃくパスタを販売、需要が高まり始めているそうです。原田食品でも現地代理店の依頼を受け、3年前から開発に着手し、現在海外ではアジア料理店にしか需要がないこんにゃくを「パスタ」 を起点に、一般家庭に入り込みたいと考えているそうです。イタリア以外にも、世界各国のレストランがひしめき合うニューヨークでも注目を集めています。こちらは主にダイエット食として人気が高まっており、低カロリーなのに食べ応えがあって満足感得られる、まさにダイエットにぴったりの食材とモデルや健康志向の高い人がこぞって食しています。

 

オススメこんにゃく商品

【こんにゃくそば(酒井製麺所)】

[山形]酒井製麺所 こんにゃくそば 20把セット(こんにゃくそば10把+だだちゃ豆のこんにゃくそば10把)
上沼恵美子さんや坂本龍一さん等、著名人の方がお取寄せする人気商品。元々は地元だけで販売していましたが、偶然三越のバイヤーの目に留まり、三越で販売。その後通販で取り上げられたことがきっかけで全国の百貨店から注文が殺到し、一気に全国区の商品となりました。他には無い独特のツルツル食感と歯応えは、そばは苦手と言う方からも大好評。
詳しくはこちらへ

【こんにゃくベーグル(一柳こんにゃく店)】


こんがり香ばしい焼き色と弾力のあるモチモチした食感が楽しめるベーグルです。噛めば噛む程上質な小麦粉本来の旨みと香りが口いっぱいに広がりベーグルは、生地に国産のこんにゃく粉を40%以上配合しており、低カロリーながらも抜群の食べ応え特徴です。生地本来の味が楽しめるプレーンの他に、ごま、くるみ、オニオン、ごぼう、いよかん、チーズ、レーズンシナモン、黒米、いちご、新商品のよもぎがラインナップされています。
詳しくはこちらへ

【こんにゃくチップえいひれ風味(無印良品)】

こんにゃくをえいひれ風味に味付けし、乾燥させた、かみ応え充分のお菓子です。うま味調味料を一切使用せず作られています。同様の「こんにゃくチップするめ風味」をおすすめです。
詳しくはこちらへ

【大粒アロエ in クラッシュタイプの蒟蒻畑 パイナップル味(マンナンライフ)】

3月2日(月)に発売された蒟蒻畑の新商品です。しっかり食べごたえのある大粒のアロエとクラッシュされたこんにゃくゼリーは食べ応えがあり、パイナップル味も爽やかでとても美味しいです。1袋51kcalという低カロリーとキャベツ1/3個分の食物繊維が入っているのもうれしいですね。これからの暑い時期にぴったりな商品です。※コンビニ限定商品です。

 

まとめ

こんにゃくは冬はおでんや煮物、夏は刺身こんにゃくやサラダなどにして年中食べていて、「蒟蒻畑」も大好きで冷蔵庫によく常備しています。日本人には馴染み深いこんにゃくですが、独特な食感と匂いがあるので外国の方には受け入れがたいと思っていました。しかし、今回調べてみると、たくさんの方が好んで食べていて正直驚いています。栄養価も高く、ヘルシーなこんにゃくが今後どんな風に世界に広がっていくのか今から楽しみです。

スポンサードリンク

関連記事

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2015年5月】

  5月に入り、大好きなお菓子も新商品が続々と発売されました。そこで、月一恒

記事を読む

『松葉ガニ』解禁になったので、食べに行ってきました!

  テレビやネットでカニ解禁がニュースされており、色々な「カニツアー」や「カ

記事を読む

人気ファミレス店の最新『変わり種ハンバーグ』を一挙紹介

  洋食の人気定番メニューの「ハンバーグ」は、家庭ではもちろん、ファミリーレ

記事を読む

カウントダウンイベントがいっぱい!年越しはどこで過ごします?

  毎年たくさんのカウントダウンイベントが全国各地で行われますが、今年も色々

記事を読む

【2016年】お花見シーズン到来!兵庫県おすすめスポットを紹介

  今年も続々と開花宣言が出され、今週末にもお花見を行う方も多いと思います。

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年7月】

  今週になって関東甲信で梅雨明けが宣言され、とうとう夏本番となってきました

記事を読む

『コンビニおでん』特集!大手3社のおすすめ情報

  今年もコンビニ各社、新たな商品開発やだしの改良など独自性を出しています。

記事を読む

話題の大阪・谷町発の新B級グルメ『ペペ飯』をご存じですか?

  大阪屈指のオフィス街、市営地下鉄谷町四丁目駅周辺で話題となっている「ペペ

記事を読む

『’17食博覧会大阪』vs『カレーEXPO2017』!あなたはどちら派?

  大阪では今年のゴールデンウィークに人気の2大フードイベントが同時期に開催

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年2月】

  今年も何かと盛り上がっていたバレンタインも終わり、世間ではそろそろ春の準

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏旅行で宿泊したホテル『城崎 円山川 ひだまり』について紹介

  今回は、先日紹介した海水浴旅行の際に宿泊し

我が家の夏旅行!『竹野浜海水浴場』&『城崎マリンワールド』

  先日の三連休に以前から計画していた娘の海デ

プ女子の方必見!2017年の夏は『新日本プロレス』が面白い

  皆さん、「プ女子」という言葉をご存じですか

【2017年】関西でおすすめの美味しい和菓子を紹介します!

  最近、巷では小豆や抹茶を使った「和」のスイ

暑い夏に食べたくなる!おすすめ『レモンフード』を紹介

  これから夏本番を迎えるにあたって、皆さん「

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑