*

子供英会話教室はどこがいい?我が家の経験談を紹介

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 ライフスタイル

kids-englishschool_taitle_1024

 

我が家の4歳になる娘は、2歳の頃から子供向け英会話教室に通っています。私たち夫婦が英語を話すことができず苦労しているので、娘には子供の頃からしっかりとした環境で英語に親しんでほしいと思い、通いはじめました。教室を決める際は、通っている方の話を聞いたり、ホームページを見て色々調べたりと、結構大変でした。なので私達のように、お子さんの英語教室で悩まれている方の参考になれればと、我が家が実際に感じたことを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

セイハ英語学院

【期間】2歳~3歳まで
セイハ英語学院は、全国に400以上の教室と25年以上の実績がある英会話教室です。ちなみにここを選んだ理由は家から近い事と保育園の友達が通っていたからです。娘が入ったクラスは0~3歳までを対象にした「ハロークラブコース」で、親も一緒に受けられるコースでした。娘が入った時は6人くらい在籍(日によっては一人という事ありました)していて、娘と友達以外は1つ上の4歳の子供達ばかりでした。レッスンが開催される日は週に何回かありましたが、我が家は共働きなので土曜の午前中のレッスンに申し込んでいましたが、土曜の夕方にも同じレッスンがあったので、病院なので行けない時はそちらに変えてもらっていました。また土曜日に出かけル予定をしていて、どうしても受けられない場合は、次の土曜日に2回レッスンを受けるということも度々行っていて、その点では本当に便利な教室だったと思います。レッスンは外国人講師と日本人講師のレッスンと日本人講師だけのレッスンが交互に行われる形で、私が行っていた教室は日本人講師は女性でしたが、外国人講師は常に男性でした。ちなみに、行っていた教室の外国人講師は、とにかくよく変わっていました。国籍も様々でみなさん優しかったのですが、親としてコロコロ変わるのはどうかなぁ~という思いがありましたね。レッスン内容は、挨拶や感情(楽しいや悲しい等)、お天気や食べ物など基本的な英語を歌やゲームで教えてくれて、それはとてもよかったと思います。毎回、レッスンの最後には教材として渡されたぬりえに、講師の方が支持した色を親子で塗って遊んでいました。全体的にほのぼのした感じの教室だったので、もう少しステップアップがしたいと思い1年をめどに退園しました。

【入学金】無料(キャンペーン中だったので)
【授業料】毎月7,344円(税込)
【年間費】4,320円(税込)
【教材費】14,709円(税込)
【教材内容】ワークブック(レッスンで使用)、CD(家庭用)、DVD(家庭用)、絵本(家庭用)、パペット(家庭用)
【レッスン】週1回、30分※レッスン用に色鉛筆が必要
公式HPはこちら

スポンサードリンク

京進ユニバーサルキャンパス

【期間】3歳~4歳まで
京進ユニバーサルキャンパスは、京都府・滋賀県を本拠地とする進学塾「京進」が展開する英会話教室です。下は0歳から上は社会人まで幅広い年齢の方が利用されてまいした。ここを選んだ理由は、保育園の上のクラスの友達が通っていたからです。娘の入ったクラスは3歳~6歳までを対象した「BBイマージョン」で、外国人講師と子供達だけで授業を行うタイプで、教材等は全て教室の方で用意してくれ、手ぶらで通えることができました。親は子供を預けた後は別に教室に居る必要がなかったので、買い物や病院に行ったりしていました。その点はすごく助かりましたね。娘が受けていた土曜の午前中のレッスンは大体5人くらいの子供たちがいて、4、5歳の子が殆どでした。娘が通っていた時は土曜日は1回だけのレッスンだったのですが、辞めた後、午後にもレッスンが増えたそうです。レッスンは基本、外国人講師1人で行い、グズる子がいると補助として日本人スタッフの方が入っていました。レッスン内容は曜日や天気、時間の読み方や感情を英語で教えてくれたり、ハサミで何かモノを作ったり、ぬりえをしたりしていました。上のクラスになると、スピーチコンテスト等もあり、なかなか熱心な教室でした。担当の外国人講師の方も熱心で優しく、とても良い方で、空手をされていたので夏休みになると空手の特別レッスンをしてくれたりしていました。レッスンを受けている子供達や保護者の方、もちろん私達家族にも大人気で、辞める際、一番の悩んだのはこの講師の方と離れることでした。しかし、娘の通っている保育園内で英会話教室が開かれる事となり、利便性を考えて1年で退園しました。

【入学金】無料(キャンペーン中だったので)
【授業料】毎月12,960円(税込)
【諸費用】毎月972円(税込)
【教材費】年間1,210円(税込)
【レッスン】週1回、80分
【その他】初回は2カ月分の授業料と諸経費、教材費(年間で1,209円)を振込で支払います。2回目以降は自動引き落としになります。1年を通して様々なイベント(キャンプ、関空見学ツアー、ハロウィンパーティ等)が企画されていて、料金はその毎に徴収で大体1万円くらいでした。ちなみに我が家は一度も参加しませんでした。
公式HPはこちら

 

ECCジュニア課外英語教室

【期間】4歳~現在
大手英会話教室ECCが運営する子供向け英会話教室で、保育園や幼稚園の空き教室を使ってレッスンを形式の教室です。ECCジュニアは1980年より全国展開を開始し、現在全国に11,118教室、生徒数は308,303名が在籍し、2014年時点の子供向け英会話教室数と生徒数で全国№1になっています。娘の通っている保育園内でも、年中、年長対象に教室が開かれることとなったので送り向かいの手間がないこちらに入園しました。娘の入ったクラスは、4・5歳児を対象にした「PBクラス」で、日本人講師の方が1人で行います。授業内容は挨拶から始まり、CDを聞いたり、歌を歌ったり、初めに購入した「ピクチャーカード」を見て書かれている単語を復唱したり、ダンスを踊ったり、文字を書いたり等様々なレッスンを行っていくれています。そして毎回、A4用紙両面の宿題を出されるのですが、それを娘と一緒にするのはとても楽しいです。娘が一生懸命文字を書いたり、単語を言ったりするとちゃんと身についているんだなあと実感できます。あと、全ての先生かわかりませんが、娘を担当してくれている方は見学できない保護者の為に授業内容を毎回細かく、丁寧にメールしてくれます。まだ通い始めたばかりですが娘も楽しいと言っているので、このまま続けていきたいと思っています。

【入学金】無料
【授業料】毎月6,480円(税込)
【教材費】年間19,540円(税込)
【教材内容】ストーリーブック3冊(宿題用)、ワークブック(授業用)、U.Eブック(授業用)、ピクチャーカード(授業用)、ホームワークシート(宿題用)、CD(宿題用)、DVD(宿題用)
【レッスン】週1回、40分※レッスン用に色鉛筆が必要
【その他】スクールバッグ代1,950円(税込)を購入しないといけません。
公式HPはこちら

 

まとめ

今まで3つの英会話教室に通いましたが、今思えばそれぞれとても良い所だったと思います。セイハ英語学院は、ほのぼのした授業や日本人講師の方が常に居た事も、まだまだ小さかった娘には丁度よかったと思います。京進ユニバーサルキャンパスに通っていた頃は、じっとすることがあまりできなかったので、工作をしたり、探し物クイズをしたりと体を動かす授業は娘的によかったと思います。今通っているECCジュニアも生徒全員が顔見知りなので、保育遊びの延長のように感じているみたいです。どちらの教室も体験入学を実施しているので、気になった方は是非、一度受けてみられてはいかがですか。

スポンサードリンク


 

関連記事

コーヒーの豆知識!プロが教えてくれた得する情報を紹介

  私は1日に最低2回は必ず飲むほど、コーヒーが大好きです。先日、老舗珈琲店

記事を読む

髪の乾燥に注意!簡単ヘアケア方法とおすすめ商品の紹介

  皆さんは冬になるとお肌や喉の乾燥を気にされ、色々対策をされると思いますが

記事を読む

巨大フードフェス『まんパクin万博2015』に行ってきました!

  三連休の最終日10月12日(月)に家族で大阪の万博記念公園で行われている

記事を読む

高機能ランニングシューズが続々登場!快適な走りをサポート!

  気候も過ごしやすくなり、そろそろ何かスポーツをはじめられる方もいると思い

記事を読む

最近のふりかけは凄い!コラボ商品も続々と登場

  私は毎日、お昼は妻の手作り弁当を食べているのですが、毎回ご飯にふりかけを

記事を読む

意外と知らない栄養価アップの『食べ合わせ』を紹介します!

  日本人は以前から健康や美容に対する自己管理意識が高く、その影響かテレビや

記事を読む

南国の楽園リゾート地『ハワイ』へ旅行に行ってきました!

  5月25日(木)から、約10年ぶりに南国の楽園リゾート「ハワイ」へ旅行に

記事を読む

初心者でも簡単に使える『楽ちん』アウトドアグッズの紹介

  去年、一大ブームとなった自然の中にいながら、高級ホテル並みの豪華で快適な

記事を読む

食品業界が注目している話題の『ロカボ』をご存知ですか?

  私が住んでいる神戸市では、去年の9月から市が後援し、街ぐるみで取り組んで

記事を読む

iPhoneが壊れました。復旧までの道のり!!

  先月の下旬のことです。私のiPhone5が壊れました。ショック!! 私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2017年】夏の必需家電『扇風機』の最新おすすめ5商品を紹介

  6月に入り、徐々に夏本番に近づいて来た今日

【2017年】夏に流行りそう?!話題のひんやりスイーツを紹介

  今年も冷たいモノが食べたくなる暑い季節が近

【2017年・夏】私が『IKEA』で見つけたおすすめ商品の紹介

  週末に久しぶりに「IKEA」に行ってきまし

日経MJの2017年下期トレンド予想!注目の19商品を紹介

  前回紹介した「日経MJ・2017年上期ヒッ

日経MJが2017年上期ヒット商品番付発表!注目の商品は?

  今日発売の日経MJで「2017年上期ヒット

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑