*

まさかの難聴?40代でも聴力が悪くなる原因と改善方法について

公開日: : ライフスタイル

 

現在、私は40歳なのですが、最近よくテレビの音量が大き過ぎると嫁さんに言われるようになりました。仕事中でも、電話や会話が聴き取り難くなってきていることにここ数年気になっていました。毎年受けている健康診断の結果では、B判定の「わずかに異常を認めるが、日常生活は差支えなし」と診断されていたので、それほど気にも留めていなかったのですが、最近は特に難聴具合が顕著に表れていて、とうとう老化現象かと思う程でした。このように普段の生活レベルで支障をきたすような聴きずらい現象があるとイライラが募ります。最近ではジャニーズのKinKi Kids堂本剛さんが「突発性難聴」で入院されたことが大きくニュースで取り上げられていました。堂本剛さんと私は年齢が近いこともあり、明日は我が身と想いながら危機感を募らせています。ただ、「難聴」だとハッキリ言えるほど耳の状態は悪くないので、まずは悪化させないようにしなくてはいけません。そして、まだアラフォーの私としては、正常な聴力を取り戻すべく、聴力について理解し、悩みを解決出来るように調べてみることにしました。

スポンサードリンク

難聴とは


photo credit: icd10for via photopin All rights reserved by the author

聴力は加齢に伴って悪くなっていきます。歳と共に「耳鳴り・難聴・めまい」に悩む方は増え、65歳以上では約3人に1人が難聴を抱えているそうです。その症状を「老人性難聴」と言い、高周波数の音域を聞き取り難くなっていくことで難聴と診断されます。聴覚は50代以上の方から衰えはじめますが、早い方では30代後半の方でも発症するそうです。多くの方は、「歳だから仕方がない」、「慣れるしかない」などの理由で諦めるそうです。しかし、そのまま放っておくと悪化する恐れもあり、最悪の場合聴力を失ってしまう危険もあります。

また、KinKi Kids堂本剛さんが発症した「突発性難聴」も、最近では増えている難聴の一つです。「突発性難聴」は、突然朝起きたら聴こえなくなっている症状で難病として扱われています。原因ははっきりしていないのが特徴的で、大きな要因の一つとしてウイルス感染が原因とも言われています。その他にもストレスや生活習慣の乱れも影響しているそうですが、治療するのが遅れた場合には完治しない病気なのです。若い方にも発症が増えている怖い病気です。

スポンサードリンク

難聴の原因について

耳鳴りやめまいなど、聴覚のトラブルについて医学的に完全には分かっていないようですが、大きな要因として二つあると言われています。それは「内耳の血流障害」と「自律神経の乱れ」です。

内耳の血流障害

耳は多くの毛細血管が集まる器官です。加齢などで、毛細血管の血流が悪くなると酸素や栄養が内耳に行き渡らず、正常に聴力が働かなくなり、耳鳴りや聴覚が起こります。

自律神経の乱れ

ホルモンバランスの乱れやストレスなどにより自律神経が乱れると、内耳の蝸牛(かぎゅう)と言う器官に異常が起こり、耳鳴りやめまいを招きます。

 

上記の要因で分かる通り、生活習慣を見直すことで聴覚の回復に繋がることが分かります。

また最近、若者に増えている難聴について言われていることは、近年技術の発達により多くの方が所持しているスマホや携帯音楽プレーヤーが原因ではないか?ということです。イヤホンで大音量を長時間聴き続けていると聴覚に負担が掛かります。大きな音を聴き続けると難聴になるのが早くなるとも言われており、世界保健機関(WHO)でも携帯音楽プレーヤーなどで音楽を聴くのを1日1時間で抑える必要があると発表しています。KinKi Kids堂本剛さんの「突発性難聴」の原因はこれに関係している可能性も考えられます。ミュージシャンという職業病なのかもしれませんね。ちなみに、私の聴力低下の原因は、スマホからラジオをイヤホンを使って聴くことが多く、聴覚に負担が掛かっているのではと推測しています。ほぼ毎日聴いているので・・・。

静かな部屋にいる時、急に「キーン」や「ジージー」などの耳鳴りが起こった場合、これは内耳の細胞が損傷しているサインです。大音量は、内耳の細胞を破壊するだけなので気を付けましょう。

 

難聴にならないための予防方法は?

聴覚は生活する上で、大切な器官の一つです。音を聴く能力が失ってしまうと人生の楽しみが半減してしまうと言っても過言ではありません。聴力は加齢に伴って悪くなり、治療が難しいと言われています。その為に、日々の生活から気を付けて、未然に防ぐ方法を知識として知っておきましょう。

血流障害に気を付けること

内耳の毛細血管の血流が悪くなると酸素と栄養が行き渡らず、結果として聴覚が正常に働かなくなります。血流障害は、血管の壁が硬くなって血液が流れにくくなったり、血管が細くなって詰まることで血液の流れが滞ってしまうことなので、聴覚だけでなく、様々な健康被害が発症します。日々の健康管理に気を配ることが大切です。

生活習慣を乱さないこと

ホルモンバランスの乱れと、ストレスによって自律神経は乱れます。その結果、耳鳴りやめまいの原因に繋がります。まずは生活習慣を正すことが大切です。まずは簡単なことから見直していきましょう。

  • 早寝早起きをする
  • 栄養バランスのとれた食事を摂る
  • 仕事やプライベートで受けるストレスを貯めない

以上の事を踏まえて生活を心掛ければ体全体の健康を維持出来ます。

大音量で音楽などを聴かないこと

職場環境で、騒音を聴くことに関しては改善の余地はなかなか難しいと思いますが、スマホや携帯音楽プレーヤーなどの端末からイヤホンで大音量を長時間聴くのは避けた方がいいでしょう。またライブ会場やカラオケなど大きな音がする環境も注意が必要ですね。聴覚も休息が大切です。

 

難聴は「蜂の子」の力で改善するという情報を入手

耳鳴りや難聴の症状を総合的に改善する素材として、今注目を集めているのが「蜂の子」だそうです。昔から漢方の主原料として利用されている「蜂の子」は、耳のトラブルに有効なアミノ酸が大変豊富で、難聴の要因として挙げた「内耳の血流障害」の改善や、「自律神経の乱れ」を整えてくれる効果があるようです。

ちなみに、「蜂の子」はサプリメントに使われることも多く、その場合、一般的に、栄養が最も濃縮された生後21日目のオスの蜂の赤ちゃんが使用されています。「蜂の子」は生まれて3日間はローヤルゼリーを栄養素として、その後働き蜂が集めて酵素で分解したハチミツを食べています。なので「蜂の子」は、栄養学的に優れた、低カロリーで良質なタンパク質の固まりなのです。

そんな栄養の宝庫「蜂の子」が摂取できるサプリメントの名が「花菜の厳選蜂の子」と言います。このサプリメントは、モニター満足度が88%もあり、その上、リラックス効果がある「クアンソウ」、血流改善を促す「イチョウ葉エキス」、巡りを良くする「ナギイカダエキス」の3つの成分がプラスされている、栄養素たっぷりあるサプリメントなのです。

私のような聴力に支障が出てしまった方にとっては非常に魅力的なサプリメントです。有用性と安全性を兼ね備え栄養価の高い「蜂の子」は、是非おすすめしたいです。

万能食材「蜂の子」のパワーを凝縮したサプリメント「花菜の厳選蜂の子」

 

まとめ

聴覚は、ヒトが生まれてから当たり前の様に備わっている感覚機能である五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の一つです。当然、聴覚は生活する上で、無くてはならない大事な器官になります。出来れば生涯を全うするその日まで大切にあり続けてほしい感覚の一つですよね。万が一、難聴になったとしても、上記で紹介した「蜂の子」の様なサプリもありますので、希望は捨てずに最後まで諦めないようにしたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

関西で初詣に行くならこの神社!私のおすすめスポットを紹介

  今年も終わりに近づき、そろそろ年末・年始の準備が気になるこの頃ですが、年

記事を読む

話題の『バルミューダ ザ・トースター』が欲しい!

  我が家で長年(約10年)使っていたトースターが壊れてしまい、新しいモノを

記事を読む

娘の歯並びが気になるので『矯正歯科』について調べてみました

  我が家の娘も6歳になり、最近やっと乳歯の生え変わりがはじまり、立て続けに

記事を読む

個人型確定拠出年金『iDeCo(イデコ)』を始めてみました!

  みなさん、去年に発表された月刊情報誌「日経TRENDY(トレンディ)」の

記事を読む

2泊3日の『沖縄旅行』!家族で行ってきました!

  先日の3連休に、家族と親戚を合わせて9名の大所帯で2泊3日の沖縄旅行に行

記事を読む

放っておくと怖い『歯周病』!正しい知識と予防を紹介します

  先日、歯の定期検診に行ってきました。虫歯などはありませんでしたが、その際

記事を読む

夏の時期に持っていたら便利なオススメグッズを紹介!

  夏といえば、熱中症や食中毒、女性の方は日焼けや肌のお手入れ等、気になるこ

記事を読む

人気の『沖縄美ら海水族館』に行ってきました!噂通り凄かった

  沖縄旅行に行ったなら誰もが足を運ぶと言われている「沖縄美ら海水族館」。開

記事を読む

夏休みの自由研究!小学校1年生の娘が初めて作ったのは貯金箱

  早いもので夏休みも終わりと告げようとしています。一部の地域ではすでに授業

記事を読む

掃除代行業4社を調査!年末大掃除はプロにおまかせ!?

  大掃除はしたいけれど、仕方がわからない、時間がない方にうれしいのが掃除代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今から注目!2018年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  今年も年末恒例となりました、私が予想する来

【2017年】クリスマスプレゼントにおすすめな玩具を紹介

  もうすぐクリスマスですが、お子さんに何をプ

【2017年】コストコ商品!買って良かったものベスト5

  当ブログで何度も紹介されていただいた我が家

日経MJが2017年ヒット商品番付発表!決まり手は『ウチ充』

  12月6日付で日本経済新聞社が発行している

飲み会へ行く前に知っておきたい!お酒との上手な付き合い方

  年末年始に向けて忘年会や新年会に誘われる機

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑