*

密かに話題になっているオシャレで個性的な『はんこ』を紹介

公開日: : おすすめ情報

 

私たちが生活するにあたって切っても切れないモノのひとつに「はんこ」があります。日本では仕事やプライベートで頻繁に使う「はんこ」ですが、実は現在「はんこ」文化を継続しているのか日本だけだということをご存じですか。欧米は勿論「サイン」文化が主流ですが、「はんこ」発祥の地である中国、韓国、台湾などは以前は日本同様「印鑑登録制度」がありましたが、現在は廃止され、「サイン」文化が主流になっているそうです。今や日本独自の文化となりつつ「はんこ」ですが、最近では、デザイン性に富んだモノや動物をあしらったかわいいモノまで多種多彩な品揃えとなっています。そこで今回は今までになかった、持っているだけで楽しくなるおすすめ「はんこ」、5アイテムを紹介したいと思います。4月からの新生活アイテムの一つとして、購入してみてはいかがですか。

スポンサードリンク

話題になっている5つの「はんこ」を紹介

【OOiNN(オーイン)】GRAPHシリーズ

こちらは、東京の三軒茶屋のデザイン事務所が手がけるタイポグラフィ・ハンコシリーズのひとつで、 通常の印鑑とは違った設計図のような幾何学模様で構築されたモダンでグラフィカルな文字が特徴の商品です。漢字と図形、それぞれが持つ美しさを融合させた遊び心あるのある商品は、自分のために作られたオリジナルデザインで、商品が届くまでデザインは確認できません。ちなみに現在は、注文が殺到したため販売を一時中止しています。

「GRAPHシリーズ」以外には、シンプルなロゴのようなデザインのアルファベットネーム印の「LOGOシリーズ」、日常で使用する氏名スタンプや事務スタンプを個性的な書体でアレンジした「GOMUシリーズ」、正円をモチーフにした苗字の画数が少ない方向けのネーム印「CIRCLEシリーズ」などがあります。他の人とはかぶらない、個性的な印鑑が欲しいという方におすすめな逸品です。

公式HPはこちら

 

【ハンコズ】ニッポン匠紀行・三国志図鑑

こちらは、どうぶつから仏像や浮世絵まだ幅広いデザインの印鑑を作りだし話題となっている「ハンコズ」から発売された新シリーズの印鑑で、商品名のとおりている三国志にちなんだ商品となっています。同店が発売している「ニッポン匠(TAKUMI)紀行シリーズ」の外伝という形で発売されており、印影には曹操、劉備、呂布、関羽、趙雲といった三国志に登場する英雄たちを描いたイラストに加え、自分の名前を彫刻してくれます。用意されているイラストは全部で19種類でボディもは黒水牛・柘植の2種類から選べます。ちなみに認め印、銀行印としての利用が可能ですが、一部使えない金融機関がありますので使用する際は確認をお願いしますとのことです。

三国志は日本でもとても人気の高い歴史モノなので、興味をそそられる方も多いと思います。実は我が家の主人も大の三国志ファンで、毎年1回は全60巻もある漫画本を愛読しています。なので買おうかどうしようか迷っていますし、買うとしてもどの登場人物にしようかとそこでもまた悩んでいます。

公式HPはこちら

スポンサードリンク

【デザインルーム】キー印

こちらは、PCのキーボードを模した形状の朱肉を必要としない印鑑でキーを打つように押印する商品です。デザイン性が高い上に実用性もあり、四角い形状のため転がることもなく、初めのセッティングさえすれば上下や向きをイチイチ確認せずに押印出来ます。また、印面が紙に触れるのはキーを押した時だけなので机の上に置きっぱなしにしていても周りのモノを汚したりもしません(※乾燥防止のためにキャップをする必要はあり)。なので、たくさんの書類に印を押さねばならない時には大変便利です。キートップは「A」~「Z」の26文字と「Esc」の計27種類、書体は6種類(楷書体、古印体、てん書体、行書体、丸ゴシック体、ポップ体)、印面の文字はフルネーム、苗字、名前など最大6文字で自由にオーダー出来、インクの色は6種類(朱、赤、青、緑、紫、黒)から選べます。

公式HPはこちら

 

【ハンコヤドットコム】HANCODE

こちらは、世界初・所有者自身の遺伝子検査結果から性格に関する部分を印面にデザインしたチタン製の印鑑で、現代社会においてより一層の安全性や独自性の高いモノが必要と考えて開発された商品です。遺伝検査のパイオニアであるジェネシスヘルスケア社の「社会性」、「慎重性、繊細性」、「勤勉性」、「協調性」、「開放性、文化性」という5つの要素から個人の性格・体質・特長などの傾向を分析する遺伝子検査キット「GeneLife Myself2.0(ジーンライフマイセルフ2.0)」を基に、独自のプログラムによって2430万通りもの固有のデザインを生成し、そこに注文主の名前を重ねることでオリジナルの印面をデザインし、DNAをイメージした2重らせん構造のチタン製の本体に刻印して完成させます。ちなみに値段は7万5384円(税込)とやや高額となっています。

公式HPはこちら

 

【シャチハタ】おててポン

こちらは、子供が楽しみながら上手な手洗いの練習ができる大手印章製造会社・シャチハタ㈱が開発した印鑑で、名古屋芸術大学デザイン学部ヴィジュアルデザインコースとの産学連携ワークショップにおけるアイデア提案を基に作られた商品です。外遊びから帰った子供たちの手には、目に見えないバイ菌が多数存在しています。最近流行しているノロウイルスやインフルエンザなどの感染症や食中毒の予防のためにも外部からのバイ菌から守る手洗いは大変効果的ですが、消費者庁の調べによると実際には手洗いにかける時間が15秒以下の簡易的な手洗いで済ませている家庭が7割以上を占めているのが現状だそうです。こちらの商品はそういった状態を打破しようと、子供の手のひらにバイ菌のイラストをスタンプし、その印影がキレイに消えるよう石鹸を使ってしっかり上手に手洗いしてもらおうという、まさに手洗い練習用スタンプです。バイ菌のイラストが消える過程が視覚的に確認できるので子供たちも楽しみながら練習できます。子供さんがいる家庭や保育所などの施設におすすめしたい商品です。

公式HPはこちら

 

まとめ

私も仕事で一日何度も印鑑を使うことがあり、またプライベートでも回覧板や荷物の受け取りなど使う頻度が多いです。今回紹介した商品はそれぞれ個性的で色々使い分けて使うと、とても楽しそうだと思います。とくに「キー印」は仕事用に是非ひとつ欲しいですね。あと、「おててポン」は家族の病気予防のためにも購入してみてもいいかもと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2015年12月】

  日曜日に今年最後のコストコに行ってきました。その日は実家でクリスマスパー

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年10月】

  今年の10月は例年比べ、気候が悪く、どんよりした日が多かったように感じま

記事を読む

【2015年】コンビニ夏のスイーツ特集!人気3社の新商品を紹介

  今週に入り、益々夏らしい気候になってきました。東京では、5月に入り25度

記事を読む

おせち特集!2015年のチョッと気になるおせちを紹介

  お正月に食べる料理といえば、やっぱり"おせち"です。今年も、各店思考を凝

記事を読む

クリスマスイルミネーション!関西おすすめ情報『京都編』

  もうすぐクリスマスがやってきます。全国各地でクリスマスシーズンに向け数多

記事を読む

【2016年】神戸発『焼き菓子』が美味しいスイーツ店を紹介!

  昨年の5月のブログで関西の焼き菓子が美味しいスイーツ店を紹介させていただ

記事を読む

アメリカで大人気の「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!

  コーヒー業界の「Apple」とも言われている、アメリカで大人気のコーヒー

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2017年5月】

  最近はすっかり過ごしやすい気候となり、我が家でも休日にお出かけすることが

記事を読む

花フェス対決!『万博記念公園』vs『淡路島』あなたはどっち?

  春といえば桜をはじめ、たくさんの花々が咲き、気候も気持ちも暖かくなる季節

記事を読む

お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2015年11月】

  11月に入りすっかり寒くなった今日この頃ですが、我が家でもそろそろコート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2018年】これで福を呼び込もう!おすすめ『恵方巻き』の紹介

  もうすぐ2月3日の節分を迎えますが、節分で

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2018年1月】

  先日の休みに今年初コストコに行ってきました

【営業マンの基本】営業マンの基本は「マナー」から

  マナーのなっていない営業マンは問題外。明る

2018年は面白い事がいっぱい!注目すべき5つのイベントを紹介

  2018年ももうすでに半月が過ぎようとして

お菓子の工園『グリコピア神戸』に家族で行ってきました!

  先日の休日に神戸市にある「グリコピア神戸」

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑