*

映画『クリード/炎の宿敵』!ロッキーファン待望の続編に期待大

公開日: : 映画情報

 

来年早々に期待の最新映画が上映します。その最新作は、ロッキーファン待望の「クリード/炎の宿敵」で、2019年1月11日(金)より全国ロードショーされます。

本作品は、「ロッキー」の新章としてはじまり、前作「クリード/チャンプを継ぐ男」の続編となります。前作は2015年11月25日にアメリカで公開されて、最終的に全世界の累計興行収入が1億7356万ドルを記録し大ヒットとなりました。そんな前作から3年が経ち全世界のロッキーファンが待ちに待った最新作ですが、アメリカでは11月21日から公開されて、公開5日間で興行成績が5580万ドルを記録し前作を上回る好調ぶりだそうです。

増々期待が高まる本作品ですが、ストーリーもロッキーファンには堪らない脚本となっており、ロッキーシリーズ最高のヒット作で興行収入が約3億ドルを記録した「ロッキー4/炎の友情」を受け継ぐ内容となります。

最新作もかなり期待が持てるロッキーファンには見逃せない映画です。

予告編(YouTube)
公式サイトはこちら
全国上映劇場一覧

スポンサードリンク

簡単に前作「クリード/チャンプを継ぐ男」の解説をします

クリード チャンプを継ぐ男 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
冒頭でも触れていますが、前作は2015年に上映され作品です。ロッキーの新章として公開された「クリード」ですが、ロッキーと言えばシルベスター・スタローンですが、ロッキーは主人公ではなく、引退したロッキーが過去に数々名勝負を繰り広げたライバルであり盟友だった元世界チャンピオンのアポロ・クリードの息子アドニス・クリードという青年をプロボクサーへと育て上げるまでの物語でした。

詳しくは過去に書いた記事を参照下さい

ちなみに豆知識ですが、前作「クリード/チャンプを継ぐ男」を企画・脚本・監督を務めたのがライアン・クーグラーで、その後マーベル映画「ブラックパンサー」の脚本・監督を手掛けています。その映画「ブラックパンサー」には、アドニス・クリード役のマイケル・B・ジョーダンが敵役(キルモンガー)として出演しています。既に新作「クリード/炎の宿敵」の撮影に臨むためヘビー級ボクサーの体型に作り上げていたと推測されます。「ブラックパンサー」に出演した時は筋骨隆々の姿でしたからね。
ブラックパンサー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スポンサードリンク

最作「クリード/炎の宿敵」の紹介

映画ポスター クリード 2 炎の宿敵 CREED 2 US版 hi5 [並行輸入品]
この映画のキャッチコピーは、「戦わなければならない奴がいる。」です。まさに、「ロッキー4/炎の友情」を受け継ぐ、息子同士の宿命の戦いが舞台となります。オールドファンには堪らない映画です。

ストーリー

『ロッキー4/炎の友情』で最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がる。シリーズに新風を吹き込んだ傑作と全世界から大絶賛を受けた『クリード チャンプを継ぐ男』でロッキーのサポートを受け、一人前のボクサーへと成長した亡きアポロの息子、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)。対する相手はドラゴの息子、ヴィクター。ウクライナの過酷な環境から勝ち上がってきた最強の挑戦者だ。アドニスにとっては、父を殺した男の血を引く宿敵となる。アポロVS.ドラゴから、アドニスVS.ヴィクターへ。時代を超えて魂のバトンが手渡される因縁の対決。絶対に見逃すわけにはいかない。世紀のタイトルマッチのゴングが、いま鳴り響く!

ロッキーとクリード。宿敵を前に、いま二人の絆が試される。

引用元:http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/index.html

キャスト

シルヴェスター・スタローン

映画ポスター クリード 2 炎の宿敵 CREED 2 SP版 hi4 [並行輸入品]
ロッキー・バルボア役
シルヴェスター・スタローンは最新作でも製作・ストーリー・脚本としても参加していおります。

本作について下記のようなコメントをしています。

「ロッキーは2006年に終わったと思っていた、それで十分満足していた」と述べた上で、共演者のマイケル・B・ジョーダンを指し示しながら「そして突然この若者が現れ、物語全てが変わった」「物語は新たな世代、新たな困難、新たな冒険へと引き継がれた」

「この意義あるキャラクターを生み出し、演じられたことは私にとってこの上ない名誉だった」「胸が張り裂けそうだが、全てのものは過ぎ去り、終わりを迎えなければならない」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000043-jij_afp-ent

マイケル・B・ジョーダン

映画ポスター クリード 2 炎の宿敵 CREED 2 SP版 hi2 [並行輸入品]
主人公のアドニス・クリード役
世界ヘビー級チャンピオン

テッサ・トンプソン

ビアンカ役
アドニス・クリードの妻
アドニス・クリードの間に娘が産まれる

フィリシア・ラシャド

メアリー・アン・クリード役
アドニスの母親

ドルフ・ラングレン

イワン・ドラゴ役
ロッキー最強の宿敵
33年前にアドニス・クリードの父アポロ・クリードをリング上で殴り殺した旧ソ連のアマチュアボクシングヘビー級王者。

フローリアン・ムンテアヌ

ヴィクトル・ドラゴ役
イワン・ドラゴの息子

 

まとめ

今回の作品「クリード/炎の宿敵」は、過去の作品である「ロッキー4/炎の友情」のその後を描いた本当の続編と言ってもいいくらいに、親から受け継いだ宿命を息子同士がリングの上で対決する物語となっています。前作「クリード/チャンプを継ぐ男」のテーマは「家族愛や友情、夢を叶えたい」と言う感動作になっていましたが、本作での予告編を観る限りでは「復習」が色濃く描かれているように感じましたが、ボクシングシーンの興奮は勿論のこと、ロッキーシリーズならではの感動をどのように描いているのか楽しみでもある映画です。是非、映画館へ観に行きたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

映画『96時間/レクイエム』!無敵の父親、シリーズ最終章へ

  世界中で大ヒットとなったリュック・ベッソン製作&脚本、ノンストップアクシ

記事を読む

映画『ひつじのショーン』試写会行きました。やっぱり面白い!

  昨日の土曜日(6/13)、映画『ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホー

記事を読む

映画『天空の蜂』!東野圭吾原作の傑作作品の実写化に興奮

  今年一番楽しみにしていた最新映画、東野圭吾原作の『天空の蜂』が2015年

記事を読む

厳選!おすすめ映画ベスト10を紹介

  もう少しで今年が終ります。皆さん年末年始はどのような予定をされていますか

記事を読む

映画『クリード/チャンプを継ぐ男』!ロッキーファン必見です

  今年はもう映画は見納めかと思っていたのですが、年末にあの不朽の名作「ロッ

記事を読む

ディズニー映画最新作『ベイマックス』!公開間近。癒されます!

  「アナと雪の女王」が世界中で大ヒットし、日本でも「アナ雪」ブームが未だに

記事を読む

映画『ジャッジ/裁かれる判事』!極上の法廷サスペンスに期待

  今一番気になる最新映画があります。それは、法廷サスペンス映画『ジャッジ/

記事を読む

映画『寄生獣』PART1!公開間近。キャストが素晴らしい!

  原作者の岩明均さんが1990年から1995年まで「月刊アフタヌーン」(講

記事を読む

ムーミン生誕100周年!映画公開やイベントが満載!

  2014年は「ムーミン」の生みの親であるフィンランドの作家トーベ・ヤンソ

記事を読む

映画『バットマンvsスーパーマン』!世紀の対決に興奮

  今回の作品は、アメリカン・コミック(通称:アメコミ)が大好きで、実写化さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日経MJが2018年ヒット商品番付発表!平成最後の番付は?

  12月5日付で日本経済新聞社が発行している

【営業マンの基本】営業に必要な3つのスキルを磨こう

  営業は、商品知識が最大の武器であり、どれだ

映画『クリード/炎の宿敵』!ロッキーファン待望の続編に期待大

  来年早々に期待の最新映画が上映します。その

阪神タイガース『ファン感謝デー2018』に行ってきました!

  先日の11月23日(金・祝)に、家族で阪神

平成30年度から年末調整が変更になったので簡単に説明します

  早いモノで今年もあと1ヶ月と少しで終わりを

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑