*

カウントダウンイベントがいっぱい!年越しはどこで過ごします?

公開日: : 最終更新日:2016/07/07 おすすめ情報, エンタメ

sylvester-435376_1024

 

毎年たくさんのカウントダウンイベントが全国各地で行われますが、今年も色々志向を凝らしたイベントがいっぱいです。私の住む関西で、とくに興味をもったイベントをいくつか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

“ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2015″と称し、1年に1度だけオールナイト営業が開催されます。今年7月にオープンした”ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター”も、初のオールナイト営業でいつもとはまた違った雰囲気で楽しめそうです。人気の”NEWアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D”や、”ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド”も乗り放題で朝まで楽しめること間違いなし。アトラクション以外にも、m-floや武田真治、MUNEHIRO(鈴木紗理奈)等が出演するライブショーも開催。でも一番のお楽しみは、年明けに打ち上げられる約3000発の花火でしょう。豪華な花火と共に新年を迎えるのいいですね。ちなみに、パーティ・パスはまだ購入可能ですが、その他のチケットは全て完売しています。

料金
パーティ・パス 10,800円
※2015年1月1日(祝)21:00まで有効(イベントは2015年1月1日2:00終了)

期間
12/31(水) 19:00~26:00

 

カウントダウン2014-2015″大阪城3Dマッピング・スーパーイルミネーション”

12月13日から開催されいる大阪城天守閣や西の丸庭園一帯を豪華に彩る光のイルミネーション”大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション”のカウントダウンイベント。大阪城をスクリーンにした3Dマッピングやイルミネーションショーに加えて、大阪出身の人気アーティスト・大塚愛さんのスペシャルライブが行われます。壮大なお城とイルミネーションを見ながらの年越しは、過去と現在が感じられる幻想的な年越しになりそうです。

料金
レギュラーチケット 大人4,700円、小人2,900円
プレミアムチケット 大人7,500円、小人4,700円

期間
12/31(水) 17:30~25:30(最終入場24:00)

 

スポンサードリンク

神戸市立須磨海浜水族館

今年の12月1日(月)から始まっている須磨アクアイルミナージュが25:00まで特別開場されます。園内に施された光のイルミネーションが楽しめる他、アカペラライブ、DJショー、カウントダウン特別イルカライブ、マジックや大道芸が楽しめるエンターテイメントショーの4会場でカウントダウンイベントが開催。大晦日の夜は、須磨水族館で新年を祝ってみてはいかがですか?

入園料
大人(中学生以上)1500円、小人(小学生以下)1000円
マッピング付きカウントダウンイルカライブは特別観覧チケット1000円が別途必要。

期間
12/31(水) 17:30~25:00(最終入園24:00)

 

和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ

大晦日恒例となっている和歌山マリーナシティのカウントダウンイベントです。大晦日限定のライブイベントでは、スペシャルゲストにラップ・ユニットのHilcrhymeを迎え、その他和歌山出身のミュージシャンやご当地アイドルが登場、会場を盛り上げます。年越しの際には会場にいる全員で新年に向けてカウントダウンを行い、2015年の幕開けを祝います。年が明けた0:40頃からは、打ち上げ花火約1000発と特殊効果花火約5000発で構成されている花火ショー”ニューイヤーズスターライトイリュージョン2015~シンフォニー~”を開催。年明け早々、豪華な音と光が楽しめます。

入園料
大人(中学生以上)1500円、小人(3歳以上)900円
観覧料は無料

期間
12/31(水) 19:00~24:50

 

まとめ

殆どのイベントが今話題のプロジェクションマッピングと花火を催したイベントになっています。夜空に浮かぶ幻想的な映像と花火の煌びやかさが年越しを祝うイベントにぴったりですね。東京ディズニーリゾートでも、ランドとシーそれぞれでカウントダウンイベントを行うそうで、娘が大きくなったらそちらも是非行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

『特別展ガウディ×井上雄彦』3月21日より神戸で開催!

  世界的建築家アントニ・ガウディ氏と日本を代表する漫画家井上雄彦氏のコラボ

記事を読む

人気アウトドアブランド『パタゴニア』が食品を発売しました!

  アメリカの老舗アウトドア・ブランド「パタゴニア」が原材料にこだわった食品

記事を読む

話題の大阪・谷町発の新B級グルメ『ペペ飯』をご存じですか?

  大阪屈指のオフィス街、市営地下鉄谷町四丁目駅周辺で話題となっている「ペペ

記事を読む

7月3日は『ソフトクリームの日』!由来から新商品まで紹介

  7月3日は「ソフトクリームの日」なのを皆さんご存知ですか?子供からお年寄

記事を読む

話題のスーパー『北野エース』!個性的な品揃えで注目

  最近、競争激しい食品スーパー業界の中で、一際成長している「北野エース」を

記事を読む

ローソン『ハワイフェア』開催!ハワイ往復航空券が当たるかも?

  ローソンでは、7月14日(火)~8月3日(月)の間、ハワイ州観光局後援の

記事を読む

5月10日は『母の日』!プレゼントにぴったりな商品を紹介

  日頃お世話になっているお母さんへの感謝を表す「母の日」。実はこの母の日、

記事を読む

大人も子供もハマる『キャラクターカフェ』を紹介【関西編No.3】

  今回は、すでに何度か紹介させていただいている「キャラクターカフェ」の最新

記事を読む

今から注目!2016年流行りそうな食べ物を一挙紹介

  去年のプログで紹介しました「2015年流行りそうな食べ物」につづき、今年

記事を読む

今、話題の女性に大人気『大人の塗り絵』をご存じですか?

  皆さん、最近、ニュースや雑誌等で度々取り上げられている「大人の塗り絵」を

記事を読む

Comment

  1. レナ より:

    私は断然、大阪城派です。
    実際に観に行きましたが、それぞれのオブジェの個性が光りつつも、天守閣の3Dマッピングに、最期まで大阪城を守ろうとした豊臣側の決死の思いを感じずにはいられませんでした。
    レギュラーチケットでも、500円で特別席が用意されていました。会場内のあったか休憩所や、暖かい食べ物の屋体を出しているところにも、日本らしいおもてなしの心が感じられ、あくまで和のテイストを大切にしている様子が印象的です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『’17食博覧会大阪』vs『カレーEXPO2017』!あなたはどちら派?

  大阪では今年のゴールデンウィークに人気の2

今、味噌汁が熱い!昔ながらから進化系まで最新お味噌汁を紹介

  米の消費量減少や食生活の欧米化で、年々出荷

個人型確定拠出年金『iDeCo(イデコ)』を始めてみました!

  みなさん、去年に発表された月刊情報誌「日経

備えあれば憂い無し!子供を見守るGPSはこれに決めました

  我が家の娘も、今年の4月に晴れて小学校に入

【2017年】コンビニ大手3社の春のおすすめ商品を一挙紹介!

  去年の「ファミリーマート」と「サークルKサ

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑