*

アメリカで大人気の「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 おすすめ情報, ビジネス

bluebottlecoffee_logo_1024

 

コーヒー業界の「Apple」とも言われている、アメリカで大人気のコーヒーショップ「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」が、東京の清澄白河に2月6日、1号店をオープンさせました。2015年3月7日には青山に2号店をオープンさせる予定で益々注目されること間違いなしです。そんな「ブルーボトルコーヒー」について色々紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)とは?

クラリネット奏者だったジェームス・フリーマン氏がミュージシャンとしての道を諦めた後、本当に美味しいコーヒーを作ろうと決心し、自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒーです。2002年から始まったブルーボトルコーヒーは、2010年にはニューヨークに進出し、現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス等に16店舗展開している。また、このお店には、「コーヒー界のApple」や「サードウェーブ(第3の)コーヒー」という呼び名がある。「コーヒー界のApple」というのは、始まりがAppleと同じガレージという事と、ロゴマークやお店の雰囲気がシンプルな所が共通しているからだと思われます。もう一つの「サードウェーブ(第3の)コーヒー」というのは、ブルーボトルコーヒーが提供している「マイクロ・ブリュー・コーヒー」が由来です。「マイクロ・ブリュー・コーヒー」は、1杯ずつ丁寧に淹れるが特徴で、その豊かな香りと味あいは全米中を虜にする勢い。またこちらは、大手コーヒーチェーン店と違い各店舗が画一化されておらず、地域にあった店舗展開をしています。例えばコーヒーを入れるカップも地域によって素材、ロゴの位置が微妙に違います。ただ、全てが異なるわけではなく、店内には必ず花が飾られていたり、内装は同じ素材のものを使ったり、ちょっとした所で共通感を出しています。

 

コーヒーのこだわりについて

ブルーボトルコーヒーの特徴のひとつが徹底したおいしさへの追求です。自身で買い付けに行き厳選したオーガニック・フェアトレードの豆を自社ロースタリーで毎日焙煎。しかも焙煎後48時間以内のコーヒー豆しか提供しない。豆を挽いて45秒以内にお湯を注ぐ等、こだわりがいっぱいです。豆の選択も、オーガニックであることは勿論のこと、豆を摘んだ人の名前や、木の様子も把握しています。そのこだわりの豆を熟練したスタッフが一杯ずつ丁寧にハンドドリップしてくれるコーヒーは香り、味、全てが今までにないクオリティーとなっています。ちなみにブルーボトルコーヒーのコンセプトは、「個人の香りがするコーヒーチェーン」だそうです。まさにぴったりです。

スポンサードリンク

名前の由来について

ブルーボトルコーヒーはその名のとおり青いボトルという意味です。1683年7月トルコ軍は30万の軍隊を使い、神聖ローマ皇帝の居城であるウィーンを包囲しましたが、敗退。その後には様々な品物が残されました。その中には大量のコーヒー豆もあり、ローマの兵士フランツ・ゲオルグ・コルシツキーがその豆を引き取り、トルコ風のコーヒーを飲ませるウィーン初のコーヒーハウスを開店。その店の名前が「Blue Bottle」で、その物語を気に入ったジェームス・フリーマン氏が店名にしたそうです。

 

日本初出店。清澄白河店について

清澄白河店のコーヒーは、本日のコーヒーとして「シングルオリジン」と「ブレンドコーヒー」が用意されています。「シングルオリジン」とは、コーヒー豆の生産地などが明確で、なおかつ他の種類や他の地域の豆とブレンドされてないコーヒーのことで、ブルーボトルコーヒーを代表するコーヒーです。その他、エスプレッソ、カプチーノ、ラテ等の定番メニューがラインナップ。価格帯は450円〜600円。フードメニューもクッキーやグラノーラ、サンドイッチ等地元の食材を使った、出来たての美味しさが味わえます。オープン初日は開店前には200人以上の行列が出来、大混雑だったそうです。飲むのも大変ですが、実はそこで働くことはもっと大変で、清澄白河店では20人ほどのスタッフが働いていますが、その応募人数はバリスタ8名に対し550名、68.8の倍率でした。今後オープンする青山店や代官山店ではどうだったのか気になりますね。

【主なドリンクメニュー】

ブレンド・・・450円
シングルオリジンドリップコーヒー・・・550円~
オ・レ・・・500円
エスプレッソ・・・450円
マキアート・・・460円
ジブラルタル・・・480円
アメリカーノ・・・450円
カプチーノ・・・500円
カフェラテ・・・520円
モカ・・・600円
ニューオリンズ(アイス)・・・500円
シングルオリジン(アイス)・・・500円
ホットチョコレート・・・600円
キッズホットチョコレート・・・500円

 

まとめ

正直、今回のニュースを見るまで「ブルーボトルコーヒー」の存在を全く知りませんでした。でも、調べていくうちに是非とも行ってみたいと思いました。一杯一杯丁寧に入れられる自分だけのコーヒーを味わってみたいですね。関西圏出店を願うばかりです。

スポンサードリンク


 

関連記事

『コンビニおでん』特集!大手3社のおすすめ情報

  今年もコンビニ各社、新たな商品開発やだしの改良など独自性を出しています。

記事を読む

話題の『バルミューダ ザ・トースター』が欲しい!

  我が家で長年(約10年)使っていたトースターが壊れてしまい、新しいモノを

記事を読む

話題の『スーパーフード』!美容におすすめな商品を一挙紹介

  テレビや雑誌などでよく目にする「スーパーフード」。「スーパーフード」とは

記事を読む

『4K対応テレビ』が今後テレビ市場で普及していけるのか?

  2014年6月2日から「4K」の試験放送が始まり、その影響で家電量販店で

記事を読む

秋の味覚第2弾!『さつまいも』を使った新商品を紹介します!

  前回のブログで紹介した「栗」に続き、今回はこちらも秋を代表する人気食材「

記事を読む

人気のアサイー!改めて調べてみると凄いフルーツでした

  有名モデル等のオススメ美容食材として紹介され、人気となった話題アサイー。

記事を読む

話題のスーパー『北野エース』!個性的な品揃えで注目

  最近、競争激しい食品スーパー業界の中で、一際成長している「北野エース」を

記事を読む

自粛期間のテレワーク中に私が読んだおすすめ書籍の紹介

  先日のブログで言いましたが、現在私は通常勤務とテレワークを交互に行ってい

記事を読む

ゴールデンウィーク特集!おすすめスポットの紹介【お城編】

  前回紹介した「水族館編」と「観光牧場編」に続く第3弾の今回は、私が大好き

記事を読む

大人も子供もハマる『キャラクターカフェ』を紹介【関西編No.2】

  今年のはじめにも紹介させていただいた「キャラクターカフェ」ですが、私が住

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナ第二波が来る前に買いたいおすすめハンドジェル

  毎日、ニュースで感染者の増加が問題となって

【2020年7月】私が『カルディ』で見つけたおすすめ商品の紹介

  この4連休に久しぶりに「カルディ」で買い物

【営業マンの基本】顧客の断りや抵抗に遭遇した時の対処法

  営業活動において、何の抵抗も無く商品やサー

『ポイ活』して年間約6000円の日用品をもらいました

  我が家も楽天をはじめ、色々なポイントを集め

【2020年7月】我が家の資産運用について紹介

  今年の1月のブログで今後の我が家の資産運用

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑