*

AFCアジアカップ2015!いざ決勝トーナメントへ!!

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 スポーツ

Soccer01

 

オーストラリアで開催中のAFCアジアカップは、1月20日でグループステージ全試合が終了しました。日本代表はグループDを全勝で首位通過。これから決勝トーナメントが始まりますが、日本代表はヨルダン戦から中2日の過密日程で準々決勝を迎えます。一発勝負の決勝トーナメント、連覇に向けて代表選手のコンディションが気になるところです。

スポンサードリンク

グループステージの勝敗について

グループA

1位 韓国 3勝0敗0分(得失点+3)
2位 オーストラリア 2勝1敗0分(得失点+6)
3位 オマーン 1勝2敗0分(得失点-4)
4位 クウェート 0勝3敗0分(得失点-5)

大方の予想通り、韓国とオーストラリアが勝ち上がりました。直接対決では、1-0で韓国が逃げ切り首位通過。オーストラリアは、ケイヒルなど主力攻撃陣を温存し、先を見据えた布陣が仇となった。オーストラリアは準決勝で、日本と対戦することになりそうです。それにしても韓国は全試合1-0での辛勝で、守備の安定感と得点力不足が際立ったかたちとなりました。

グループB

1位 中国 3勝0敗0分(得失点+3)
2位 ウズベキスタン 2勝1敗0分(得失点+2)
3位 サウジアラビア 1勝2敗0分(得失点0)
4位 北朝鮮 0勝3敗0分(得失点-5)

このグループは、中国の健闘ぶりが目立つ結果となりました。中国の首位通過は誰も予想していなかったことだと思います。組織力が大きく改善されたと評価されている中国は今大会のダークホースになるかもしれませんね。ウズベキスタンも近年力をつけてきているので、準々決勝での韓国戦は気になる一戦です。

グループC

1位 イラン 3勝0敗0分(得失点+4)
2位 UAE 2勝1敗0分(得失点+3)
3位 バーレーン 1勝2敗0分(得失点-2)
4位 カタール 0勝3敗0分(得失点-5)

大方の予想通り、イランとUAEが勝ち上がりました。直接対決では、イランが終了間際に1点を奪い勝利。優勝候補でもあるイランに互角の戦いをしたUAEは侮れません。準々決勝でUAEと対戦する日本は要注意です。

グループD

1位 日本 3勝0敗0分(得失点+7)
2位 イラク 2勝1敗0分(得失点+2)
3位 ヨルダン 1勝2敗0分(得失点+1)
4位 パレスチナ 0勝3敗0分(得失点-10)

こちらのグループも順当に、日本とイラクが勝ち上がりました。日本は全勝で、文句なしの首位通過。日本戦は全てテレビ観戦しましたが、危な気無く快勝したイメージですね。全試合無失点と安定した守備陣。終始試合をコントロールし、攻撃も多彩になった攻撃陣。シュートがポストに弾かれるシーンが多く不運もありましたが、納得の首位通過です。一つ不安なのは、コンディションの問題ですね。過密スケジュールと気温の暑さで、体力が最後まで続くか気になります。3試合すべて固定メンバーでのスタメン。選手交代もありましたが、主力の披露蓄積はかなりのモノだと予想されます。ヨルダン戦では、大幅なメンバー入れ替えができればよかったのですが、負ければ予選敗退の可能性もあっただけに仕方がないですね。やはりベテラン勢の依存は今後問題になりそう感じがします。
前回のブログで、日本のキーマンに上げていた長谷部誠選手の活躍は大きかったですね。アンカーとして守備の貢献度や、全体のバランスを取った攻撃参加。リスク管理がしっかり出来ていて安心感があります。このまま決勝トーナメントでも好調を維持してほしいです。
逆に気になった選手は、香川選手です。メンタル面の影響なのか、プレーの硬さが改善されていないように思います。動きの切れやボールタッチは好調のようですが、ゴール前での視野の狭さが目立ちます。全盛期に比べまだまだ程遠い感じですね。ヨルダン戦で得点をしたことは良かったのですが、得点シーンもキーパー正面だったので弾かれていた可能性もありました。全盛期であれば、キーパーの位置を確認し、冷静にゴール隅に流していたはずです。香川選手の完全復活を期待したいです。

スポンサードリンク

グループステージのベスト11が発表されました

グループステージの全試合が終了し、グループステージでのベスト11を同大会の公式ツイッターから発表されました。

【GK】
マット・ライアン(オーストラリア)

【DF】
長友佑都(日本)
吉田麻也(日本)
ムルタザ・プーラリガンジ(イラン)
チャ・ドゥリ(韓国)

【MF】
マッシモ・ルオンゴ(オーストラリア)
キ・ソンヨン(韓国)
オマル・アブドゥッラフマーン(UAE)

【FW】
本田圭佑(日本)
アリー・マブフート(UAE)
ソン・クァー(中国)

日本代表から最多の3名選出。3得点の本田選手と、全試合無失点の守備陣から吉田選手と長友選手が選ばれています。気になる選出では、準々決勝で対戦するUAE代表から2名が選出されています。それも攻撃陣からの選出です。特にオマル・アブドゥッラフマーン選手はトップ下の選手で、欧州からも注目されているキープレーヤー。ポジション的に長谷部選手がマークを付くことになるので、しっかり抑えてほしいですね。

 

決勝トーナメントの組み合わせについて

準々決勝

1月22日
韓国(A組1位) vs ウズベキスタン(B組2位)
中国(B組1位) vs オーストラリア(A組2位)

1月23日
イラン(C組1位) vs イラク(D組2位)
日本(D組1位) vs UAE(C組2位)※テレビ朝日系列で放送。18:30キックオフ

準決勝

1月26日
韓国/ウズベキスタン vs イラン/イラク

1月27日
オーストラリア/中国 vs 日本/UAE

3位決定戦

1月30日
場所:ニューカッスル

決勝

1月31日
場所:シドニー

 

まとめ

AFCアジアカップ2015も決勝トーナメントに入り、本当に負けられない戦いが始まります。連覇のかかる日本は、これまで以上に過酷な戦いが予想されます。中2日しかない過密日程で、どこまで体力回復できるのか?対戦するUAE代表は中3日。この差は想像以上に大きいでしょう。今野選手の怪我の具合など、いろいろ心配事は多いですが、兎に角、勝つしかないので、日本代表一同には頑張ってもらいたいです。

それでは、準々決勝も勝てるよう応援します。頑張れ日本代表!

スポンサードリンク


 

関連記事

【2017年】夏はみんなで球場に遊びに行こう!セ・リーグ編

  プロ野球も開幕から早2ヵ月。私がこよなく愛する「阪神タイガース」は3シー

記事を読む

プロ野球!球団別ファンクラブ情報を紹介【パ・リーグ編】

  前回のセントラル・リーグ編に続き今回はパシフィック・リーグ各球団のファン

記事を読む

今世紀最大の対決!パッキャオvsメイウェザー戦に興奮!

  ボクシングファンには堪らないニュースが各マスメディアから飛び込んできまし

記事を読む

AFCアジアカップ2015!連覇へ負けられない戦いが始まる

  いよいよ1月9日から始まるAFCアジアカップ。開催国オーストラリアで1月

記事を読む

今、球場が面白い!マツダスタジアムのイベント情報を紹介

  前回の甲子園に続く球場紹介第2弾は、去年流行にもなった「カープ女子」やメ

記事を読む

阪神タイガース『ファン感謝デー2015』に行ってきました!

  昨日の11月21日(土)に、家族で阪神タイガース「ファン感謝デー2015

記事を読む

渡邊雄太選手所属のG・ワシントン大がNIT(全米大学招待)で優勝

  今週、バスケットボールファンには堪らないニュースが飛び込んできました。私

記事を読む

【NBA】2016プレイオフのカンファレンス・セミファイナル結果発表

  現在、激しい戦いを繰り広げ、世界中のNBAファンが熱狂している「NBA2

記事を読む

日本代表が大躍進を遂げたラグビーW杯2015が閉幕!

  9月18日に開幕したラグビーワールドカップ2015 第8回イングランド大

記事を読む

今、球場が面白い!横浜スタジアムのイベント情報を紹介

  甲子園球場とマツダスタジアムに続く球場紹介シリーズ第3弾は、今年セリーグ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【2019年】5月12日は『母の日』!プレゼントするならこの商品

  日頃お世話になっているお母さんへの感謝を表

【2019年】私が実際に食べて美味しかった『焼き菓子』を紹介

  以前に関西や神戸の美味しい焼き菓子を紹介さ

『コストコ』で見つけた私が気になる商品を紹介【2019年5月】

  約四ヶ月ぶりにコストコに行ってきました。大

4月26日は『よい風呂の日』!おすすめのお風呂グッズを一挙紹介

  日本では、1985年より毎月26日は「2(

【2019年】美味しくて可愛い『イースタースイーツ』特集

  4月21日は「イースター」ということで、昨

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑