*

映画『アメリカン・スナイパー』!伝説的スナイパーの実話作品

公開日: : 最終更新日:2015/09/07 映画情報

large_2646935127

 

最近気になる映画のCMを見ました。まずはその動画を見て下さい。
↓↓↓
気になるCMはこちら(YouTube)

30秒と短いCMですが、非常にどんな映画なのか気になり調べてみると、2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征した伝説的なスナイパーである兵士の実話を映画化したのがこの『アメリカン・スナイパー』。主演を務める俳優さんや製作スタッフも魅力的で、本年度のアカデミー賞では「作品賞」「主演男優賞」などを含む6部門でノミネートされている注目の作品です。また、全米興行ランキングでも3週連続1位を獲得しており、全米興行収入は2億8000万ドル(約336億円)を突破している大ヒット作です。

とても気になる最新映画『アメリカン・スナイパー』。単なる戦争映画ではなく、伝説的な英雄が戦争でもたらされる悲劇を描いた反戦映画でもあるこの作品。2015年2月21日(土)に全国ロードショーされます。

公式サイトはこちらへ
全国上映劇場一覧

photo credit: 6: Pioneer via photopin (license)

スポンサードリンク

『アメリカン・スナイパー』の紹介

ポスター A4 アメリカン・スナイパー (原題) 光沢プリント
冒頭でも説明しましたが、イラク戦争を戦った一人の兵士の実話に基づく映画です。この映画のキャッチコピーが、「米軍史上最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親」。このキャッチコピーを見るだけでも、どんな映画か気になります。

 

ストーリー

国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した伝説的なスナイパー、クリス・カイルの半生を描いた衝撃の実話。

テキサス州に生まれ育ち、少年の頃の夢はカウボーイか軍人。9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願して米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊する。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征する。クリス・カイルの使命はただひとつ、味方の兵士たちを守ること。その常人離れした射撃の精度で多くの仲間を救い”伝説の狙撃手”として英雄視される。しかし一方、反政府武装勢力からは”ラマディの悪魔”(ラマディとはイラク西部の都市で激戦地)と怖れられ、その首には2万ドルの懸賞金が掛かられ、反乱兵たちの標的になってしまう。

主人公クリス・カイルの素顔は、命がけの戦場の中でも、仲間を一心に守り、そして遠い戦地にいながらも大切な家族に良き夫、良き父でありたいと願うひとりの男。愛する家族を残し、想像を絶する極限状態の戦地へ何度も遠征することで心が徐々に壊れていく。そんな主人公の半生を描く物語。最後には壮絶な結末が・・・。

スポンサードリンク

監督は?

孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る)
この映画の監督を務めたのが、巨匠クリント・イーストウッド監督。俳優としても、「ダーティーハリー」シリーズや「ザ・シークレット・サービス」などの多くの作品に出演した名俳優にして、監督としても「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー作品賞と監督賞を2度受賞する名監督でもあるスーパースター。今や84歳となっても、映画作りに情熱を注ぎ込む素晴らしい人物です。「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」以来の戦場を舞台に描いたこの作品。非常に期待の持てる映画です。

クリント・イーストウッド監督はこの作品について以下のコメントをしています。

「私はこれまでにも戦争を扱った映画を作ったが、このストーリーは、クリスの戦闘上の功績と、彼の人生の個人的な側面がどう交わるかを描いているので、私はとても面白いと思ったし、個人的な面を掘り下げることで彼がより興味深い人物になった。戦争がひとりの人物に与えるダメージが明らかになるが、家族全体に与えるプレッシャーも描かれている。戦場へ送り込まれるときに、どれだけの危険があるのかを思い出し、そして、彼らが払う犠牲を再認識することは大切だ。だからこそ私は、このストーリーを語ることがとくに意味深いものだと思ったんだよ」

「クリスは何をするにしてもつねに、さらにひとつ多くのことをやっていた。そしてそれは、帰還兵たちのために彼が始めた仕事でも同じだった。最終的には、それが悲劇につながってしまったわけだが、彼が重要な人物であることや、このストーリーが重要であることはそのせいではない。私たち全員が願うのは、彼のストーリーを知ることによって、兵士たちと彼らの家族がどれだけ犠牲を払っているかということを人々が思い出し、祖国のためにあまりにも多くを捧げてきた人々に対して、今以上に感謝するようになればいいということだ」

引用先:http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/production_notes.pdf

 

キャスト

主人公のクリス・カイルを演じたのが、ブラッドリー・クーパー。非常にハンサムな顔立ちをした俳優ですが、今回実在した兵士クリス・カイルを演じるために、徹底的な肉体改造をして熱演しています。
GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2015年 03月号 [雑誌] (2015年、ゲームを代える87人 彼らのビジネス作法)

代表作は
「ハングオーバー」シリーズ
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」
「世界にひとつのプレイブック」
「アメリカン・ハッスル」

「世界にひとつのプレイブック」と「アメリカン・ハッスル」で2度のアカデミー賞ノミネートされたほどの名優。今回の作品では、原作に惚れ込んみ映画化権を獲得し、自ら主演と製作総指揮を兼ねて、過酷なトレーニングと食事制限を敢行。クリス・カイルをリアルに演じています。ブラッドリー・クーパーの代表作となる映画になりそうです。

主演ブラッドリー・クーパーはこの作品と監督について以下のコメントをしています。

「ある意味で、これは従軍経験者のほとんどが乗り越えなければならない状況を描いた普遍的なストーリーなんだ。彼らは刻々と変化する緊迫した戦場にいたのに、帰国すると突然、“普通の日常”に引き戻される。僕はそこにとても心を動かされた。僕はこれが戦争映画というよりは、人物を検証している映画である点が気に入っている。それに『許されざる者』『硫黄島からの手紙』『グラン・トリノ』など、クリント・イーストウッドのこれまでの作品を考えてみれば、それぞれ背景はまったく違うけれど、すべて、複雑な人物検証の映画だ。だから、このストーリーをありのままに、忠実に描く監督として、彼はまさに適任だった」

引用元:http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/production_notes.pdf

 

この作品の原作は?

ネイビー・シールズ最強の狙撃手
原作は「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」。この自伝は、発売とともにベストセラーとなり、「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーリストに13週に渡り1位を獲得。
主人公のクリス・カイルは、退役後にNPO法人を立ち上げ、多くの兵士の心のケアに注力するが、2013年2月2日に、不慮の事故により亡くなる。38歳という若さで生涯に幕を閉じた人物。事故の内容は映画のネタバレになるので、伏せておきます。

 

まとめ

今回の作品『アメリカン・スナイパー』は、戦争という緊迫したアクションが楽しめる映画ですが、家族や戦友との人間関係の絆を描いた映画でもありますので、非常に興味深い作品です。是非、観に行きたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

large_2646935127

映画『ラン・オールナイト』!あの名優が今度はNY中が敵に!

  私の大好きなハリウッドスターで、『96時間』シリーズや『フライト・ゲーム

記事を読む

large_2646935127

映画『96時間/レクイエム』!無敵の父親、シリーズ最終章へ

  世界中で大ヒットとなったリュック・ベッソン製作&脚本、ノンストップアクシ

記事を読む

large_2646935127

映画『ミュージアム』!原作漫画の過激な描写を見事に実写化

  今回紹介するイチオシの最新映画は、原作者の巴亮介さんが2013年から「週

記事を読む

large_2646935127

映画『メカニック/ワールドミッション』!まさかの続編に期待大

  今やアクション映画を観るならジェイソン・ステイサム出演作にハズレ無しと言

記事を読む

large_2646935127

映画『ミュータント・タートルズ』!映像とアクションが凄い!!

  日本でもお馴染みのアメコミ『ミュータント・タートルズ』の映画が、2015

記事を読む

large_2646935127

映画『ジャッジ/裁かれる判事』!極上の法廷サスペンスに期待

  今一番気になる最新映画があります。それは、法廷サスペンス映画『ジャッジ/

記事を読む

large_2646935127

映画『天空の蜂』!東野圭吾原作の傑作作品の実写化に興奮

  今年一番楽しみにしていた最新映画、東野圭吾原作の『天空の蜂』が2015年

記事を読む

large_2646935127

映画『寄生獣』PART1!公開間近。キャストが素晴らしい!

  原作者の岩明均さんが1990年から1995年まで「月刊アフタヌーン」(講

記事を読む

large_2646935127

映画『バットマンvsスーパーマン』!世紀の対決に興奮

  今回の作品は、アメリカン・コミック(通称:アメコミ)が大好きで、実写化さ

記事を読む

large_2646935127

映画『クリード/チャンプを継ぐ男』!ロッキーファン必見です

  今年はもう映画は見納めかと思っていたのですが、年末にあの不朽の名作「ロッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

snack_taitle_1024
お菓子の新商品シリーズ!実際に食べた感想【2016年11月】

  11月に入りすっかり寒くなりましたが、みな

2016fuyu-sekaiisan_taitle_1000
2016年の冬は世界遺産へ行こう!楽しいイベントがいっぱい

  現在、日本には20もの世界遺産が登録されて

large_4537057761
【2016年】この冬おすすめ『インスタントラーメン』新商品の紹介

  今年の8月の夏の新商品に続き、今回はインス

patagonia_taitle_1024
人気アウトドアブランド『パタゴニア』が食品を発売しました!

  アメリカの老舗アウトドア・ブランド「パタゴ

large_4406947248
『IKEA』2016年クリスマス商品は大人可愛いアイテムが一杯!

  この週末に、クリスマス商品を買いに家族で「

→もっと見る

  • follow us in feedly 

PAGE TOP ↑